いよいよ学校も始まりましたし

個別指導塾の学習空間札幌太平教室・札幌前田教室の今村です。

以前も休校中の生活リズムについて書きましたが、今回は生活リズムを戻すことについてお話しようと思います。

いよいよ学校も始まりましたが、皆さん体調はいかがですか?

教室では休みが長かったこともあり、夜型の生活になってしまって昼間眠くて。。。

なんていう声も聞こえてきます。

今は分散登校で1日の時間も短い中なので何とかなっているかと思いますが、このまま分散登校が解除され少しずつ通常の生活リズムに戻っていく中で夜型の生活を続けてしまってはまずいですよね。

そこでこの分散登校の間にしっかりと昼型の生活に戻すことを意識しましょう。

具体的には、遅い時間の登校であっても朝起きる。

早い時間に帰ってきても極力お昼寝せずに日中活動する習慣をつける等が必要かと思います。

夜眠くならず夜更かし→朝起きれないというリズムを一日も早く脱却し

夜は決まった時間に寝る→朝起きるというリズムにしましょう。

人間は習慣になると身体も慣れて来る生き物なので最初はきついと思いますが、頑張ってリズムを戻していきましょう!

何かあれば先生方に相談してみてください!

ではまた!

札幌の塾なら個別指導の学習空間

数学的帰納法

◆個別指導の学習空間 新琴似教室・あいの里教室の関根です◆

学生時代に面倒臭がりだった私は父から強く言い聞かされたことがあります。

「今勉強を始めない人は、一生(テストまで、受験まで…)勉強しない」

これは数学的に証明できるというのです。

私の父は数学の家庭教師で、私も学生の当時は勉強が好きではなかったので、取りかかるまでになかなか腰が重く、この事を父から論理的に説いて聞かされました。

高校数学で学ぶ証明方法に「数学的帰納法」というものがあります。これはドミノ倒しの原理で、まず1番最初のドミノが倒れることを言う。次にk番目のドミノが倒れると仮定して、その次のk+1番目のドミノも倒れることを言ってあげれば、すでに1番目は倒れると言っているので、その次の2番目も、そのまた次の3番目も…つまり全てのドミノがパタパタパタ~と倒れる、ということが言える、というものです。

これを勉強に当てはめてみると・・・

「明日から勉強しよっと…」

まず今日やらない。

「週の途中でなんか中途半端だから、来週からにしようっと…」

次の日もやらない。

来月から、そのまた次の日、さらに来週から…

この調子で仮にk日後も勉強していなかったとしたら、その次の日から始めてるなんてとても考え難いですよね。

したがって数学的帰納法より、今日、今この瞬間から勉強を始めない人はずーっと勉強しないで試験当日を迎える、ということになります。

部活で疲れているから…

机が散らかっているので片付けてから…

他にもやることが沢山あるから…

あれこれと理由を付けて先送りにするのではなく、まずは1番初めのドミノを倒さなければ先には進まないよ。

そんなことを父から教えられました。

実際には初めのドミノを倒したところで、最後まできれいに倒れていくかは分かりません。どこかで止まってしまうかもしれないし、飛び越えて倒れていくかもしれない、どんなハプニングが起こるか分かりません。

つまり何日後かにはまた勉強をしなくなってしまっているかもしれません。しかしスゴイところに受かってしまう学力がついてしまった…なんていうハプニングもあるかもしれませんよね。

いずれにせよ、まず始めなければこれらのハプニングも起きようがありません。

このご時世、皆さん辛い日々を過ごされていると思います。

しかし今だからこそ始めてみてはいかがですか?

まずは1番目のドミノを倒すところからスタートしてみましょう!

そのためのサポートを学習空間は全力で行います!!

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

普段どおりの勉強をしましょう

札幌の個別指導塾の学習空間、北41条東教室・あいの里教室の尾造です!

今世の中は新型ウイルスに関連するニュースばかりですね。

さすがにそろそろ北海道でも学校が再開してほしい、と生徒達の様子をみていても伝わってきます。

学習空間では、4月や5月に学校で習う内容を、いつも通り指導しています。

履修単元や定期テストなどが一体どうなるのか等、まだ不透明な部分が多いですが、本来この春から習う単元を普段どおり予習させています。

正直、これだけ休校が続けば学習のモチベーションが下がってしまう子たちもいるかもしれません。日々の学校のテストや提出物が無い状態で、目標もなくダラダラと過ごしてしまうかもしれません。

しかし、今学習空間で勉強している“予習”は、学校の授業が再開した時に必ず助けになるはずです。

「これ、塾で勉強したところだ」と、良いスタートを切れると確信しています。

定期テストが何月に実施されるか分かりませんが、この休校中にがんばってきた勉強を必ず成果へとつなげたいです。

なので、今しばらくがまんして、学校再開に備えましょう。

追伸  生活リズムが乱れている人は、今のうちに早寝早起きの生活に戻しましょう!

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

あぁ甲子園…

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室の渡邉です(^o^)丿

昨日発表がありました、
「夏の甲子園中止決定」
全国中学やインターハイをはじめ
数々の催し物、イベントの
中止が決まっていきました。
「甲子園だけは…」
日本の伝統行事の一つなんですね。
可能性を模索しながらも
中止を決断したようです。

試合に負ければ悔しさが、
今回の決断では虚しさが、
かける言葉も変わります。
自分の感覚としてはやはり
「仕方ない!」
しっかりと受け止めて欲しい!
野球がすべてではない!
問われるのはここから!
そう伝えます。
2020甲子園を目指した君たちは
永遠に語り継がれることでしょう。

高3の夏を経験していません。
高2の夏も自分では未経験です。
高1の冬、
野球を辞める決断をしました。
「まさか自分がけがをするとは」
子どもの頃からの夢
プロ野球
甲子園
全てが終わりました。
野球をしなくなってから
数週間の記憶がありません…。
気が付いたら
練習していた時間は
学習する時間に変わってました。

自分の果たせなかった夢を
多くの人々にかなえてもらいたい。
そう考え直すまでに
かなりの時間が必要でした。
でも「人に託す夢」なら
永遠に続きます!
学校の教員として、
部活動の顧問として、
少年野球のコーチとして、
スキーのインストラクターとして、
あと一歩で夢に届くはず!
そう背中をそっとおしてあげたい。
ようやく
「仕方ない!」と
切り替えられたように…
言い聞かせてたように思います。

今は学習空間の講師として
目の前の子どもたちの一歩を
しっかりとサポートしていきます!
卒業式や入学式、
甲子園をはじめとする
種々の大会や発表会、
それらは無くなったとしても、
君たちの心はつながってます!
今は自分たちでその心を
育てる時間にしてみましょう!

on the road 2020.5.21

旭川の塾なら個別指導の学習空間

学習空間で過ごした時間は嘘をつかない

個別学習塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室、千歳北陽教室を担当させて頂いています沖村です。

久々です。約2か月ぶりです。皆様お元気でしょうか?

先日、入試が終わり、学習空間を卒業していった生徒さんもいます。

卒業後も引き続き、LINEやメール、電話、年賀状等で連絡をくれる生徒さんも多く、一緒に食事に行くこともあります。

気楽に相談や雑談をしてきたり、いろいろな写真を送ってきてくれたりもします。

そこで、良くあるお話は、偽りなく、テストの点数や成績を写真で送ってきてくれて、

『先生!みてください!この成果を!私(俺、僕)結構頑張りましたよね?!頑張っていますよね?!』ということです。

褒めて欲しいのか、認めて欲しいのか、感謝を告げたいのか、笑、自分の成果をみせびらかします。笑。またきたか!というくらいに多いです。笑。

そして、次に多いのが、『学習空間で頑張れたから、今は勉強が苦ではないです』、『あの時に先生と一緒に頑張れたから、今は余裕!どうすれば点数が取れるのか知っているから』、『長時間、学習空間で頑張れたから、卒業してからも5時間でも6時間でも余裕で勉強できます!』、『通って良かったです』、『あの時は生意気ですみませんでした』等等です。

何かしら一人一人、きっかけを与えられたのだと自負があります。そして、勉強以上に『人』としての成長がみられる卒業生たち。

大変嬉しいです。もう高校生、もう大学生、もう社会人という教え子もたくさんいます。

いつになっても良く覚えていてくれています。私もいつまでも忘れません。

勉強だけではない塾が学習空間であると思っています。

勿論、塾という場所は、学習習慣の定着、学習方法の取得、学習環境の提供、成績アップ、数えられないほどあり、勉強に関することが多くて当たり前ですが、私たちと話すこと、同じ時間を過ごすことで得られることが沢山あります。私たちも様々な生徒の皆さんと関わることで成長出来ます。

一人一人とのご縁に感謝をします。

保護者様、生徒の皆さん、いつもありがとうございます。

北海道新千歳エリア、千歳北陽教室は、2018年度に全国の学習空間の教室の中でご紹介が一番多かった教室です。

そして、恵庭教室は、2019年度に全国の学習空間の教室の中で一番ご紹介が多かった教室です。

これは、保護者様、生徒の皆さんからいつも沢山のご紹介を戴けているからです。誠にありがとうございます。

引き続き、一所懸命に講師一同、最善を尽くした指導をしてまいります。

宜しくお願いします。

北海道の塾なら個別指導の学習空間

自粛中にするべきこと

どうも 

個別指導塾の学習空間、新琴似・北24条東教室講師の清水です。

本日は自粛中にやってはいけないことをお伝えしたいなと思います。

ただお伝えするだけでは意味がないので、しっかりと理由もお伝えしたいと思います。

ではお伝えします。

第3位【運動をしない】

自粛中に運動をしないと筋肉量が落ちて新陳代謝も落ちます。

それを続けるとカビゴンみたいな体系になります。

運動というのはストレスを減らす最高な方法です。

自粛中にストレスがたまる状況の中では、運動は絶対するべきです。

第2位【部屋を片付けない】

いま家にいる時間が長くなっている中で、勉強しなきゃいけない人たちは、だらだらリラックスできる状況を無くす為に床に落ちている服や教材をしっかりと整理して、落ち着いた環境を作らなくてはなりません。

第1位【一日中動画を見ること】

多くの人が自由時間にはSNSを使っていますが、目的のないSNSは本当に生産性がないので、今すぐにやめるべきです。

私は、自宅にいるときや休みの日は、ほぼほぼ携帯を使いません。

SNSというのは、頭のいい人たちが依存者を増やすために試行錯誤をして作られたものですので、やめるのはとても難しいです。ですので、SNSを使える時間を制御したりすることをお勧めします。

私も今現在毎日制御しています。

今現在は、コロナウイルスで大変な時期ですが、普段のルーティーンを忘れず、日々コロナに負けず頑張っていきましょう!

ボールを前に投げてはいけない

個別指導塾 学習空間 北海道新千歳エリア 恵庭教室・千歳教室の辻森です。
久しぶりのブログです。決してコロナのせいではございません(笑)

 コロナのせいで、春の高校野球やプロ野球・Jリーグをはじめ、ほとんどのスポーツ大会が中止や延期となりました。昨年のワールドカップで空前の盛り上がりをみせたラグビーも例外ではなく、順調な観客動員の中、トップリーグ(社会人のリーグ)も中止となってしまいました。

 家にいる時間が多い中で、ラグビーの動画を振り返る機会も多く、自分の中でますますラグビー熱が沸いてきており、皆さまにも昨年の熱狂を忘れて欲しくないので、ラグビーの話題を1つ。

 以前にもラグビーの少し変わったところを紹介しましたが、今日は一風変わったルールを紹介します!

ラグビーは「ボールを前に投げてはいけない」のです。

え?どうやって前に進むの?と、思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ボールを持ったまま走ればいいのです!または、キックは前に向かって蹴ることができます。そして、もう1つ重要なこととして、ボールより前にいるプレーヤーは、すべてオフサイドポジションとなり、プレーに参加することができません。

つまり、前方の敵ゴール近くにいる味方に、キックでボールを渡すということは、できないということです。
ボールを常に先頭として、味方プレーヤーは常にその後ろからプレーを行わなくてはいけません。

 ボールを持って走ると、すぐに敵に捕まりますし、キックで前に蹴ると前には進めますが、ボールを敵に渡すことになります。こういったことから、味方が一歩でも前に出られるように、自分を犠牲にと考えることが当たり前になりました。

ラグビーにかかわらず、そのスポーツのルールから、勝つためにどうすればいいのか?ということを考えると、素晴らしいスポーツマンシップ精神が身につくのかもしれませんね。

北海道の塾なら個別指導の学習空間

☆コロナニマケズ☆

♪♯個別指導塾の学習空間、札幌富丘・札幌前田教室の花岡です♭♬

コロナウイルスによって、今まで当たり前だった生活が当たり前でなくなってからどれだけの月日が経ったことでしょう。

緊急事態宣言が出されたのは2月28日だったそうです。私自身、そんなにも前のことだったのかと驚きました。

同時に札幌市の小中学校と高校も休校となりましたが、あの頃にはここまで長引くとは思っていませんでした。

4月末に北海道に第2波がやってきて12日に緊急共同宣言が出されましたが、感染者数は少しずつ増えていき現在も高止まりしています。

ついに休校は5月いっぱいまで延長されました。

学習空間としては各ご家庭にアンケート結果をもとに、今日から分散通塾とウェブ学習空間の両軸で指導を再開しました。

こういった状況の中で生徒たちと対面指導できることのありがたさをかみしめながら、生徒の学習面や精神面のサポートをしていきます。

もちろん換気や消毒等の三密対策を徹底しています。

できるだけ早く生徒たちが日常を取り戻せるよう、今こそみんなができることをしっかりとやっていくしかないですよね。

頑張ろう日本。頑張ろう北海道。

On the road 2020.5.7

@G.Wのステイホームの成果で断捨離できました。

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

GW

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室の渡邉です(^o^)丿

昨年は確か…
こんなに長いGWは
もう二度とない…
って言ってたような気がします。
しかし、
今年も長いGWでしたね(笑)
随分と楽しめました。
家にいる。
家で楽しむ。
家を楽しむ。
何かしら見つけて
それらをやりこなせると
ちょっとした感動が生まれます。

キャンプって
そんな感じがしてました。
子どもたちが小学生の頃、
埼玉から北海道の実家に来て
キャンプにも行きました。
のんびりと時が流れ、
自然を楽しむ。
心が洗われるあの感覚です。
このGWもそれと似ていました。
自然の中の変化を楽しむか、
家の中での変化を楽しむか、
アウトドアか、
インドアか、
特に食事作りを楽しみました!

冷蔵庫にあるもので作る!
ピザを粉から作る!
庭で焼き肉をする!
スーパーの安売りのもので作る!
毎日のお食事作りをする
お母様方には感謝です!!
埼玉の友人たちにも
Facebookでお伝えしました。
中学以来に話した友人もいました。
これまでのGWでは
この感覚は味わえませんでしたね。

皆さんはどう楽しめましたか?
実はスポーツも
そして日頃の学習も
同じように考えられます。
いかに楽しむか。
いかに楽しさを見つけるか。
そして味わえるか。
味わおうとするか。
GW明けに
一歩前進してみましょう!!

on the road 2020.5.6

旭川の塾なら個別指導の学習空間

皆さん、家ではどのように過ごされていますか?

個別指導塾の学習空間、千歳北陽、花園教室担当の道産子、奥田です!

皆さん、今コロナの影響で外出を控えているようにしていると思いますが、家ではどのようにお過ごしですか?

私は洗濯に掃除、あとは買い物など溜まっていたものの片付け(まさかの2日かかりました…がスッキリしました!)、あとはゲームに動画視聴、漫画などとインドア生活で楽しく過ごしております。(一部の生徒の方はご存じかもしれませんが)

それにしても現代はやはりすごいですね!ゲームはネットでの音声チャットが出来て遠くの友達と遊びながら連絡できたりしますし、動画も画面をタッチするだけで様々なものを視聴できる…率直にいうと超便利ですね!かなり楽しめますね!

自分が小中学生の頃といったら15年前、その時はネット通販もなければ、動画はレンタルしか手段はなく、ゲームに関しては友達の家に行って、携帯ゲーム機ならば通信ケーブルで、テレビでするならばコントローラー持参して遊ぶ!くらいでしたからね笑

でも、それが当時とても楽しみで、本当に楽しかったんですよね!その時代その時代での楽しみ方がある!ということですね!

15年でこれだけ進歩しているのならば、さらに15年後の未来ではどのようなインドアライフが待っているのでしょう…皆さんはどのようなインドアライフになっていると思いますか?もしよければ想像してみてください!

皆さん、今この時にしかできないインドア生活を満喫しましょう!それでは!

千歳の塾なら個別指導の学習空間

http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido01/