☆夏大詰め☆

◆◇個別指導塾の学習空間、札幌富丘・札幌前田教室の花岡です◇◆

いよいよ夏休みも終盤となり、夏期講習も大詰めとなりました。

夏休みが明けると期末テストを控えている学校が多く、学習空間の生徒達も頑張ってテスト対策に取り組んでいます。

どうにかその努力の成果が形となるよう、私たち講師陣も指導に熱が入ります。

ただ、今年はコロナウィルスの影響で本当にメリハリのない受験やテスト対策となってしまっている気がします。

というのは、例年であればこの時期にBBQや宿泊学習、バスツアーといった塾イベントを開催していたからです。

学習空間では、生徒の社会性や協調性を育むために各種イベントを行っています。

社会に出たときに、当然教科の学習を通して培う力も大切ですが、コミュニケーション能力や社会性は欠かせないものだと考えているからです。

そんな目的で行われているイベントが開催できないのは我々講師陣にとってもさびしいものです。

今年は本当に今まで当たり前に出来ていたことが制限されています。

そんな中で、振り返った時に「○○を頑張れた1年だったね。」と話せるよう、目的意識をもった1年にしたいものですよね。

今できることに前向きに取り組めるよう、これからも全力でサポートしていきます。

On the road 2020.8.17

@今年ももう残り3カ月半・・・

札幌の塾なら個別指導の学習空間

特別な夏

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室の渡邉です(^o^)/

2020年甲子園高校野球交流試合
ありがとうございます。
今年の春には観られなかった
あの甲子園。
高校球児の憧れの場所。
球児のみならず
多くのファンが憧れる場所。
今までとは違う雰囲気ですが、
楽しませてもらっています!

我が家にも高校球児が2人います。
春には練習すらできませんでした。
しかし最近は
練習に!試合に!大会に!
少しずつ日常に戻りつつあります。
休日には
練習試合をはしごして
泥だらけになったユニフォームの洗濯!
それも楽しみの一つです。

旭川では一番短い学校で
9日間の夏休みになってます。
今日はもう後半です。
いつもと違う特別な夏。
違うからこそ
違う夏にしてみようと思います。

お盆休みと言いながら
練習試合もあります。
楽しんでいきましょうか‼️

on the road 2020.8.13

旭川の塾なら個別指導の学習空間

夏のピークです

札幌の個別指導塾の学習空間、北41条東教室・あいの里教室の尾造です!

気づけばもう8月もまんなかくらいですね。今年は時間がたつのが早い気がします。なぜなら、毎年8月に行う塾のBBQイベントが今年は実施しなかったからです!

もちろん、新型コロナウイルスの影響です。

私は毎年このBBQイベントが「夏のピーク」だと思って過ごしています。BBQが終わったらもう秋です。

ですが今年はそれが無かったので、気づいたら8月になっていた。気づいたらお盆がきていた。といったところです。

でも油断していると、気づいたらテストはいつの間にかすぐそこまで来ていますね。もう終わった学校もありますが。しばらく定期テストがなかったので、久々に、そして早いうちにテストモードに切り替えましょうね。

今年はいつも以上に、“やってた人とやってなかった人との差がでる”のではないかと思っています。

でも大丈夫です。油断していようがいまいが、いつも通りの勉強をいつも通り行ってください。継続は力なりです。普段からやるべきことを習慣化している人は、いざという時もあわてません。

そして塾では生徒の皆さんにはそうやって勉強してもらってきたつもりです。

少し久しぶりだけど、またテスト対策の勉強をがんばりましょう。私は皆さんに勉強してほしくてたまらない内容が山ほどあります(笑

「今日はどれをやってもらおうかな~」と考えるのが楽しみです。また教室で会いましょう。

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

夏が来た…! 暑い!ついに奴らが来る…恐怖の時期!

皆さんこんにちは!千歳北陽教室、千歳花園教室担当の奥田です!
最近は北海道も暑くなってきましたね!これが蝦夷梅雨…!

この時期は色々とありますね!例えば、アイスに果物などがおいしく感じる、夏休みがある、昆虫がわんさか出てくる!など
昆虫は 最近本当にうっとおしいと感じるくらい多くなりましたね!ところで皆さんは昆虫好きですか!?私も好んでいるわけではないのですが、学生のこと昆虫と縁があって、生物への興味がさらに高まったきっかけをくれました。


皆さんご存じですか?15年前ほどに一時期ブームになった”クマムシ”と呼ばれる昆虫を!芸人さんじゃないですよ笑

彼らは苔の中や水中など様々なところに生息しているのですが、ある状態になると生物の中で最も最強と呼ばれる存在になるのです!
ざっくり片隅の記憶での説明になるのですが、彼らは脱水状態に意図的にすることで(これを乾眠状態、タル状態と呼ぶみたいです。)、耐熱、耐薬、放射線にも強く、そして真空の空間でも死なないと!すごいですよね!
ただ残念なことに彼らにも弱点が…そう。とても柔らかいので物理的な接触に弱いのです。そして寿命が短い…長くても1年くらいなんですよね!針で引っかくと即死なんです…( ;∀;)ハカナイ…

でも、ですよ!生物でこのような不死性を持つことが可能ということ、どのようにこれらのようなことができるかが解明されれば、SFでよく聞く”コールドスリープ”や臓器、食品の保存状態の向上にかなり貢献される内容にもなるのです!
夢のような話かもしれませんが、いつかそれが可能になる日がいつか来るかも…!


今まで、生物の学習 = ただ生態を”知る”だけと思われていました。ある意味役に立たない知るだけのものだったものが、近年 “生物から学び生活に活かす” ことへシフトチェンジされているのです!

そう考えると生物ってすごくないですか!?人間が考えた新しいデバイスの機能などを数千年、数億年前から生物はすでに完成させている。ましてや人間みたいに知性を用いて設計されたのではなく”自然の力のみ”で、です!これだから生物の可能性は計り知れない…!神秘を感じますね!

人も出来事も興味も、何かふとした縁で人生の根幹になるような事って本当にありまんだなと感じます!この出来事がなければ私は生物でワクワクできなかったと思いますし、進んでいた将来も変わっていたかもしれないです。本当に出会いに感謝しかないです。私も皆さんにその瞬間を感じられる何かを残せる指導が出来たらと思っております!

千歳の塾なら個別指導の学習空間

http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido01/

煩悩

みなさん。こんにちは
学習空間の本間です
みなさん煩悩ってしってますか?
人が悟りを開くのに不必要な要素として108の数字が良くあげられます
悪いイメージで言われがちですが、人の喜怒哀楽に関することも煩悩として妨げになるみたいです
皆さんも自分の払拭したい煩悩を調べてみてください

ちなみに自分は体重が煩悩の数になっていましたので、まずは減らさないといけません…
がんばります!!


<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

つながり

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室の渡邉です(^o^)丿

夏といえば引退、
そして新チーム。
このドラマが展開されます。
今年の夏はさらに特別でした。
3月からの休校もあり、
思い通りに練習もできず、
目標とする大会すらどうなるか?
そんな不安ばかりの春を過ごし、
未だに不安を残しながら、
何とか最後までこぎつけた2020夏。
この夏の想いを、
次の世代まで伝えていく必要がある、
そう思います。

一時期は学校再開すら見えず、
それぞれが自宅待機でしたね。
心の強い子ですら、
緊張の糸が切れてしまう、
そうなるのも当然の世の中でした。
そんな中で気が付けば、
家族との触れ合い、
SNS等を通じての友人との触れ合い、
散歩やランニング時の
近所の方々との触れ合い。
今まで何も感じてこなかったこと、
そのほんのちょっとのことが
実は私たちを励ましてくれていた、
改めて発見できましたよね。

学校が再開し、
授業や部活動も始まり、
少しずつ日常が戻ってきました。
あのときに感じていたことを、
感謝という気持ちに変えて、
お互いに前を向いて歩んでいきたい。
自分一人だけではなく、
皆で協力していく世の中にしたい。
こんな時だからこそ、
前を向けるちょっとのきっかけを、
共に見つけていきたい。

人と人とのつながりを大切に。
改めて考えさせられます。
今できること、
それらをたくさん見つけ、
新しい未来へ進んでいきましょう!

on the road 2020.7.30

旭川の塾なら個別指導の学習空間

インスタ映えする?ゼリーのはなし

個別指導塾の学習空間 札幌富丘教室 北41条東教室の石原です!

さて、前回はナッツについてお話させていただきました。

この記事を読んでくれた知人から「塾のブログでナッツの話をしているのは石原だけだ」と感想をいただきました。

今回は蒸し暑くなってきた季節にぴったりなみかんゼリーの作り方を紹介します。

材料がみかんの缶詰、粉ゼラチンの2つだけ。簡単に出来て、インパクトもあり、インスタ映え間違いなしの一品です。

作り方は以下の通りです。

1
みかん缶をボールなどにあけ、シロップを50ccぐらい取り分けます。

2
取り分けたシロップに粉ゼラチン5gをふり入れ、ふやかしたら、レンジで1分ぐらいチンします。
ゼラチンが溶けたら残りのみかん缶をボールに加えよく混ぜる。

3
元々の缶詰に流し入れ冷蔵庫でしっかり冷やしたら出来上がり!!

取り出すときのポイントはぐるりとナイフを入れるかお湯で少し温めてお皿にひっくり返し、反対側から栓抜き等で空気穴を開けてやると出しやすいです。

これから夏期講習、模試が控えており、忙しい夏が始まりますが、体調に気を付けて一緒に楽しんでいきましょう!

次回はキムチと納豆の意外な親和性についてお話していこうと思います。お楽しみに!

引用・参考
材料2つ!?型要らず♪みかん缶丸ごとぷるぷるゼリー♪
https://oceans-nadia.com/user/22585/recipe/129753

札幌の塾なら個別指導の学習空間

なつですね。

個別指導塾の学習空間札幌太平教室・札幌前田教室の今村です。

さて、時が過ぎるのはとてもとても早いもので気づけば暑い暑い夏がすぐそこまで来ているではありませんか。

そう、夏と言えば夏期講習!ですね!

札幌第1エリアでは、夏期講習が今週の土曜日を皮切りにスタートしていきます。

今年はコロナウィルスの影響もあり、各学校夏休みの日程が減り、午前授業が実施されるなど、タイトなスケージュールの中夏期講習が行われます。

特に中3生は午前授業の期間も長い中で、夏期講習とレギュラーの学習を行っていく必要があります。

きっと大変だと感じる瞬間があると思います。

ただ、条件はみんな一緒です。学校が休校になった。入試の出題範囲が変更になった。

同じ条件の下で受験をします。この夏限られた時間しかないというのも条件はおなじですね。

ですので、ここで踏ん張れるか、この夏をどう過ごすかは今後明確な差となって表れると思います。

もちろん、部活やその他があって夏期講習を受講することができない生徒もいると思います。その分、はどこかで補完しなければなりませんね。レギュラーの塾での学習、家庭での学習これを計画的に行っていい夏にしましょう!

何かお困りのことがあれば何なりとご相談ください!

このアツイ夏を有意義なものにできるよう全力で指導させていただきます!

ではまた!

札幌の塾なら個別指導の学習空間

日照時間

個別指導塾の学習空間、恵庭教室、千歳北陽教室担当の沖村と申します。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?恵庭教室では、定期試験がない中でも小テストへ向けて皆頑張ってくれています。また、千歳北陽教室や千歳花園教室では、定期試験が漸く終わりました。

あっという間に夏ですね。

先月、一つブログを打っていたのですが、夏至を迎えていました。

2020年6月21日(日)の日の出の時間は3:55、また日の入りの時間は19:18でした。札幌の日照時間は約15時間23分になります。東京と札幌を比べると、札幌の日照時間が約49分長いことになります。以前は東京生活が長かった私にとってはわかってはいてもまだまだ慣れません。笑。10年15年経てば慣れるのでしょうかね。

日が長いと何だかお得な気もしますが、朝が早く来るのは苦手です・・・まだ3時なのに明るい?!と。笑。

以前も同じようなお話をしていましたね。

夜に東京の友人とWEBにて色々と話してみました。

WEBやカメラ電話での会話は非常に画期的ではありますが、

やはりその場の雰囲気はどうやっても味わえませんよね。

人と人は、会うことによって、良い空気で会話も出来るのだと

改めて実感しました。勿論、楽しいには楽しいのですが、

限界はあります。色々と日々考えさせられますね。

当たり前のことは決して当たり前ではないということです。

日々、感謝をし、一日一日を大切に過ごしていきたいと考える

人生折り返しの私です。笑。

さて、連日、相変わらず、多くのご紹介を生徒さんはじめ保護者様からも戴いております。本当にありがとうございます。

恵庭教室は満員ですので、申し訳ございませんが、多くの方にお待ちいただいております。ご相談下さい。

千歳北陽、千歳花園教室の方はまだ空きが少しございますので、ご興味がある方はお気軽にご連絡下さいね。

日が短くなることも楽しみにしながら、

ON THE  ROAD 2020

Such is Life

◆個別指導の学習空間 新琴似教室・あいの里教室の関根です◆

私の最も好きな映画監督は、山田洋次監督です。

山田監督は「男はつらいよ」等の数多くの作品を監督していますが、そのほとんどの脚本がご自身で書かれています。
山田監督の描く物語はどれも素敵なものばかりです。
今回は数多い山田作品の中から、「わが街」という作品をご紹介します。
ご存知の方は少ないと思いますが、この作品は東芝日曜劇場というTBS系のテレビドラマの枠で放送された短編ドラマで、私も実際の映像は観たことがありません。
このシナリオを小説の形に書き下した本を読んだことがあり、とても感動しました。

「小樽の街は富岡町のカトリック教会の鐘の音で朝を迎える。
 鳴海冬吉、すなわち私は、今朝も二日酔いの重い頭でベッドからヨロヨロと起き上がり、に向かった窓を開け放つ。」

という書き出しから物語がスタートします。

北海道、小樽。
この街をこよなく愛す初老の鳴海冬吉は女子大の英文学の教授であり、いつものように街はずれにある小さな喫茶店・リフィーで朝食をとっていました。
しかしこの日はいつもの穏やかな朝と少し様子が違い、この喫茶店を経営するおゆきさんは、ウエイトレスの春子の元気がないことが気になっていました。
訳を聞くと、洋菓子店に勤める春子の恋人・竜太が東京の有名洋菓子店からスカウトされ、すぐにでも小樽を出発しようとしていると。そこに春子もついて来てほしいと言っているのです。
希望に輝く竜太と、父や幼い弟妹を残して小樽を離れなくてはならないという思いに悩む春子。
おゆきさんは昔の自分と似た様な思いをしている春子を見て、鳴海教授に初めて自分のつらい思い出を話します…。

私がこのお話でとても印象に残っているのは、おゆきさんの過去を聞いた鳴海先生が言ったセリフです。

「後悔には二つの顔がある、とシェイクスピアは言っている。
 一つは、やってしまったことへの後悔。
 そしてもう一つは、やらなかったことへの後悔。
 そう考えると後悔のない人生などないが、
 試さなかった人生は試した人生より謙虚でなくてはならない。」

たしかこんなことが書いてあったと記憶しています。

物語の結末は、春子は様々なことが頭を駆け巡り竜太の待つ駅へ向かう足が止まってしまい、ついには辿り着くことが出来ませんでした。
哀しみに打ちひしがれた春子を、鳴海先生とおゆきさんは温かく迎えます。

しかし翌朝、喫茶店へ居るはずのない竜太がいつものようにケーキを持って現れました。
初めはみんな呆気に取られていましたが、春子は喫茶店を去る竜太のあとを追いかけ、寄り添う二人の姿を鳴海教授とおゆきさんは見つめていました。
そんな余韻も束の間、大学からの遣いがやってきて鳴海教授は講義へと急かされます。
雪に朝日が光って目が眩み、尻もちをつきます。
おゆきさんに淡い感情を抱いていた鳴海先生は、小番さんにお尻を押されて坂を上りながら想うのです。
「このままでいい…このままでいいんですよ、おゆきさん。」

素敵な話です。
私のつたない文章力ではこの良さの半分も伝えることは出来ませんが…。

何かを決断することはとても勇気がいります。
失敗を恐れずに挑戦することは格好良く見えて憧れるものですが、人生なかなかそう上手くいくものではありません。
山田監督はこの話で後悔のない人生は無いのだから挑戦することに価値がある、という事を伝えています。
その一方でこの物語の人物たちは希望を夢見ながらもそれを試すことが出来ませんでした。
しかしそうでありながらも、決して不幸せな結末になったわけではありません。
また試さなかった人生を責めたりもしていません。
鳴海先生は若い二人の姿に「Such is Life…人生またかくありなん」と言っています。
つらいことの多い人生にとても救いのある、優しい物語だと感動しました。

私も含め、すべての人に多くの幸せがあることを心から願います。

Such is Life…
Such is Lifeですよ。

それでは、また。

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>