講師

1時間を切りましたね~

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室・千歳北陽教室を担当させていただいております沖村です。

こんばんは。

2021年終了まであと1時間を切りました。

皆さんは、やり残したことはありませんか?

とはいえ、残り1時間なのですが。

もしもやり残したことがあれば、2022年に誓いましょう!

そして、早い段階で始めましょう!

私も残り僅かとなり、何かやり残したことはないかどうか、自分自身の振り返りをしております。

いつも考えますが、2021年よりも2020年が良かったのだろうか?2019年の方が良かったのだろうか?

それとも2018年、2017年・・・と。

いつの時もこの年が良い悪いはなく、人の個性と同じく、各年は各年で良いところがありました。

やはり、日進月歩、試行錯誤、一日一日、一瞬、一瞬の積み重ねですね。

生徒の皆さんには、どちらにしてもやらなければならない宿題、課題は、早めに仕上げよう、ためないように、と

指導してきました。

2021年も大変お世話になりました。

2022年も一瞬一瞬、一場面一場面を大切に歩き、走ってまいります。

来年もよろしくお願いいたします。

個別指導塾なら学習空間、新千歳エリア、恵庭教室・千歳北陽教室・千歳花園教室へ
恵庭市、千歳市の個別指導塾なら学習空間新千歳エリアの教室へ

人生のひとかけらを伝える教室にて

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室・千歳北陽教室を担当させていただいております沖村です。

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

リスニング10番勝負ならぬブログ10番勝負、大詰めでございます。

とはいえ、すでに達成してしまっておりました。笑。

達成感ですね。

そして、有言実行。笑。

良いですね~。自己満足。笑。

わざわざ公言しなくともよかったのですが、ネタですね。

生徒の皆さんが息抜きに読んでくれたら、という軽い思いでもあります。

先日は、生徒の数名に笑われました。笑。

ブログというよりかは、講師紹介の写真でよく笑われます。笑。えー、なんで。笑。

さてさて、

今回のお話は、ある生徒さんとのお話です。

とはいえ、私たちは講師をさせていただいていることもあり、よくある話題です。

『勉強とは』『勉強について』等です。

つまりは、『なぜ勉強をするのか?』です。

様々な考え方や意見がありますよね。

打ち出すときりがないのですが、今回は、義務教育である中学生の生徒さんとの会話であったことです。

年末ということもあり、気持ちが向かないその生徒。

『やりたくない、逃げたい』と勉強いやいやが始まりました。私は、またか、と思いながらも慣れていますので、

いつも通りにうまく誘導していくのですが、なぜ嫌な勉強をやるのかという話になりました。

今回に伝えたことは、今やっている勉強が将来的に直接役に立つとは限らない。

けれども、その嫌な勉強(科目)に少しでも立ち向かっていこうとするチャレンジング精神、忍耐力、集中力、判断力も

鍛えるチャンスなのだ。最近、逃げている、そうやって逃げ続けてもいつかは逃げきれない場面が来る。

逃げないで立ち向かっていけば、必ず自分に却ってくる。逃げたら逃げた分だけ、これまた自分にすべて却ってくる。

そう伝えました。

また、その子が今後に進学をしたり、就職をしたりしたときの話、私自身の経験の話もしました。

義務教育の中学校の勉強ですが、大切なことが沢山あります。

私自身は何度も終わりにしてあげようかと頭をよぎりましたが、今日は絶対に折れるわけにはいかない、と決心をしていました。

もちろん、その子の様子や時間を見ながらではありますが、ここは伝えなければならないという使命がありました。

結局、その子は、やりきってくれました。自分に打ち勝ったのです。

自分自身に打ち勝っていくことが、本当に人生において大切であると思っています。

ライバルや他人を意識することは、時には大切なことであるかもしれませんし、うまく利用するのも一つの手段ではありますが、

『ライバルは常に己である』と確信しております。

私の担当している教室では、生徒さんが一人一人、昨日の自分よりも今日の自分、自分に打ち勝っていってもらっています。

身体や頭脳の成長も大切ですが、心の成長も大切です。まさに心技一体とは、このことだと思います。

今までの自分よりも今の自分が上回っているように、そして、今までの自分よりも今の自分が好きでいられるように、

そのような生徒さんたちになっていけるように、毎日、本気でサポートをさせていただいております。

困ったら、是非、お気軽にご相談くださいね。

北海道恵庭市、千歳市の個別指導塾なら、学習空間千歳北陽教室・恵庭教室へ

ぜひ「おかしれえ」日々を

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室・旭川末広教室の講師。歴史大好き牧野です!
いよいよ年の瀬ですね。私にとっても一つの区切りがやってきます。
大河ドラマ「青天を衝け」の最終回がついに次週なのです。

時代劇好きの私にとって、大河ドラマは数少ない供給源。
一年間追い続けるのは大変でしたがやはりそれだけ楽しませていただきました。

「おかしれえ」は登場人物の1人。徳川慶喜の側近の平岡円四郎が劇中で放った言葉です。
この言葉が主人公、渋沢栄一の中に火をともし続け、91年の生涯を駆け抜けさせたと思っています。
作中で栄一は自分の中にあるものを「ぐるぐるする」と表現していました。
上手くは表現できないもやもやしたもの。それでも自分を突き動かす何か。それがずっと言葉にできずにいましたが、平岡円四郎と出会って以降は「おかしれえ」を使い始めます。
好奇心、忠誠心、克己心、愛国心と様々な形はありましたが、登場人物たちはいずれも自分の中にある熱に突き動かされて戦い続けました。
さて、今の自分の置き換えるとそれはどうか。自分を突き動かす熱はどこまで燃え上がっているでしょうか。そんなことまで考えてしまいます。

大河ドラマでは歴史の勉強ではなかなか知ることのできない重要な立ち位置の人物を知るいい機会になります。(もちろんフィクションであることは忘れてはいけませんが)
その思想や思いがどう受け継がれていったか、人を動かしていったか、中には難しい言葉が出てくることもありますが、その度に調べて新たな知識にすることもできます。
その中で既存の知識と結びついてさらに知識を広げる……なんてこともあります。
これだから大河ドラマは面白い。

なお、来年からは鎌倉幕府二代目執権の北条義時が主役の「鎌倉殿の13人」が放映されます。
鎌倉時代が舞台なのは珍しいので、こちらも楽しみに観たいと思っています。

趣味と実益を兼ねた楽しみ、自分の力を引き上げる何かが皆様にも見つかりますように。
ぜひ、「おかしれえ」日々を!

on the road 2021.12.20
旭川の塾なら個別指導の学習空間

たわいもない話 10番勝負 12月 続き

個別指導の学習塾、学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室、千歳北陽教室を担当しています沖村です。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
いよいよ12月です。
昨年に、毎年のことですが、クリスマスも大晦日もまた来年、来年また!それまで健康に生きよう!と自分自身と会話をしました。
早いですね。
おかげさまで、充実をしていることもあり、一日は三分くらいにしか感じません。
ここ十年くらいは、同じような時間経過の感覚です。
皆様は、いかがでしょうか?
人生の先輩方から、昔から良く聞かされていたのは、歳をとるにつれて時間が過ぎる感覚が短くなる、ということです。
よく生徒の皆さんと話をするのですが、学生の皆さんは長く感じるようですね。
学生の頃に私自身も一日は長いと感じた記憶があります。

いつになっても、良い時間を有効な時間を過ごしたいですね。
『何もしない時間』(表現が正しくはない気もします)というのは無駄なのではないか?と
40年以上もつくづく考えてしまっていましたが、意外と『何もしない時間』も大切なのではないかと、ふと、思うようになりました。

『何もしない時間』の定義は難しいですが、例えば『(景色等を目前として)ぼーっとする』『瞑想をする』『(お風呂浸かって)無になる』等でしょうか?
このような時間も意味がありそうです。

とはいえ、受験生は、息抜きはうまく行いながら、走りきって欲しいです。笑。
入試まで残り僅か。
この短い時間をがんばれる人は、この先の人生もがんばれる!
私が受験生だったときに尊敬をしていた師の一人がおっしゃっていたことばです。

今日もまた瞬く間に過ぎていく時間を生徒の皆さんたちと共有していきます!

個別指導塾の学習空間 千歳市の塾なら

リスニング10番勝負ならぬ

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室、千歳北陽教室を担当の沖村です。

皆様、お久しぶりです。
一昔前は、ブログの担当をしていたこともあり、頻繁に投稿をしていました。
最近では、マイペースにたまーにアップをする程度です。
ネタやストックは山ほどあり、いつでもアップが出来るのですがね。笑。
会話と同じように、いくらでも話は出てきます。
思い返してみると、小さい子供から100歳までの高齢の方々まで、生涯に様々な方々と出逢い、話をしてきました。

何気ない会話でも、その時に、またはその後になり、なるほど、と考えさせられることも多いです。

これから、果たして何人の人と出逢えるのでしょうか。
人に限らず、動植物や場所、物ですら、どれだけ巡り逢えるでしょうか。

まさに、一期一会でもあります。

今のこの瞬間にも、ほんの少し、ほんの僅かな出来事や偶然の出逢いが、(実は偶然出はなく必然という話もあります)生まれているのかもしれません。

今、担当をしている教室、生徒さんも、よく話をしますが、素敵なご縁であると考えます。
素敵なご縁を大切に、感謝をしつつ、今日を明日を過ごしていきます。

さて、11月も終わりですね。2021年もあと一ヶ月ですね。
2021年の締めくくり、中学三年生に毎日のように使って貰っている『リスニング10番勝負』ならぬ『ブログ10番勝負』と行きましょうか。
つまり、12月31日の大晦日が終わるまでに、10本のブログをアップしていくということです。笑。

たったの10本なので、すぐなのですが、色々な話題を出していきますね。
とはいえ、たわいもない話題ばかりだと思いますが。笑。

乞うご期待ください!
なーんてね。笑

まだ旅の途中・・・2021年5月にアップしたブログが、閲覧数250になっていました。皆様、ありがとうございます。UPする励みになります、なんてね。笑。
それでは、また。

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア

走破時計は・・・

今日も快調に跳ばしている。

少々、横っ腹は痛いが、

食べてからまだ間もないし、

お酒も軽く嗜んだから仕方がないか。

おっ、こんな所に綺麗な桜が。

遅咲きだな。まるで私のようだ。笑。
家族に明日、綺麗な満開な桜が咲いていた、と話そう。

いよいよ中盤だ。

向かい風が強いな。

そろそろスパートをかける態勢に入ろうか。

残りのターンは2回。

そういえば、馬は速いなあ。

今度は横から正面から風風。

春だなあ。

風なんて何のその。

吹き飛ばしてくれよう。

力まず力まず、フォームを維持しスパートへ。

脚が重い。

運動部の部活の生徒たちは、皆、こういうときは、何を考えているのかな。
勉強きつかったな、先生厳しかったな、今日は優しかったな、かな。
いや、きついから、そんなことは考えている余裕はないか。

車があっという間に追い抜く。
そういえば、昔、電車で釣りに良く行ったなー。
車があればな、何度も思ったな。
早朝、意外と今日は止めようかと思ったこともあったな。

しかしながら、意外と現地着いたら、やっぱり来てよかったな、と思うんだ。

だから、早朝、多少はやる気がなくても動いてみる。

餌も買ってるしな。笑。

さて、ラストラスト。

ラストスパート。

まだ寒さが残っているものの
春だなあ。
快調快調。

ラストスパートからの
ゴールイン!

さて、タイムは?

はあー。思っていたよりも
遅い。
やはり横っ腹が痛かったからか、前半抑えすぎたからか。

まあまあまあ、次回へ持ち越し。

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

個別指導塾、学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室、千歳北陽教室を担当しています沖村です。

久々のブログです。

2021年もまもなく半分ですね。
時間はあっという間に過ぎていきますね。
何度もブログに載せてきましたが、まさに光陰矢のごとし、ですね。
同年代の保護者様も多く、よく世間話もします。
ちょっとしたことでもお話をしてくださり、身近に感じられます。
勿論、メインは生徒さんのお話ではあるのですが。笑。

お互いに健康第一に
人生の一部の時間を共有できれば幸いです。

それでは、また。

人生旅の途中でー。
2021.05.18

恵庭・千歳の塾なら個別指導の学習空間

2020年まもなく過去へ

日頃より学習空間の指導に際しましてご理解、ご支援くださり、誠にありがとうございます。

本年度も大変お世話になりました。
日ごろからご理解、ご協力をいただきまして、誠にありがとうございます。
送迎にもご協力をしてくださり、ありがとうございます。
遅くなってしまい、お待たせしてしまうこともあり、申し訳ございません。
引き続き、ご協力のほど宜しくお願いたします。

また、本年も多くのご紹介をありがとうございました。
人数の関係で体験や入塾をお待たせしてしまった方もいらっしゃいました。
申し訳ございませんでした。
また、まだご案内出来ていない方もいらっしゃいます。
卒業生の状況をみてご案内をさせていただきます。

2021年は、1月の5日、火曜日より指導開始をさせていただきます。
冬期講習がある生徒さんは、13時から開始です。

2021年も宜しくお願いいたします。

                       学習空間 北海道新千歳エリア 沖村 辻森 奥田

ハンドパワーというやつかな

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室、千歳北陽教室を担当している沖村です。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?10月になりましたね。まだ夏日が続くのか?!と比較的暑い日もありましたが、アッと言う間に風が冷たく感じられるようになりました。

お昼は、まだ暑さもあったり、日が強かったりしますが、すぐに夕方モードで冷たくなりますね。 今回は、文章の編集がうまくいっておらず、読み辛いかもしれません。

ごめんなさい。さて、

9月の最後は、体育祭を観に行きました。またお話しますね。

ネタとして。 ブログのストックがありすぎて、いつ使うか困っています。

また挙げますね。

今回は、題名の通り、手についてです。

私は、学習空間の自分たちが使う教室の机を毎日欠かさず拭いています。

当然のことなのですが、どのような時でも必ず行っています。

同じ新千歳エリアの辻森先生、奥田先生ともこちらは共有をしております。

そして、拭き方は、必ず、机の角を取り、丸く拭かないことです。

端から端までくまなく、完璧に拭きます。(しかし、私は完璧主義者ではありません笑) 丸く拭いている人がいるならば(たまに飲食店でみかけます・・・何か意図があるのか・・・)

なぜ???しか思いません。気にならないのかー、と。

今回は、このようなお話ではないので、それはさておき。笑。

学習空間の教室の机を拭き始めて、すぐに変えたことがあります。

良く行うのですが、それは、利き手以外で拭くことです。

昔から様々な球技に挑戦をしてきた私としては、利き手、利き足以外の方を使うことは、 難しくもバランスをとる意味でも、筋力の偏りや脳の偏りをなくすためにも必須と 考えてきました。

そのため、ただ机を拭くにしても、利き手である右手ではなく、 すぐに左手でも拭いていこうと決めて、行ってきました。

当然、今までは確か、利き手で机を拭いてきた人生でしたので、 利き手の方が上手にスムーズに拭けるわけです。

しかし、しかしですよ、革命は起きたのです。

左手に交代をしてから、何千回と左手は修行をしてきました。 来る日も来る日も。 最初の頃は、ぎこちなかったです。不自然でした。 上手に拭けませんでした。やはり、利き手ではない為、不器用か!と。 利き手である右手に何度も言われてきたようにも感じていました。笑。

それが、ある日、たまには利き手の右手で拭いてみよう。

あれ?あれれ?どうでしょう。 利き手である右手が、ぎこちないではありませんか。 比較的、上手に拭きますが、百戦錬磨の左手様には勝てません。

そうです。これが、修行の成果なのです。

『習慣の恐ろしさ、習慣のすばらしさ』なのです。 日々のトレーニングの成果です。

トレーニングしたつもりはないですが。笑。 気持ちが悪かったです。

いつの間にか、左手は、利き手である右手を超えていました。

左手で拭きに拭いてきた歴史。良く考えたら、何千回と拭いてきていました。

改めて、塵も積もれば山となる、 練習量、そうです、演習量のすごみを感じました。

そして、このような小さなことですが、感動をしてしまいました。

す、すげえええええ・・・

はい、お決まりの勉強につなげますよー。

そうです。習慣化と演習量なのですよ。 勉強も同じです。見えない力が働きます。

しかし、これまた、勉強と同じなのですが、

私の左手は、机を拭くときに『集中』をしていました。

そして、意識をして、1つ1つ拭いてきました。

拭きながら、何を考えるか?それは、その日に座った生徒さんのことです。

机をしっかりとじっくりと、しかし、早くささっと拭きながら、その生徒さんのことを 考えながら拭きます。

そうです。これがまた、左手が上手になった要因です。

意識です。意識をしながら集中して練習を行うことは、かなりの効果があるということです。

筋肉トレーニングや音楽の練習にも似ていると思います。

たかだか、机を拭くこと。 しかし、とても奥が深いと思う初秋です。

今日もまた、私は、教室の机を拭いています。

北海道恵庭千歳の塾なら個別指導の学習空間

『涙を流す講師』

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室、千歳北陽教室を担当させて頂いております、沖村です。

皆様、お久しぶりです。早いですね。8月にブログをあげようとしていましたが、結局あげずでした。ネタは、携帯に常に保存しておりますので、今回に使用しようかと思いましたが、最新の方にすることにします。(ストックしているものは後日あげますね)

北海道も今年は、なかなかの暑さでしたが、本州育ちの私からすると序の口でした。暑いと感じることはほとんどありませんでした。やはり、慣れもあるのでしょう。毎年、夏期講習の時期というと、着替えを3、4着もっていき、教室についた時には汗だくで、まずは着替えてからということが多かったです。

(今も着替えは1着は持ち歩くようにしています)

大きな水筒に氷を沢山いれて・・・出発!でした。過去を振り返ると今は本当に涼しいと思います。(本州の皆さん、すみません!)

その変わり?!に冬は、尋常ではない寒さ、冷たさを感じます。

マイナス16度を毎年体感していますが、スキー場よりも寒いです・・・

その冬も私は好きなのですが。雪も雨も好きです。

雨は、嫌な天気という意味が理解不能です。

元々、様々の物事についてのストライクゾーンが広いのが自分自身の良さでもあると個人的には思っております。笑。

さて、長くなりますので、本題を。笑。

先日、恵庭市、千歳市の中学校で定期試験が行われました。
日頃から皆さんコツコツ頑張ってきてくれたのですが、
やはり追い込みも大切ですね。

テスト前日、本当に遅くまで(何時までとは打ちませんが)頑張っていた生徒さんがいます。(遅くまで勉強をすることが必ずしも良いわけではないのかもしれませんが、私は勉強以外のことの成長が多くあると確信しています。簡単に表現をしますと、テスト対策に対する姿勢一つで人生が変わります)

以前は、勉強が嫌い、やりたくない、どうせ出来ないのだ、を口癖のように言っていました。

しかし、今回のテスト対策では、何とかして点にしたい、少しでも努力が報われるようであればよいです、頑張りたいです、と言ってくれて、テスト対策に自ら向き合っていました。通塾も自ら毎日コースを選択していました。


前日の最後の最後は、さすがに眠くなってきた、目が勝手に閉じそうになる、集中するのだ!
目よ!持ってくれ!と自分自身を鼓舞しておりました。

必死さが伝わります。

こちらも昔からですが、
とことんです。


生徒さんが、頑張るというのでしたら、とことん向き合います。(延長に関しては保護者様の了解を得ていますが)

少しでも
点がとりたい。
もう少しやりたい。
勉強したい。

勉強が苦手だった
嫌いだった生徒さんが
このようなことを
言う時点で成長を感じます。

忍耐力、
集中力、
記憶力、
思考力も。
様々ですが
身に付きましたね。

一つのことに
とことん
向き合う。

その生徒さんは、
学んだはずです。

結果は、
良いのです。
後回しでも。

すでに出ています。

ひたむきに
本気で
勉強をした。
出来た。

それが、
結果です。

その生徒さんのお母様に雨の中、
ご挨拶をし、
帰宅しました。

帰宅途中、
自然とポロポロと涙が
落ちました。

一人一人の生徒さんを想う気持ちは、学習空間の私たち講師は、世界一です。

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido01/”>千歳の塾なら個別指導の学習空間</a>

北海道恵庭千歳の塾なら個別指導の学習空間

日照時間

個別指導塾の学習空間、恵庭教室、千歳北陽教室担当の沖村と申します。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?恵庭教室では、定期試験がない中でも小テストへ向けて皆頑張ってくれています。また、千歳北陽教室や千歳花園教室では、定期試験が漸く終わりました。

あっという間に夏ですね。

先月、一つブログを打っていたのですが、夏至を迎えていました。

2020年6月21日(日)の日の出の時間は3:55、また日の入りの時間は19:18でした。札幌の日照時間は約15時間23分になります。東京と札幌を比べると、札幌の日照時間が約49分長いことになります。以前は東京生活が長かった私にとってはわかってはいてもまだまだ慣れません。笑。10年15年経てば慣れるのでしょうかね。

日が長いと何だかお得な気もしますが、朝が早く来るのは苦手です・・・まだ3時なのに明るい?!と。笑。

以前も同じようなお話をしていましたね。

夜に東京の友人とWEBにて色々と話してみました。

WEBやカメラ電話での会話は非常に画期的ではありますが、

やはりその場の雰囲気はどうやっても味わえませんよね。

人と人は、会うことによって、良い空気で会話も出来るのだと

改めて実感しました。勿論、楽しいには楽しいのですが、

限界はあります。色々と日々考えさせられますね。

当たり前のことは決して当たり前ではないということです。

日々、感謝をし、一日一日を大切に過ごしていきたいと考える

人生折り返しの私です。笑。

さて、連日、相変わらず、多くのご紹介を生徒さんはじめ保護者様からも戴いております。本当にありがとうございます。

恵庭教室は満員ですので、申し訳ございませんが、多くの方にお待ちいただいております。ご相談下さい。

千歳北陽、千歳花園教室の方はまだ空きが少しございますので、ご興味がある方はお気軽にご連絡下さいね。

日が短くなることも楽しみにしながら、

ON THE  ROAD 2020