新千歳エリア

1時間を切りましたね~

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室・千歳北陽教室を担当させていただいております沖村です。

こんばんは。

2021年終了まであと1時間を切りました。

皆さんは、やり残したことはありませんか?

とはいえ、残り1時間なのですが。

もしもやり残したことがあれば、2022年に誓いましょう!

そして、早い段階で始めましょう!

私も残り僅かとなり、何かやり残したことはないかどうか、自分自身の振り返りをしております。

いつも考えますが、2021年よりも2020年が良かったのだろうか?2019年の方が良かったのだろうか?

それとも2018年、2017年・・・と。

いつの時もこの年が良い悪いはなく、人の個性と同じく、各年は各年で良いところがありました。

やはり、日進月歩、試行錯誤、一日一日、一瞬、一瞬の積み重ねですね。

生徒の皆さんには、どちらにしてもやらなければならない宿題、課題は、早めに仕上げよう、ためないように、と

指導してきました。

2021年も大変お世話になりました。

2022年も一瞬一瞬、一場面一場面を大切に歩き、走ってまいります。

来年もよろしくお願いいたします。

個別指導塾なら学習空間、新千歳エリア、恵庭教室・千歳北陽教室・千歳花園教室へ
恵庭市、千歳市の個別指導塾なら学習空間新千歳エリアの教室へ

人生のひとかけらを伝える教室にて

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室・千歳北陽教室を担当させていただいております沖村です。

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

リスニング10番勝負ならぬブログ10番勝負、大詰めでございます。

とはいえ、すでに達成してしまっておりました。笑。

達成感ですね。

そして、有言実行。笑。

良いですね~。自己満足。笑。

わざわざ公言しなくともよかったのですが、ネタですね。

生徒の皆さんが息抜きに読んでくれたら、という軽い思いでもあります。

先日は、生徒の数名に笑われました。笑。

ブログというよりかは、講師紹介の写真でよく笑われます。笑。えー、なんで。笑。

さてさて、

今回のお話は、ある生徒さんとのお話です。

とはいえ、私たちは講師をさせていただいていることもあり、よくある話題です。

『勉強とは』『勉強について』等です。

つまりは、『なぜ勉強をするのか?』です。

様々な考え方や意見がありますよね。

打ち出すときりがないのですが、今回は、義務教育である中学生の生徒さんとの会話であったことです。

年末ということもあり、気持ちが向かないその生徒。

『やりたくない、逃げたい』と勉強いやいやが始まりました。私は、またか、と思いながらも慣れていますので、

いつも通りにうまく誘導していくのですが、なぜ嫌な勉強をやるのかという話になりました。

今回に伝えたことは、今やっている勉強が将来的に直接役に立つとは限らない。

けれども、その嫌な勉強(科目)に少しでも立ち向かっていこうとするチャレンジング精神、忍耐力、集中力、判断力も

鍛えるチャンスなのだ。最近、逃げている、そうやって逃げ続けてもいつかは逃げきれない場面が来る。

逃げないで立ち向かっていけば、必ず自分に却ってくる。逃げたら逃げた分だけ、これまた自分にすべて却ってくる。

そう伝えました。

また、その子が今後に進学をしたり、就職をしたりしたときの話、私自身の経験の話もしました。

義務教育の中学校の勉強ですが、大切なことが沢山あります。

私自身は何度も終わりにしてあげようかと頭をよぎりましたが、今日は絶対に折れるわけにはいかない、と決心をしていました。

もちろん、その子の様子や時間を見ながらではありますが、ここは伝えなければならないという使命がありました。

結局、その子は、やりきってくれました。自分に打ち勝ったのです。

自分自身に打ち勝っていくことが、本当に人生において大切であると思っています。

ライバルや他人を意識することは、時には大切なことであるかもしれませんし、うまく利用するのも一つの手段ではありますが、

『ライバルは常に己である』と確信しております。

私の担当している教室では、生徒さんが一人一人、昨日の自分よりも今日の自分、自分に打ち勝っていってもらっています。

身体や頭脳の成長も大切ですが、心の成長も大切です。まさに心技一体とは、このことだと思います。

今までの自分よりも今の自分が上回っているように、そして、今までの自分よりも今の自分が好きでいられるように、

そのような生徒さんたちになっていけるように、毎日、本気でサポートをさせていただいております。

困ったら、是非、お気軽にご相談くださいね。

北海道恵庭市、千歳市の個別指導塾なら、学習空間千歳北陽教室・恵庭教室へ

約20年前の出逢い

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、千歳北陽教室・恵庭教室を担当させていただいております沖村です。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

2021年も残り僅かとなりましたね。

この残り僅かをしっかりと味わいたいです。

特に2021年に未練があるわけではないのですが。笑。

さて、前回に『出逢い』について少しお話しました。

今回も出逢いについてです。

皆さんには、『親友』がいますか?

(個人的には、特に友人も親友も恋人もいてもいなくても良いとは思っております。友達ができない!と悩んでいる方、ご安心くださいね!問題ありませんよ~)

私は、今では親友が(もちろん、勝手なこちらの思い込みですが笑)数名います。

そのうちの一人は、約20年前に出逢いました。

忘れもしません。

新しく、正社員の新入社員として働くことになり、初期研修会で一緒になった同期です。

歳は、私よりも2つ下です。

たまたま、社員番号が1つ違いでして、研修会の宿泊施設の部屋が一緒でした。

たわいもない話をしていたのですが、意気投合をした話が、『アレルギー性鼻炎』でした。

お互いに同じ病気を持っていたからか、その話で盛り上がりました。

人生において、一筋の光が差し込んだ瞬間は、数回ありますが、そのうちの一光です。笑。

年配の方ですと良く病の話から仲良くなって・・・ということは良く聞きます。

似たような?状況でしょうか。

フィーリングももちろん合いましたが、まだまだお互いに知らないことだらけです。

話せば話すほどに味のあるやつだなあ、と話す度にわくわくしていました。

彼とは、同じ会社でしばらくの間働きました。

約7年半、一緒でした。もちろん、同じ部署ではないのですが、同じ部署の時期もありました。

話すときりがありませんが、苦楽を共にしてきた仲です。

信頼度も異常なほどに高いです。

今でも連絡を頻繁にとっています。

本日も約10の話題を同時に繰り広げました。笑。(一つのテーマについて話をしないで一つのテーマの途中で別の話をします、同時進行が好きなのです笑)

そして、今からブログを打つぞ、と。笑。ネタですね。完全に。笑。

いつ、どのような時でも頼りになる『親友』

素晴らしいです。

生徒さんたちには、いつも伝えています。

勉強だけを教えているわけではありませんので、人生も教えています。

『新しい出逢いも大切だけれども、今のその仲をできるだけ長く続けてね』と。

どれだけインターネットが普及しても、私たちは、『対、人』を大切にしていくべきだと考えます。

どこまでいっても相手にするのは、人ですね。

人から人へ。

また枝分かれをしていくのも人生の素晴らしさだと思います。

2021年ブログ、まだまだ続くよ!

恵庭市・千歳市の個別指導塾なら、学習空間へ

2021年と一期一会

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室、千歳北陽教室を担当しております沖村です。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

アッという間にクリスマス・イヴ、クリスマスが終わってしまいましたね。

サンタさんは、来たのかい?と何人かの生徒たちに聞きました。笑。

色々と良かったようですよ!サンタさん!

ブログ10番勝負を行い始めてから、一体いくつUPしたのやら???

と確認してみました。

ま、大晦日まで余裕だろ、と。笑。

大晦日には、またUPするしーというような感じですね。はい。

クリスマスとサンタさん。

今年は、少しだけ知っていたような、聴いたことがあるような、それでも知らなかった曲に出逢いました。

皆さんにも『人』だけではなく、『場所』『物』『映画』『番組』『曲』等等、様々な『出逢い』があるのではないでしょうか。

歳をとるにつれて、40年以上生きてくると自然と『出逢い』の大切さにも気が付きます。また、

『出逢い』に関して今まで以上にワクワクすることも増えていると思います。

何かしらのきっかけで2021年もたくさんの『出逢い』がありました。

挙げるとキリがありませんが、一つ挙げるならば、『曲』との出逢いです。

ラジオ番組と動画からのきっかけで知ることが出来た曲がありました。

音楽を真剣にやっていた時代では、レンタル屋さんやレコードショップに行き、

端から端まですべて聴くくらいの勢いで借りたり、その場で視聴をしたりしていましたので(多額になるので購入は限度がありました・・・)

かなりの幅広いジャンルに手を出していました。もちろん、こちらが動いているので、自然と情報が入ってきます。出逢いも多いわけです。

しかしながら、音楽活動から遠のいてしまった今となっては、自分から求めていくことが無くなってきました。新しい情報がなかなか入らなくなりました。

きっかけは、上記のようにラジオ番組や動画からということが多いような気がします。

2021年は、素敵な曲にいくつか出逢いました。

中には、自然とぽろぽろと涙が溢れてくる曲もありました。

昔から音楽では良く泣いてきました。笑。

数秒で一気にきます。

新しい出逢い。

良いですよね。

最近は、場所との出逢いや物との出逢いも大切にしています。

評論家のようですが、人だけではなく、生きていく中で、様々なものとの出逢いに感謝し、味わっています。

そして、語り掛けるように大切にしています。

私たち学習空間の教室にも、また一人、二人、と新しい生徒さんが来てくれて、生徒さんや保護者様との出逢いがあることに感謝しております。

『一期一会』また大切にしていこう。2021年も残り1日切りました。

つづく。

恵庭市、千歳市の個別学習塾なら、学習空間の恵庭教室・千歳北陽教室・千歳花園教室

『素直になる日』と『素直になれる日』の巻~10番勝負中~

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、千歳北陽教室、恵庭教室を担当させていただいております沖村です。

皆さま、
いかがお過ごしでしょうか。
もうすぐ子どもたちも大人たちも?!
楽しみなクリスマスイブ、クリスマスですね!

勉強の合間にでも、
少し息抜きとなれば幸いです。
今回は、クリスマスに関してです!

先日、
子どもたちがサンタさんにお願いをする物の特集を
読みました。笑。

印象的だったのは、

何千万もする具体的な車種とグレード(タイプ、種類)を書いたサンタさんへのお手紙です。笑。
えええええ。笑。
本物とは書いていません。
果たして、サンタさんは、どうするのでしょうか?笑。
子ども本人の活躍ぶり?笑、良い子ぶり?(何をもってして、良い子なのか不明ですが笑)次第でしょうね。笑。

二つ目は、いくつかの候補を挙げて、最後に、どちらかというとー◯◯と△△をお願いします!と
希望を書いているパターンです。笑。
これまた、サンタさんが、お荷物の中から探すのが大変かもしれないですね!笑。

三つ目は、
私はいらないので、お母さんに何かプレゼントしてあげてください!というお願いでした。
うわあ、気を使ってる笑
サンタさんも思わず、ニコッと微笑んでいるような光景が目に浮かびます。笑。

四つ目は、『サンタさんにお任せ!』、でした。
これもあるあるですね!笑。
お任せと書いていても結局のところ、その子の欲しいものはサンタさんが知っているので、『これこれ!これは欲しかったんだ!やったあ!』となることが多いですよね!
もしくは、これまた、あるあるですが、『えー、これかーほしくないなあ』と言っていたのに、数時間したり、翌日になると、『これもこれで、良いなあ!』となっているパターンであります。笑。
サンタさんの先読み、そして、結局は心をつかんでいるのです!
さすがですよね!

五つ目は、サンタさん、いつもいつもありがとうございます。毎年、良い物をもらっています。だから、今年はいりません。ありがとうございます!
という文でした。
本当に子どもですか?笑。
と突っ込みたくなります。笑。

ちなみに、私自身の思い出深い過去を紹介します。笑。
たぶん、保育園か幼稚園だったはずです。
4、5歳です。
『サンタさん、いつもありがとうございます。
少しですが、どうぞ。
もっていってください。』
と、
確かですが、
1円玉は悪いと思ったのか、
なけなしの5円、10円、10円、10円、
35円を窓際に見やすくセットしました。
本当は、55円くらいの予定でしたが、子どもですね、20円はけちった記憶があります。いえ、10円だけ、けちったかな?笑。
守りに入った子ども。笑。
次の日の朝、サンタさんは、プレゼントだけを置いて、お金は受け取っていませんでした。笑。(当然ですか?笑)

せめて、もっていってくれたら、と素直に思ったのと、
子どもですね、『お金が返ってきた、良かった・・・安心した・・・でも残念?!』と思った記憶があります。

確認後、『サンタさん、お金持っていかなかったよー苦笑い』と
母親に話した記憶があります。笑。
翌年は、去年持っていかなかったから、今年はお金はやめておこう、と思いました。成長?笑。

我ながら、無邪気な子どもです。笑。

生徒の皆にも何人か聞いてみました。
『何かお願いするのー?』と。

皆さんは、今年は、クリスマスプレゼントは、ありますか?何かを頼みましたか?
それとも、お正月がお好きですか?笑笑。

今年もあと少しですね!

つづく。

サンタさんへ
『わんちゃん、ねこちゃんが欲しいです!』
とお願いした子どもが、目が覚めて、クリスマスツリーの下にある
段ボール箱を開けました。
すると、そこには、わんちゃん、ねこちゃんの赤ちゃんがいました。
サンタさんから、その子へ。
大切に飼ってあげてね、ということだったようです。

そのわんちゃん、ねこちゃんの名前は、

『クリス』と『マス』
だそうです。
笑。
単純。笑。
クリスマスね。笑。

(実話です)

それでは、また。

北海道、千歳市、恵庭市の個別指導塾なら学習空間、北海道新千歳エリア

たわいもない話 ブログ10番勝負 勝利へ

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室、千歳北陽教室を担当しています沖村です。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

12月もすでに一週間が過ぎました。クリスマス、冬期講習、年末、大晦日に迫っていっています。

逆に受験生の入試対策ができる時間はなくなっていっています。

現実を楽しみながら、現実に向き合っていきましょう。

何をしていても時の過ぎる感覚は違えど、同じ速度で時は過ぎていきます。

さて、題名にも載せましたが、ブログ10番勝負へ向けて、順調です。

当然なことですが、笑。

私はやると言ったらやります。意志が強いので達成します。

特に受験生の皆さんも意志を強くもって勉強をしていきましょう。自分自身に正直になりましょう。

決めたことは突き通してクリアしましょう。

一つ一つの自分自身への『約束』が達成されていきますと、自信が生まれてきます。

私自身が意志が強くなった一つを挙げますと、体重を90キロから65キロまで落としたことがあります。

今は、ベスト体重を15年以上キープしています。

若いころに良い経験をしたな、と思います。笑。

一つ一つの自分との約束をクリアすることで、人間は強くなると思っています。

さて、先日、またまた生徒の一人に『先生の特技は何ですか?』と聞かれました。

今回は、こう答えました。

『睡眠』と。

睡眠とはいえ、何が特技か。それは、『眠るまでの時間の速さと正確に起きられること』です。

何となく、何時に起きたいと思えば、起きられます。お笑い芸人の方が、先日にテレビでも言っていましたが、

私も同じだと感じました。

アラーム1コールですぐに起きられます。また、電話が鳴ってもすぐに起きられます。(昔、そういう24時間体制の仕事をしていたからです)

また、今から10分、15分だけ寝るぞ、ということもできます。

我ながら、ものすごく便利な特技だと思っています。笑。

5分、10分、15分、20分・・・30分、45分、60分・・・

どのような時間設定でも、すぐに寝てすぐに起きられます。

トレーニングをすればできると思っています。笑。おすすめです。

すぐに寝て、すぐに起きられるので、無駄な時間もありません。

寝坊もありません。もう寝坊は、20年前にしたきり、記憶にありません。

いつ寝坊をするのかわかりませんが、寝坊の仕様がないとまで思っています。

かといって、緊張をしすぎると寝た気がしませんし、熟睡になっていませんので、

しっかりと自分の身体タイマーに言い聞かせて、今から寝るぞ、何時に起きるぞ、そこまでは集中して寝るぞ、と。

うまく出来るようになります。

皆さんもやってみてください。

特に寝つきが悪い方は、『集中』するのです。『落ちる』のです。笑。

ふわっと身体の力を抜いて、寝落ちしていくのです。笑。

大人になってからは、睡眠に関しては、ほぼ無敵な状態ですが、学生の頃は、起きるのは苦手でした。笑。

やはり、ついつい家族を頼っていたような気がします。

アラームが鳴ってもなかなか・・・

アラームを止めにいくように距離を取ったり、沢山設定したこともありました。

CDラジカセ(古いですね笑)にタイマーをかけて大音量にしたこともあります。

止めて眠るのですよね・・・

今思えば、なぜそんなにも苦手だったのかと思います。笑。

人は、成長をしますね。

そして、何か特技を持っていますね。

生徒の皆さんの息抜きのブログになれば幸いです!

それでは、また。

個別指導の学習空間、恵庭市、千歳市の塾なら

歴代の知人、友人、親友は

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、千歳北陽教室、恵庭教室を担当させていただいている沖村です。

こんにちは。

リスニング10番勝負ならぬ、ブログ10番勝負です。何が勝負なのだろうか。笑。まあいいや。

北の大地、北海道もマイナス気温の日が多くなってきました。まだまだ序の口。冬はこれからですね。

春夏秋冬があるのは、日本の良い所でございます。

大いに季節を楽しみ人生を送るのもまた良いですね。

寒さ対策をして、体調管理に努めましょう。

さて、題名のお話の前に、生徒たちとの会話でこのような話題がありました。
(人生や生活を教える教室でもあるので、勉強以外のことも話し、伝えております。お節介な世界一アットホームな教室です)

生徒Aちゃん、『先生の特技は何ですか?よく聞かれるじゃないですかー。この質問。』

唐突に聞かれたので、そういえば、あるような無いような、何だろう?と数秒考えて、さらっと2つだけ答えてみました。

『同時にいろんなことが出来ること、そしてそれが好きであること』と『決めたら、止めたり、始めたりすることが容易に出来て意志が固いこと』かな?と。

生徒Aちゃん、『笑いながら、えええー聖徳太子ですか???』と。

笑笑笑。それ?!笑。この後の会話はご想像にお任せします。笑。

特技、必ず、一人一人に備わっているのですよね。実は。一人一人に個性があり、十人十色です。

一人一人の良さや特技をみつけるのも私の特技です。笑。生徒一人一人の良さを本人たちに伝えています。

さてさて、本題に入りましょう。

生徒さんたちとの会話の中でも話すことがあります。

それは、誰々と喧嘩をした(恋人、友人、兄弟、時には親御さんと・・・)、うまくいかない、という相談を受けた時です。勿論、それ以外の場面にも話しますが。

『皆さんには、どれくらいの人数がいますか?』

もっと具体的に、

『皆さんは、幼稚園、保育園、児童館、幼い頃から小学校、中学校、高等学校、専門学校や大学、社会人になってから・・・、どれくらいの方とつながっていますか?』

知人でも友人でも親友でも良いです。

一般的には、知人よりも友人の方が仲が密であり、友人よりも親友の方がより関係性が密なのでしょう。

40年以上生きてきて、年が経つにつれ、頻繁に考えるようになります。ふと、思い返すことが良くあります。

そして、不思議と同い年の方との出逢いは、嬉しくなります。笑。

年配の方から良く耳にしたことですが、生まれた年が同じ、又は近いだけで親近感がわくようです。

これは現実に良くあることだと常常思います。

恐らく、幼稚園から社会人へ近づくにつれて、今でも繋がっている友人、親友の人数は少なくなるのではないでしょうか?

それだけ、何年も付き合いがあるということは、簡単なようで難しいのかもしれません。

勿論、いつまで付き合いが続くか、続けられるか、そのような目標は無く、目標も立てないのかもしれませんが。笑。

どんなにその時に仲が良くとも、いつの間にか連絡を取っていなかったりもするでしょう。

各々の結婚や引っ越し等もあるでしょう。

生徒たちと話をするときに何度も伝えたことがあります。

『いつまでその仲が続くかわからない、この出逢いを大切に、出来る限り長く仲良く続くと良いね。仲間を大切に!』

『小さなことでまた喧嘩かい?器を大きく持って、仲良くして。長い目でみたら、良い仲間だよ!大切に!
(どうしても駄目なら無理に付き合っていく必要はない、と逃げ道も作ることもあります)』

兄弟喧嘩や友人同士の喧嘩で相談にもよく乗るのですが、アドバイスとして、上記のような話も一部、することがあります。

良く良く考えたら、世界、宇宙の規模で考えたら、日常で起きていることは、ちっぽけなことすぎますよね。

個人的なことですが、私自身は、叱ったり、諭したりすることはありますが、『怒る』ということが滅多にありません。
元々、温厚ということもありますが・・・

ちっぽけなことは、さっさと片付けて、忘れて、陽気に行き(生き)ましょう!

生徒の皆、何でも!いつでも!相談に乗るよ!どんと来なさい!笑。(既に毎日のようにきていますが笑)

それではまた。

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア本部教室

リスニング10番勝負ならぬ

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室、千歳北陽教室を担当の沖村です。

皆様、お久しぶりです。
一昔前は、ブログの担当をしていたこともあり、頻繁に投稿をしていました。
最近では、マイペースにたまーにアップをする程度です。
ネタやストックは山ほどあり、いつでもアップが出来るのですがね。笑。
会話と同じように、いくらでも話は出てきます。
思い返してみると、小さい子供から100歳までの高齢の方々まで、生涯に様々な方々と出逢い、話をしてきました。

何気ない会話でも、その時に、またはその後になり、なるほど、と考えさせられることも多いです。

これから、果たして何人の人と出逢えるのでしょうか。
人に限らず、動植物や場所、物ですら、どれだけ巡り逢えるでしょうか。

まさに、一期一会でもあります。

今のこの瞬間にも、ほんの少し、ほんの僅かな出来事や偶然の出逢いが、(実は偶然出はなく必然という話もあります)生まれているのかもしれません。

今、担当をしている教室、生徒さんも、よく話をしますが、素敵なご縁であると考えます。
素敵なご縁を大切に、感謝をしつつ、今日を明日を過ごしていきます。

さて、11月も終わりですね。2021年もあと一ヶ月ですね。
2021年の締めくくり、中学三年生に毎日のように使って貰っている『リスニング10番勝負』ならぬ『ブログ10番勝負』と行きましょうか。
つまり、12月31日の大晦日が終わるまでに、10本のブログをアップしていくということです。笑。

たったの10本なので、すぐなのですが、色々な話題を出していきますね。
とはいえ、たわいもない話題ばかりだと思いますが。笑。

乞うご期待ください!
なーんてね。笑

まだ旅の途中・・・2021年5月にアップしたブログが、閲覧数250になっていました。皆様、ありがとうございます。UPする励みになります、なんてね。笑。
それでは、また。

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア

思わず涙・・・

個別指導の学習塾、学習空間、新千歳エリア、恵庭教室・千歳花園教室を担当しております 辻森 です。

実は・・・
つい先日、感動のあまり涙を流しました。

オリンピックなどで感動することはあっても、なかなか目から涙がこぼれることはそうそうありません。

何に感動したかと言いますと、

 

 

煉󠄁獄 杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)という男に感動したのです。

 

 

はい、その通り!!鬼滅の刃「無限列車編」を見たのです。
緊急事態宣言などでタイミングも合わず、劇場へ見に行くことが叶わなかったので、地上波の放送を心待ちにしていました。
そして、先日の放送を見ました。

得てして、あまりにも大きな話題作だけに、「良い映画だったなー」くらいで終わるかと思っていたのですが・・・感動!

 

もちろん単行本は全部持っていますが、明日から原作には無いシーンを含めたアニメが放送されることになっています。

新しいアニメは全然わからない40代ですが、感動と興奮を求めて、じっくり録画していこうと思います!

 

そして 煉󠄁獄 杏寿郎の母、瑠火(るか)が子供のころの杏寿郎に言ったセリフ

 

なぜ自分が人よりも 強く生まれたのか わかりますか

弱き人を助けるためです

生まれついて 人よりも多くの才に恵まれた者は

その力を 世のため人のために

使わねばなりません

天から賜りし力で 人を傷つけること

私腹を肥やすことは

許されません

弱き人を助けることは 強く生まれた者の責務です

責任を持って 果たさなければならない

使命なのです

決して

忘れることなきように


(出典:鬼滅の刃8巻)

自分自身を含め、多くの人は力のあるものではないのかもしれません。
しかし、天からの才に恵まれたどうかは別として、力のある者・知恵のある者・立場が上にある者が、
責任持って人のために生きることは、今の時代にとても大事なことなのではないか?と思いました。

 

恵庭・千歳の塾なら個別指導の学習空間

ハンドパワーというやつかな

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室、千歳北陽教室を担当している沖村です。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?10月になりましたね。まだ夏日が続くのか?!と比較的暑い日もありましたが、アッと言う間に風が冷たく感じられるようになりました。

お昼は、まだ暑さもあったり、日が強かったりしますが、すぐに夕方モードで冷たくなりますね。 今回は、文章の編集がうまくいっておらず、読み辛いかもしれません。

ごめんなさい。さて、

9月の最後は、体育祭を観に行きました。またお話しますね。

ネタとして。 ブログのストックがありすぎて、いつ使うか困っています。

また挙げますね。

今回は、題名の通り、手についてです。

私は、学習空間の自分たちが使う教室の机を毎日欠かさず拭いています。

当然のことなのですが、どのような時でも必ず行っています。

同じ新千歳エリアの辻森先生、奥田先生ともこちらは共有をしております。

そして、拭き方は、必ず、机の角を取り、丸く拭かないことです。

端から端までくまなく、完璧に拭きます。(しかし、私は完璧主義者ではありません笑) 丸く拭いている人がいるならば(たまに飲食店でみかけます・・・何か意図があるのか・・・)

なぜ???しか思いません。気にならないのかー、と。

今回は、このようなお話ではないので、それはさておき。笑。

学習空間の教室の机を拭き始めて、すぐに変えたことがあります。

良く行うのですが、それは、利き手以外で拭くことです。

昔から様々な球技に挑戦をしてきた私としては、利き手、利き足以外の方を使うことは、 難しくもバランスをとる意味でも、筋力の偏りや脳の偏りをなくすためにも必須と 考えてきました。

そのため、ただ机を拭くにしても、利き手である右手ではなく、 すぐに左手でも拭いていこうと決めて、行ってきました。

当然、今までは確か、利き手で机を拭いてきた人生でしたので、 利き手の方が上手にスムーズに拭けるわけです。

しかし、しかしですよ、革命は起きたのです。

左手に交代をしてから、何千回と左手は修行をしてきました。 来る日も来る日も。 最初の頃は、ぎこちなかったです。不自然でした。 上手に拭けませんでした。やはり、利き手ではない為、不器用か!と。 利き手である右手に何度も言われてきたようにも感じていました。笑。

それが、ある日、たまには利き手の右手で拭いてみよう。

あれ?あれれ?どうでしょう。 利き手である右手が、ぎこちないではありませんか。 比較的、上手に拭きますが、百戦錬磨の左手様には勝てません。

そうです。これが、修行の成果なのです。

『習慣の恐ろしさ、習慣のすばらしさ』なのです。 日々のトレーニングの成果です。

トレーニングしたつもりはないですが。笑。 気持ちが悪かったです。

いつの間にか、左手は、利き手である右手を超えていました。

左手で拭きに拭いてきた歴史。良く考えたら、何千回と拭いてきていました。

改めて、塵も積もれば山となる、 練習量、そうです、演習量のすごみを感じました。

そして、このような小さなことですが、感動をしてしまいました。

す、すげえええええ・・・

はい、お決まりの勉強につなげますよー。

そうです。習慣化と演習量なのですよ。 勉強も同じです。見えない力が働きます。

しかし、これまた、勉強と同じなのですが、

私の左手は、机を拭くときに『集中』をしていました。

そして、意識をして、1つ1つ拭いてきました。

拭きながら、何を考えるか?それは、その日に座った生徒さんのことです。

机をしっかりとじっくりと、しかし、早くささっと拭きながら、その生徒さんのことを 考えながら拭きます。

そうです。これがまた、左手が上手になった要因です。

意識です。意識をしながら集中して練習を行うことは、かなりの効果があるということです。

筋肉トレーニングや音楽の練習にも似ていると思います。

たかだか、机を拭くこと。 しかし、とても奥が深いと思う初秋です。

今日もまた、私は、教室の机を拭いています。

北海道恵庭千歳の塾なら個別指導の学習空間