新千歳

人生の勉強も

個別指導塾の学習空間 北海道新千歳エリア 恵庭教室、千歳教室を担当している沖村です。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?北海道では、秋を終えようとしています。

非常に短いですね。既に夜の気温は、私が帰る頃には、1度です。

平均すると6度くらいであることが多いですね。

暗くなるのも早くなり、指導開始の17時はもう暗いですね。

風邪も流行っていますね。皆で気を付けましょう。

今回は、私の好きな人生論の一つです。

人生は、いかにして過ごしていくか?ですね。

考え方や行動の仕方も人それぞれです。多くの体験や人との関わりから学んでいき、自分自身が創られていくのでしょう。

厳しさや愛情も貰って自分が出来ていくのでしょう。

一昔前までは、人生論の勉強をすること等なかったのですが、特に20代半ばくらいからでしょうか。約15年ほど、人生の勉強をすることが多くなっています。

学び、実践し、うまくいったこと、うまくいっていることの一つを紹介します。大人も子供も使えます。

それは、『思ったら即行動する』ということです。

考える必要があることに関しては、一呼吸置いてからが大切であったりしますが、

今回の場合は、即動いた方が良いことについてです。

特に、やらなければならないこと、期日が決まっているもの、嫌なこと、面倒臭いこと、面白くないこと等ですね。

簡単にお話しますと、『嫌だと思う前に行動をする』ということです。面倒だな、嫌だな等の感情を抱く前に動くのです。無で動くのです。笑。

するとどうでしょう。気づけば進んでいるはずです。いずれ、やらなければならないものを後回しにしては重たくなるだけですよね?

生徒の皆さんでしたら、宿題や課題でしょう。

夏休みの宿題を残り1日、2日でやるのか、休みに入ってすぐにやるのか、ですね。

いつかはやることですね。

(考え方が少し変わっているのもあるので、私はやりたくなければやらなくていいのでは?死ぬわけでもないし、嫌ならやらないでやりませんでした、と言えば?そこで困るのは自分かもしれないし。という事があります。そうすると当の本人はやりますがね。笑。)

いつかは、やる宿題や課題を後回しにしても良いことがありません。

先手でやるべきですよね。

日常でもよくあります。仕事でなくても私生活でよくありますよね。

勿論、考え方ひとつで面倒や嫌なことも+に変えて動ける方法もあるのですが、

今回おすすめしているのは、気持ちを持つ前に動くということですので、

こちらをやってみて下さい。不思議と出来てしまうと思います。

とにかく想う前に身体を動かすのです。笑。

繰り返している内に自然と早め早めにこなせるようになります。

何も考えずにいつの間にか嫌なことでやらなくてはならないことが

出来ている状態になります。

無感情行動ですね。笑。

生きていれば色々ありますよね。今回は、一つ紹介をしてみました。

やってみたい方は、やってみてくださいね。ポイントは、気持ちが入る前に!動く!ですよ。

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido01/”>千歳の塾なら個別指導の学習空間</a>

結局のところ

個別指導塾の学習空間 北海道新千歳エリア 恵庭教室、千歳教室担当の沖村です。

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

多くの学校で定期試験が終わり、テストが返却されはじめております。

まだ、高校生は、これから定期試験という方もいます。

題名の通り、結局のところ、ずばり、勉強は、量と質ですね。

誰もが知っていると思います。中には、そうではない!と言い張る方もいらっしゃるかもしれませんね。ごくごく少数派の意見だとは思いますが。

勉強のみならず、何事も、量と質だと思います。

もちろん、好きこそものの上手なかれ、もありますね。

やる気があるなしもありますね。

複合的な要素が多くありつつも、結局のところ、量と質ですね。何かを教わった、コツを教わった、それ以上に量と質です。

丁寧に丁寧に解説をしてあげて、生徒さんが納得をしてくれたのに、点数にならないのは、そういう理由です。そうです、学習空間で教えている通り、解説をしても点数は取れるようにはならないのです。教わって点数が取れるなら誰しもが苦労をしていません。

楽器やスポーツだって、そうではないですか?

楽器の演奏の仕方を1時間なり2時間なり教わって上達しますか?

私にも経験がありますが、帰ってから教わった時間以上に練習を重ねますよね。

スポーツの習い事もそうですね。

例えば水泳、スキー、スノーボード、テニス、サッカー、野球、等等。私も習ってきましたよ。

いきなり泳げますか?いきなり滑れますか?いきなり打てますか?蹴れますか?

自転車だって最初は、こけながら練習を重ねたはずです。

見本をみせてもらい、教えてもらい、けれども結局のところ、練習するのは、本人ですよね。

その本人が練習をしなければ、どんなに一流の先生をつけてもできるようになりません。

テストで点数が、思うように取れなかった生徒さん。

もっと点数が取りたかったのでしょうか?遊びの誘惑に負けたのでしょうか?

自問自答してみてください。自己分析は、本当に大切です。

自己分析をしないと次に何も活かせません。

ほとんどの場合、点数を思うように取れなかった生徒さんは、

勉強不足です。当然ですよね。

点数を思うように取れなかった生徒さんのよくある特徴を紹介します。

逆に言えば、この反対を行っている生徒さんは、成功をしています。

全てではないですが、一例をさらっと挙げてみます。

あてはまることはないでしょうか?確認してみてください。

1、これもやろうよ、やった方が良いよ、と講師が言ったものをやらない。やりたくないと反発する。後回しにする。明日明日と逃げる。

2、時間で区切って帰る。やりきらない。

3、理由をつけて逃げる。何かと理由をつけて逃げる。自分から逃げる。逃げてばかり。

4、通塾曜日と時間帯がとにかくバラバラ。不定期すぎる。

5、○付けをしない。勉強になっていない。

6、間違い直しをしない。講師確認テストで何とかしようとする。これまた勉強になっていない。

7、学校のワークや学校の先生からのプリントのコピーを取らない。コピーだけではなく、繰り返し3周以上行わない。問題を隠して書かない、目で覚えようとする。(方法は、生徒さんによっては向き不向きはありますが)

8、講師の言われた通りにやらず、我流に走ろうとする。

9、講師の確認テストがないとラッキーだと思って適当になる。

10、マイナスな発言ばかりする。でも、だって、どうせ、が多い。

11、忘れ物が多い。

12、失敗している、失敗するありがちな究極のパターン、人のせいにする、物のせいにする、環境のせいにする。自分を見つめない、反省をしない。保護者様のせい、学校のせい、友人のせい、塾のせい、塾の先生のせい、テキストのせい、教科書のせい。何でも他の人や物のせいにする。自分自身は、どうなのでしょうか?悪かったのは、一番は誰でしょうか?

さらっと打っただけでも、これだけあります。

昔から簡単なことですね。成功するには、成功例をどんどん真似していかないと成功しないか、成功までに時間がかかりますね。

素直であること、能力以上にこれが大切ではないかと日ごろ指導をしていて感じます。こうしたら間違えるよ、失敗するよ、と一所懸命に伝えているのにも関わらず、間違った方法をとろうとする方がいます。

何て勿体ないのでしょう。君の過去の人たちが失敗していることを今、君がやっている。良く、考えよう。良く、考えて行動しよう。

私たち講師陣は、今に満足をすることなく、いかにすれば、もっと良い指導ができるのか?生徒の皆が取りたい点数が取れるようになるのか?志望校に合格できるのか?を考えて行動をしていきます。毎日、私たちも様々な勉強をしています。妥協は、一切しません。できる限りのサポートができるように日々、生徒さん以上に努力をしていきます。

計算って

個別指導塾の学習空間 北海道新千歳エリア 恵庭教室、千歳教室担当の沖村と申します。

今回は、計算について少しお話をします。ごくごく一般的な小学生の算数、中学生の数学レベルの計算についてです。

計算とは、本当に面白いと個人的に感じております。

なぜなら、能力の前に『性格』が出るからです。

間違いが多い生徒さんは、大抵、こうです。

やる気がそもそも無い。→引き出すようにしていますが。笑。

途中式が適当。

性格が出るので、良い加減な性格や面倒臭がり屋の性格であると不向き。→必ず良くなります。成長します。

字が雑。うまい、下手ではなく、雑。自分でも読めない、読みにくいがために間違えてしまう。自分自身の首が締まっていることに気が付かない。

整理整頓が出来ない、整理能力がない、落ち着いて順を追って書くことが出来ない。すぐに途中式を端折ってしまう。

良く教室で言います。一発でクリアした方が早い、と。何度もやり直す方が大変で時間がかかります。

何度も何度も間違える。言われても言われても言われた通りにやらない。だから、また間違える。間違い直しも自分で書いたものを全て消してしまう。全て消すと・・・よく教室で伝えていますね。

素直であるということは、かなりの武器です。

そうやったら間違えるよ、と言っているのに、またまた我流を通そうとする。

また間違える。ますますやる気がなくなる。嫌になる。なかなか終わわらない。

能力は関係なしに、まずはしっかりと聴いて、言われた通りにやってみませんか?

点数を取りたくても、いつになってもやらない人。こういう人が本当に勿体ないですね。

なぜやらないのでしょうかね?我流でうまくいくのかもしれませんが、遠回りすぎます。それでいて近道をしようとしています。

不思議で不思議でならないですね。

そちらへ行ったら怪我をするよ、そういわれても、行ってしまう。怪我をして痛がる。だから、言ったのに。

そちらへ行ったら落ちるよ、危ないよ、と言っているのに、行ってしまう。落ちる。痛い目をみる。 後悔をする。

良く生徒の皆さんと話しますが、笑、生徒の皆さんの保護者様は、よく皆さんに伝えていることでしょう。親は、うるさいな、と思うことも多いでしょう。喧嘩をしてしまうことも多いことでしょう。

しかし、皆さんが、なるべく後悔はしてほしくない、怪我をしてほしくない、だからこそ、皆さんに口すっぱく伝えているのでしょう。

生徒の皆から聞きますが、中には、理不尽で伝え方が下手になってしまう保護者様もいらっしゃるのかもしれませんね。

しかしながら、生徒の皆さんの人生の先輩からの言葉には説得力があります。

100%正解ではないかもしれませんが、耳を傾けてみても良いのではないでしょうか?

皆さんと同じように苦労や失敗をたくさんしてきています。

先輩の言葉に、いつ、気づけるのか?

そして、いつ、感謝をするのか?出来るようになるのか?

一人一人の成長を楽しみに、私たちもサポートをしていきます。

ではまた。

挨拶を

個別指導塾 学習空間 新千歳エリア 恵庭教室、千歳教室担当の沖村です。

8月が終わりましたね。ブログは、ストックが増える一方です。

色々と投稿にあたり、工夫が多いのですが、その工夫の手間もあって

多くの方に読んで頂いていると伺います。

眼を止めて頂いてありがとうございます。

さて、今回は、挨拶についてコメントを打ったことがあります。

それを紹介させて頂きます。

私の教室では、挨拶をしない生徒に対して、徹底をしております。

挨拶は、勉強以上に大切なことであると個人的には考えております。将来、アルバイトであっても正社員であっても、雇われずに自分自身で何かの経営をしていくにしても、どんなにインターネットが充実していって対人が減っていったとしても挨拶は必須になることは間違いないです。

人間関係、物事は、挨拶に始まり、挨拶で終わります。入試の面接や会社の採用面接の際に挨拶をしないということは、まず無いでしょう。学校で先生が挨拶をしてきているのに無視をすることはないでしょう。働き始めて上司や先輩が、挨拶をしてきているのに挨拶をしないということも考えにくいでしょう。そして、何よりも新人や部下であれば、上司や先輩よりも先に挨拶をするということが重要です。私の教室に通ってくれた生徒が社会に出た時に、挨拶が出来ないような人であってほしくはありません。恥ずかしいから、面倒だから挨拶をしないということは世の中では通用しません。お互いの関係や信頼は挨拶で決まってもおかしくはありません。また、良い挨拶で始まれば、その日のお互いのやり取りが気持ちよく進むことは良くあることです。実際に挨拶に力を入れている会社も多いです。挨拶の練習をしている会社もあります。私は、このようなことを生徒に伝えていっています。挨拶をしてくれない生徒には、挨拶をするまで勉強の話をしません。また、帰り際も挨拶なしで帰ろうとする生徒は捕まえてでも挨拶をします。保護者様にも連絡をし、協力を仰ぎます。社会に出た時に恥ずかしくない人になってもらいたい、自分から進んで挨拶が出来る人になってもらいたい、だからこそ私の教室では挨拶を徹底しています。

挨拶を交わすということは、大変大切なことですね。  ではまた。

3

個別指導塾 学習空間 北海道新千歳エリア 恵庭教室、千歳教室の沖村です。

皆さん、いかがお過ごしですか?2019年になってからもう7か月。

なかなかのスピードですね。早いと感じている方、まだ7月かと感じている方。

どちらかといえば、前者の方が多いのではないでしょうか?

それだけ、毎日、皆さんも必死なのでしょう。いえ、充実しているのでしょう。

人生40年以上生きている私は、日々、一日一日を昔よりも大切に生きるようになった気がします。

そして、毎日気づきや学びが多いにも関わらず、人生のよりよく生きる術は大分と習得したのではないか?とも思います。(日々、学び、実践をしているので・・・当然といえば当然かもしれません・・・)とはいえ、5、10年後の自分自身から今を見つめなおすと、大したことがなかったりするのでしょうか。笑。

既に人生は、折り返しだと考えております。

色々と考えますね。10代、20代、30代、40代。

いえ、学生時代で区切ってみても面白いです。笑。

はたまた20歳まで・・・色々です。笑。

いつも自問自答をするのは、一番つらかったことは?一番楽しかったことは?

色々と質問します。よくよく、後から振り返りますと、楽しかったことと

辛かったことは似ていることもあります。つまり、辛いけれど、楽しかった。

不思議ですね。辛くても充実していたのでしょうか。達成感があったのでしょうか。(そもそも論は、楽しいと思ったら楽しい。苦しいと思ったら苦しい。です。自分が決めているのです。辛いな、いえいえ、辛くないと決めてしまえば、辛くないのです。)

ただ、その時だけ辛いと感じたのでしょうか。色々な考え方が言えますが、

失敗しても成功しても、楽しくても辛くても、やって良かった。一所懸命やって良かった。と思えることってたくさんある気がします。

勿論、もっと一所懸命にやれば良かった。そのような後悔や気もしたりします。

不思議なのですね。今、皆さんは、いろいろな壁に当たることが多くなってくると

思います。それは、成長しているからです。生きているからです。

当然なのです。それを仮に楽しくはないとしても、噛み締めましょう。

こういうものなのだ、と。自分に勝ちましょう。過去の自分に負けることだけは

譲れません。自分の甘さに負けることも許されません。

まとまりません。笑。人生論は、山ほどありますが、

頑張っている自分、頑張っていた自分は、素敵ですよ。

自分を認めることが、自信というものです。  つづく

新元号、令和。成長とは違和感。

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室と千歳教室担当の沖村です。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

またまたブログをいつUPしようかいつUPしようか考えておりました。

2019年度、新年度で先日、入学式や始業式が行われました。

もし、皆さんが、将来に会社に勤めることになったら、

いえ、会社とは限りませんが笑、またまた入社式があることでしょう。

いつになってもどこまでいっても学校でやってきたようなことは

今後もあるということです。

一つの区切りであり、けじめでもありますね。

先日に発表された新元号、令和。

私は、気が付いたら、昭和でした。そして、平成。

次に令和。恰好良いや恰好悪いなどなど様々な意見を耳にしますが、

次第になじむだろうという意見に同調します。

何もあえて考えないようにしています。

しかし、平成の時は恰好よいな、とも感じた記憶があります。

新鮮な気持ちでした。不思議ですね。

新元号は、あまり関係がないのかもしれませんが、

違和感ということは成長をも意味しますよね。

今までと違ったことをすると違和感がついてきます。

しかし、違和感なしには成長がありません。

何かの練習内容を変えた、より厳しくした、回数を5回から10回にした、

時間を1時間から2時間にした。今までの倍です。違和感です。

最初に違和感があるのかもしれませんが、次第に慣れます。

そして、それを乗り越えてこそ成長します。

より詳しくは、打ちませんが、伝わりますよね?笑。

もっと簡単に話しましょう。私は、なるべく、利き手や利き足とは

別の方を使ったりもするように昔から心がけています。

やってみてください。(脳科学的にも良いとの話も出ているらしいです)

今まで利き手で行っていたことを反対側で行う。

これは、間違いなく違和感があり、何かの作業をするとしたら、

下手で時間がかかるかもしれません。

利き手と同じように出来るようになるには時間がかかりますよね。

利き手を超えられないかもしれません。元々ある繊細さや筋力の関係もあります

が・・・笑。

最初は、違和感があっても根気よく行っていくうちに違和感は消え、

自然になっているでしょう。

令和も違和感から自然になるのでしょうね。笑。

@令和の次の時代も生きていたいね。

千歳:<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido01/”>千歳の塾なら個別指導の学習空間</a>

札幌の塾なら個別指導の学習空間

あれよあれよ言う間に

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室と千歳教室担当の沖村です。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

ブログをいつUPしようかいつUPしようか考えておりました。

入試直前なのか直後なのか・・・

いやーあれよあれよ言う間に一気に過ぎ去っていきましたね。

何人かの生徒さんから言われました。残り99日からカウントダウンをしていってからが早い!と。笑。

千歳教室では行いませんでしたが、恵庭教室では昨年度に続いて入試まで残り日数を

減らしていっておりました。

これを行うのが私の一つの楽しみでありました。笑。

毎年そうなのですが。

一瞬でしたね。

今年度も受験生たちは、各々が頑張りました。

気力切れになってしまった、なりかけた生徒さんもおりました。

しかし、どんなに頑張ろうと頑張らないでも、時間は刻々と過ぎていきました。

カチカチカチと。

童謡に時計の歌がありますね。そういえば・・・

楽しいことをしていても

苦しいことをしていても

時計の秒針の速度は変わらず・・・

2019年が始まり、既に4分の1が終わろうとしています。

新年早々に良い目標を掲げた生徒さんがいました。

『毎日、一つで良いから苦手なものを克服すること。嫌いだった食べ物を食べるでも良いし、やりたくなかったことをやるでも良い。』

そう言って毎日続けていると言っていました。

どこでどう思ってそう決めたのか、そうしようとしたのか、

また聞いてみたいです。笑。

素直に、とても素晴らしいことであると感じました。

最近になって、あれは、まだ続けているのか?と聞きました。

続けていますよ!と言ってくれました。

やるじゃないか。

彼とは、彼が入塾してくれる時に言ってくれた目標を少しだけ達成しました。

それは、苦手な英語で納得のいく点をとることです。

あえて点数は、公表しませんが、ここ2回のテストできっちりと成果を出してくれました。

時には、ぐずぐず言いながらも私たち講師についてきてくれました。

とても印象に残っている生徒さんの一人です。

このような点数は、取ったことがない!と喜んでくれました。
(ちなみにですが、定期テストで5教科で約200点UPしてくれた生徒さんがいます。
また、約160点UPしてくれた生徒さんもいます。笑。5教科約100点UPの生徒さんは、
たくさんいます。笑。皆、何だかんだでついてきてくれて、嬉しいことです!!教科を絞らず、入試で使う5教科指導は◎で
間違いなくオススメですよ!!)

更なる飛躍を目指して、今は一緒に頑張っております。

いつもいつも良い状態で勉強が出来るとは限りませんし、望んでいません。

しかし、出来る限り、その日その日にベストを尽くしてやっていくことが大切です。

話していくときりがないのですが・・・
(先日は、保護者面談の際に数名のお母様たちから、先生はカウンセリングのようなこともするのですね、とお言葉を戴きました。)

嬉しいことです。なぜなら、ただ、勉強をして成果を出して志望校に合格するだけがすべてではないと考えるからです。

そのような教室を目指しております。

本当に小さいことですが、実は、人として大切なこともありますよね。

教室で、小学生や後輩がコピー機に並んだとしましょう。(あまりならばないように工夫していますが)

その際に先にどうぞ、と譲る生徒さんがいます。

ほんの小さなことですが、私は、褒めます。

優しいね、ありがとうね。と。

譲られた生徒さんもありがとうございます、と先輩に挨拶をします。

このような光景って良いことだと思いませんか?

私は、このような光景が好きです。

お互いに気持ちがよい。後輩をいたわる気持ち。譲られた子が、また自分よりも年下の子に譲るという流れ。

良い環境や良い心というのは、良い環境や良い心から生まれるものだと信じております。

当然のことのようで当然ではないですよね。

私たちに関わってくれた生徒さんが、少しでもあの教室に行って良かったなと思ってくれるように

指導をしていきます。

On the road 2019.03.10

@自分自身の今日を超えよう。難しいことやね~笑。しかし、挑戦!! 
そういえば、先日、うちの子は、学習空間に通ってから、『人』として成長した気がするとおっしゃって頂いた保護者の方がいました。
とてもとても嬉しいことですね!!温かい!!
札幌の塾なら個別指導の学習空間

小・中・高校生から大人向けの自己分析の大切さって?

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室と千歳教室担当の沖村です。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

先日の北海道札幌エリアの札幌富丘教室、札幌前田教室を担当している花岡先生のブログを

ご覧になりましたか?笑

私は、絶対にただでは終わらないと思っていました。☆彡

そして、何も言っていないのに、こちらの期待に応えてくれる花岡先生は素敵です!!

花岡先生にまだ会ったことがない先生は、是非是非!イベント等で会ってみてくださいね!!

さて、公立高校の入試まであと少しですね!

勉強の話をしたい所?!ですが、

学習空間のブログは、昔から、いかにも勉強勉強というありきたりのそれだけには、

なるべくしないように心がけていますので、

今回もまた皆様の息抜きの一つとして、全く関係のないお話にしますね!笑。

とは言ってもですね、人生の勉強?!にはつながるのかもしれません。

皆様は、親友、恋人、友人、知人、自分たちの家族や学校の先生または、学習空間の先生や身近な方に質問をしたことはありますか?

勿論、あるでしょうね。笑。

色々と、訊かれたことでしょう。

どのような質問がありましたか?

以下は、以前にまとめたことがある質問例の一部です。多すぎるので、ほんの一部のみですが。

皆様、色々と考えさせられませんか?

今、自分自身が考える回答と3年後、5年度、10年後の自分自身の考え方は、

まるで違っていることも考えられますね。

回答を紙に書いて残しておいてみても良いですし、頭で何となく考えてみても良いと思います。

私なら、こう考える。こう答える。

自己分析や自己啓発にもつながります。

これからの人生において、皆さんが『己を知る』つまり、自分自身を知ることがとても大切になります。

それでは、紹介です。

1、リーダーに必要なことは何ですか?

2、苦手なことを継続するためには、どうすればよいですか?

3、どうすれば、自分自身が成功したと思えるようになりますか?

4、験担ぎ(げんかつぎ)はしますか?

5、あなたの人生とは何ですか?

6、生きるとは何ですか?命とは?

7、運は信じますか?運をつけるにはどうしますか?

8、努力は報われると思いますか?

9、結婚は、しなきゃならないですか?しますか?

10、老いとはなんですか?

11、セルフコントロール(自分自身をコントロールすること)は、できますか?

12、モチベーションが下がったらどうしますか?

13、ぶっちゃけ、自分自身はイケてるぜい!と思っていますか?笑

14、海外は行きたいですか?いつかは月に行ってやるぜ!と思っていますか?笑

15、自分自身の弱点は何ですか?強みは、何ですか?

16、生まれ変わったら、何をしますか?(生まれ変わるかは、考え方が人それぞれですが)

17、人生は、楽しいですか?

18、一番好きなこと、好きなものは何ですか?何が食べたいですか?

19、あなたしか知らないスーパー〇秘密話は、ありますか?笑

20、いままでで一番美味しかった食べ物、そして、買って高かった物は何ですか?捨てられないものは何ですか?

21、動物、植物、もしくは架空の何かになれるなら、何になりたいですか?

22、テレビやラジオ出演のオファーがあったら、どうしますか?笑

23、視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚1つだけで生きるなら、どれを選びますか?第6感?!

24、無人島への持ち物は3つまで、何を持っていきますか?どこでもドアがあったら?笑

25、人生最大の失敗は何ですか?逆に一番の成功は何ですか?

26、何をしてる時が一番幸せですか?

27、自分自身のことを1つだけ変えられるなら何を変えますか?

28、歴史上の出来事を1つだけ変えられるなら、何を変えられますか?

29、あなたのヒーローはどなたですか?

30、人生最後の言葉を選べるなら最期に何と言いますか?

31、あなたの幼い頃から変わってないところはどこですか?

32、あなたの一番強く覚えてらっしゃる夢は何ですか?

33、あなたの最強だ!と思われる先生や恩師はいますか?

34、最期の晩餐は、何を食べますか?何をしますか?

35、いままでで一番馬鹿だなと思った行動は、何ですか?

36、あなたの一番好きなことは、何ですか?これは感謝している!と思うことは何ですか?

37、あなたの好きな色と数字は?

以上。

まだまだありますが、きりがないので、一部のみ紹介しました。

これだけでもかなり、考えさせられませんか?自分自身を振り返ることが出来ませんか?

学校の面接も会社の面接もまずは、自分自身を知るということから始まります。

いつでも良いので、ふと考えてみてくださいね!(^^)/

On the road 2019.02.24

@入試は、皆さんの集大成。可能な限り、その日に向けて一所懸命取り組もう!
 上記質問は、学習空間の先生たちにも聴いてみよう!笑。きっと会話が弾むことでしょう!
札幌の塾なら個別指導の学習空間

初ブログって実に面白いのだ

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室と千歳教室担当の沖村です。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は、前回が今村先生の初のブログでしたので、初ブログを紹介してみます!

北海道札幌エリアの札幌富丘教室、札幌前田教室を担当している花岡先生の初ブログでーす!!

何年前か?それは、秘密です!笑

小学生が中学生にはなっているかな~笑

何度読んでも面白い花岡先生のブログです!!

勿論、許可なくして投稿します!問題ないでしょう。きっと。笑。

それでは、どうぞ~~~

(   )は、私の突っ込みです!笑

日々成長!?
個別指導塾の学習空間、・・・教室の花岡です!

私自身、初めてのブログ投稿になります。
以後よろしくお願いいたします。

さて、突然ですが、今日はわが愛娘の4歳の誕生日なのです。

しかし、悲しいことに、今私の奥さん(妻の打ち間違い?!)と2人の娘たちはちょうど妻の実家【おばあちゃんのところ】に帰省していて不在。
なので、帰ってきたらしっかりと誕生日を祝ってやりたいと思っています。

今回は、最近一気に言葉を覚え、本当によく話すようになった娘との電話でのやりとりから・・・。

 私「誕生日のプレゼントは何がいい?」

 娘「んーとねー、いちご。」   (かわいいのう!!笑)

 私「いちご?それはイチゴののったケーキが食べたいってこと?」

 娘「あとグレープ。」     (娘さん、パパの話聴いてないやん!笑)

 私「せっかくの誕生日プレゼントだから食べ物以外にしたら?」

 娘「えーとねー、じゃあラッパと太鼓!」  (今回は、しっかり聴いとるやないかい!笑)

 私「何でラッパと太鼓が欲しいの?」

 娘「だって音が出るんだよ、ラッパも太鼓も。」  (しっかりされておるなあ笑)

 私「そうだねぇ。本当にそれでいいの?」   (いいじゃん、本人が希望しているんだから!笑)

 娘「わかんない!じゃーねー^^」   (ほら、そっぽ向いた・・・笑)

 私「・・・・・」    (そりゃそうなるわな笑)

うちの奥さんが電話に出る

 私「あいつラッパと太鼓が欲しいって言ってたぞ?」      (笑笑笑)

 妻「ああ、今ちょうどテレビで楽器演奏してるの観てたからじゃない?」   (かわいい!!単純な娘さん!!)

 私「・・・・・」

もうね、完全に思い付きです。

でね、後日おもちゃ屋に行くんですよ、ラッパを買いに。  (ラッパ・・・笑笑笑)
そうするとね、絶対違うもの見つけて「あれがほしいぃぃぃぃ!」って言うんです。
間違いないです!!   (子供らしくて、かわいいですね!!)

「だってラッパほしいって言ってたでしょ?」って言うと、
「こっちの方が欲しい。ラッパなんてほしくない!」って言うんですよ。   (笑笑笑、パパに似てない?何げに・・・笑)

でもまあ、「3歳(もう4歳か)だから仕方ないか!」って思っちゃうんですけどね。
親バカですかね。   (そそ、そうですよ笑)

とはいっても、あっという間に大きくなってしまうんだろうな―とか思ったりもします。  (大きくなっても人懐っこくてかわいかったですよ!笑。会った時!)
子どもの成長なんてはやいですものね。   (早いですよ~今何年生ですかね??)

えー、何が言いたいのかと言いますと・・・   (さては、ネタが尽きてきて、締めくくろうっていうんじゃ・・・笑)

気がつけば、今年も残り1ヵ月半を切りました。
1日1日を大切にし、成長を実感できる日々を過ごしたいものですよね。
やるべきことをしっかりやりきって今年を終えられるよう、頑張っていきましょう^^!   (締めくくったああああああ笑笑笑)

以上、花岡先生の初ブログの紹介でした!!

ほな、また!ノシ 江波先生の真似 笑

On the road 2019.02.01

@残り入試まで1か月を切りました。受かりたいのか、受かりたくないのか?常に生徒の皆に問いていますね。受かろうぜ!!
札幌の塾なら個別指導の学習空間

今までに為になった言葉集~その1~

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室と千歳教室担当の沖村です。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

公立高校入試までは、あと40日ちょっととなりました。

今回は、一部ですが、私が影響を受けてきた言葉を紹介させて頂きます。

高校生の時のサッカー合宿にて。
若い印象のコーチのお言葉。清掃用の水撒きホースについて。
『水撒きのホースは、次の使う人のことを考えて使いやすい状態で巻いておくんだ。いいか。自分のことだけを考えるなよ。人のことを考えろ。お前たちも高校生なんだからさ。』

通っていた塾の教室にて。
恩師と呼ぶ先生のお言葉。
『周りの生徒が話している声が気になるだって?じゃあ入試の時に工事でドカドカショベルカーの音がしていたら、気になるのかい?気になったから受からないのかい?その時の条件は、皆一緒だぞ。実際にそういう入試は数多くあった。集中しているか?周りの音が一切しないくらいに文章に入り込んでいるか?問題に入りこんでいいるか?それくらいできなきゃダメだよ。出来ないなら、それまでのレベルさ。出来るように努力してみなさい。人のせいにするんじゃない。出来ない生徒に限って言い訳をする、人のせいにする。環境のせいにする。先生のせいにする。自分は、どうなのよ?』

通っていた大学の近くの友人の宅にて
尊敬する大学の時の同期の発言
『皆、テストがあるから集中しようぜ。やるときはやろうぜ。俺は今から2時間話さないからな。また2時間後に会おう。』

中学校の教室にて
嫌いだった中学校3年生の時の女性の担任の先生のお言葉。
『とにかく皆には、1年間言い続けました。最後にもこのことばを送ります。頑張るときは、いつも今。』

引っ越しをする前の中学校にて
中学2年生の担任の先生のお言葉。
『人には、間違いがある。忘れることもある。忘れ物をしたのか?よし。家まで一緒にとりに行こう。車で送ってやるよ。今度から気を付けろよ!』

営業時代のぼろい営業所にて。
嫌いであったが、尊敬出来た上司のお言葉。
『評価ってのは、第三者がするんだ。自分じゃない。人からみてどうかなんだ。場所や建物は関係ない。人だよ。人の力で何とでもなるんだ。本社に負けるな。他社に負けるな。勝とうぜ。』

学習空間で一番最初に担当した学習空間 埼玉西部エリア(当時は、埼玉エリア) 坂戸東教室に長年通った今でも連絡をとっている元生徒の一言。
『僕は、学習空間に通って本当に良かった。先生たちに出逢えて本当に良かったです。
僕は、学習空間で先生たちから、【愛】を教わりました。今までありがとうございました。そして、これからも宜しくお願いします。』

色々と思い出してしまいます。
人とは、本当に出逢ってきた人や環境が創っていく、と考えられます。

良い出逢いをこれからも。
そして、出逢いに感謝を。

On the road 2019.01.20

@駅伝うちの出身大学も頑張りました!笑
札幌の塾なら個別指導の学習空間