夏期講習

宇宙の彼方

個別指導塾 学習空間 北海道新千歳エリア 恵庭教室担当の沖村です。

お正月から早4日、いかがお過ごしでしょうか?

昨年11、12月頃から、中学3年生は、理科の天体の授業に入っている学校が多いようです。

例年の通りですね。

教室でも天体の単元を学習してもらっていますが、

指導をしていて、思い出します。

子供の頃に教わったのは、

水金地火木土天海冥

でした。

9惑星として、唄で
いつの間にか覚えていました。

今の教科書には、8惑星しか記載されておりません。

冥王星が、準惑星に降格したから、という理由のようですね。

最近になり、第9惑星が再び出てくるニュースもあります。

昔から、何げに、ふと空を見上げることが多くありました。

その度に

何か生きた気がしました。(自然の神秘だね)

あの時に見えた太陽、月、星座等。

一番インパクトが強かったのは、幼い頃に見た、『太陽』でした。

一言、『でけえ…』でした。

太陽だとわかっていても、『何、あれ?』

でした。

夏場の時は、見ていられないくらいに、眩しすぎました。

『眼があああ…』

冥王星は、

地球から約50億Km。

ジェット機で行ったら約600年。(行けないですが…)

探査機でも約9年半。

ハッブル宇宙望遠鏡

すばる望遠鏡などの

最新鋭の望遠鏡でも

ぼやけてみえるそうです。

とんでもない距離や!

光は、ご存じの通り、

地球を1秒に7周半すると言われるくらいに高速です。

光速というのが正しいのでしょうか。

1光年は、9億4600万Km。

太陽から銀河系の中心部は3万光年離れている。

銀河系を

端から端まで

旅をしたら

10万年かかる。

地球から太陽までの距離は、

1億5000万Km。

こんなに離れているのに、でけえ!と昔感じたのは、

太陽は、地球の直径の約110倍近くの大きさがあるということからですね。

紙と鉛筆とコンパスで描いてみて下さい。

いかに太陽が、大きいかが紙面でも十分に確認できます。

地球から最も近い天体は月で、月までの距離は約38万4400Km。

太陽から地球の距離は、

1億5000万Kmで

この距離を天文学では、

『天文単位』と定義しています。

天文単位は、

英語で
Astronomical Unit

『AU』

携帯電話会社さんの名前ではないですよー。笑。

ちなみに、携帯電話会社さんの名前の由来は、多岐に渡っています。

興味がある方は、調べてね。

太陽から木星までは、5天文単位、土星は10天文単位、天王星は20天文単位、海王星は30天文単位。

銀河系
(天の川銀河、英語でMilky way
 Galaxy)

銀河は、アンドロメダ銀河(距離は230万年光年)、

おとめ座銀河団の中心にある楕円(だえん)銀河M87(6000万光年)、

クエーサー(20億光年)など。

観測できるもっとも遠い銀河は、

137億光年。

1610年頃にイタリアのガリレオ・ガリレイが、自作の望遠鏡で天の川が銀河系の一部であると確認されたそうです。

上記は、ほんの一部ですが、これらだけでも

単位と宇宙の規模に圧倒されそうですね。いえ、圧倒されて、開いた口は塞がりません。

これだけの広さ、測りしれない距離や可能性。

神秘ですね。

最後にまとめます。

些細なことは気にせず、

宇宙の様な心を持ちたいですね。

on the road 2018.01.04

北海道の塾なら個別指導の学習空間

@天文単位をフランス語では、UA

2018年 自分らしくやってみー

個別指導塾 学習空間 北海道新千歳エリア 恵庭教室担当の沖村です。

明けました。

おめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

2018年の1日目が終わろうとしています。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

昨日の23時。

もうすぐ年越しだと

テレビを観ていました。

それから、すでに24時間。

早いものですね。

この歳になって気づいたことは、

嫌なことでも、楽しいことでも

時間は、同じように一瞬で過ぎ去っていくということです。
(子供のころは、楽しいことほど早く時間が過ぎる、と勘違いしていました。)

昨夜は、久々に、まともにテレビを観ました。

音楽関連のテレビを観たのですが、

長年、音楽に携わってきた私としては、

大変、感動的でした。

色々と観ながら分析をして冷静にみていました。

やはり、音楽って良いな、と改めて思いました。

直ぐにバンド仲間たちに

やはり音楽は良いね!!と

連絡をしました。笑。

人を変えてしまう力をもっていますよね。

さて、2018年ですね。

子どもの頃は、よく今年こそは、〇〇を続けるぞ、

などと目標を立てていました。

しかし、大人になったある日、

気づきました。

目標を立てることを

やめました。

私は、ふつうの?塾講師ではないので笑

そして、人と同じことが嫌いなので笑

ひねくれていると思われがちですが、

あえて変わった?アドバイスをします。

目標が立てられない人は、目標を立てずに

今出来ることを

自分らしくやってみましょう。

それでも結果は出ます。

出来もしない目標を立てても

結局、出来ない、出来なくなる→できない自分が嫌になり、やる気がなくなる→続かない→目標の意味なし

そうなるくらいなら、自分に無理をさせずに、

自分らしく出来ることをやる。

いかがでしょうか?

きっちりきっちりやれる人からすると

そんなこと言っているからダメなんだ

とか言われそうですが。

しかし、イレギュラーでも

自分のゴールに到達できれば全く問題ありません。

良いではないですか。

一人一人にやり方があります。

人生は、何があるかわかりません。

自分自身を信じて、

自分らしい年にしてみませんか?

結局は、自分の人生です。

自分自身を第三者の目でみて、

気に入らないようでしたら、変わりましょう。
(もちろん、他人に迷惑をかけることは、ダメですよ~)

己を信じて、2018年も歩もう!

on the road 2018.01.01

北海道の塾なら個別指導の学習空間

@答えは、一つではない。それぞれのやり方がある。よくよく考えて、行動すべし。

笑う門には福来る

☆★個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室の沖村です★☆

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

クリスマスが明けてからは、祖父母のもとへ帰るという生徒さんもいました。

学校の終業式のあと、
26日からは、冬期講習が始まりました。

あっという間の5日間でしたね。

皆、各々の学習に没頭してくれていました。

本日は、早くも
大晦日ですね。

あと何日で
クリスマス
と言っていた生徒の言葉がついこの前だったようですが、
あっという間の大晦日。

そして、大晦日が過ぎると新年、パンッパンッパンッと、3日が過ぎ、

気づけば
今年の12分の1が終わったね、と

いうのが毎年のパターンです。

私は、正社員としての仕事を20年近くしていますが、1日が3分のように感じられるほど充実しています。
特に昔の仕事は、1日1分くらいの体感でした。
今は、3分ですね。笑。
一瞬です。
このようにして、人生が送られていくのだな、と感じます。

そして、健康で仕事がある、仕事が出来るということは、幸せなことです。

皆さんにとって2017年は、どのような年でしたか?

私は、24、5年過ごした東京をあとにし、
家族の希望の通り、
北海道へ引っ越しました。
そして、ご縁があり、恵庭市に教室を開かせて頂きました。

実は、オープンさせて頂きまして、
ご紹介を含め、
100軒を超えるお問い合わせを戴きました。

ご紹介をして下さった生徒の保護者の方々、生徒の皆、ありがとうございます。

引き続き、学習空間恵庭教室を宜しくお願い致します。

また、ご案内が出来なかった多くの方々にお詫び申し上げます。
ご案内が出来ず、申し訳ありませんでした。

毎年1月、2月は、卒業生も少しずつ出てきます。

ご案内が出来る可能性が高いですので、ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

日々、講師が生徒の皆に負けることなく、いかにすればより良い指導が出来るかを追求し、探究し続けていきます。

更なる成長をしていきますので、今後とも宜しくお願い致します。

それでは、

皆様、よいお年を迎え下さい。

on the road 2017.12.30

北海道の塾なら個別指導の学習空間

@環境のせいにする人間は、まだまだっすね。何でも自分です。自分が変われば、人が変わる。過去と人は変えられない。自分が変わるしかありません。スマイルは幸せを運ぶ。

北海道札幌エリアと北海道新千歳エリア

☆★個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室の沖村です★☆

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

もうすぐ、クリスマスですね。

幼い頃から、クリスマスは、夢でした。

サンタさんは、偉大でした。

幼い頃の救いは、サンタさんでした。

しかし、皆さん、サンタさんは、

日頃の行いが良い子にしか来ません。

日々、努力をしている子にサンタさんが来ます。

それを信じて、日々、自分なりに、

頑張っていきましょう!!(^^)!

さてさて、

12月22日の夜より、北海道札幌エリアと北海道新千歳エリアの合同会議を行いました。

私たち講師のレベルアップとして、有意義な時間でした。

『生徒を育てるためにはどうすべきか?』

『生徒への指導は、いかにすれば今までよりも良くなるか?』

等等、話し合いました。

とても良い話し合いでした。

特に『人生に関して』のネタには、皆が真剣に考えていました。

生徒の人生

講師の人生

話しても話してもゴールがありませんでした。

今後も、学習空間の講師として、さらにステップアップをして、

生徒一人一人に還元できるようにします。

歳もあり笑 

私たち講師は、現役時代から時間が経っていますので、

何でも即答で回答できないこともあるかもしれません。

しかし、目の前の生徒を想う気持ちは誰にも負けませんので、

私たちと出会ってくれた生徒には、恩返しを必ず致します。

日々、何も言わず、ついてきてくれる生徒の皆が

少しでも変われるように、5年後10年後20年後に

少しでも+になっていられるように

講師一同、全力でサポートをさせて頂きます。

引き続き、世界一、生徒を想うナンバーワンの塾

学習空間を

宜しくお願い致します。

on the road 2017.12.23

北海道の塾なら個別指導の学習空間

@環境のせいにする人間は、まだまだっすね。何でも自分です。自分が変われば、人が変わる。過去と人は変えられない。自分が変わるしかありません。

2017年冬 無料体験予約ありがとうございます。 恵庭教室 引き続き満員御礼

☆★個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室の沖村です★☆

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

最近、帰宅する際の気温が、マイナス14℃です。

昔からよくスキーやスノーボードを行ってきたのですが、

マイナス14℃は経験したことがあるようなないような・・・

辛いものは、突き進むと、辛いが痛いに変わります。

同じように、マイナス14度は、痛いです・・・

家に帰る前に車を動かすまでに時間がかかり

帰宅すると、またまた駐車場に入れず、時間がかかり・・・

必要なければ、なるべく省エネで無駄を省き、別のことに時間を使いたい私は、

雪かきという作業を、どうしてもやらなければならない場合以外はしません・・・

ああ、道民の方に怒られてしまううううう・・・

これからが本格的な冬。

昔は、スキーにスノーボードに

雪が降っても釣りに行き、東京湾で雪や雨を食らいながら釣りに没頭していましたが、

あの気力は何だったのだろうかと思ってしまいます。

歳のせいにはしたくはないのですが、

昨シーズン、群馬と長野へスノボーへ行った際に、

これやべーーーーーーー

と身体が悲鳴を上げたのがわかりました。

手足が、発熱機能つきだったのですが、

凍えて凍死しかけました・・・

おおおおお~

さびいいい~~~という。

って、何の話でしょうか?

うん、寒いね~という話です。

先日、学習空間の先生たちと千葉へ行ってきました。

また、話します。多分。

ついでに親元の東京へも行きました。

寒くない・・・

変な感覚でした。

そういえば、先日に、家族で、

札幌は今日2度だって。

暖かいわけだね~。

という会話。

いや、2度って寒いでしょ。

感覚が狂ってきているのかしら。

on the road 2017.12.1

北海道の塾なら個別指導の学習空間

@何か新しいことに挑戦をして新しいことを発見したら成長。人間だもの、成長を止めないで。

諺、故事成語、習うより慣れろ マイナス8℃

☆★個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室の沖村です★☆

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

最近、帰宅する際の気温が、マイナス8℃です。

昔からよくスキーやスノーボードを行ってきたのですが、

スキー場でもせいぜい3度からマイナス5度の間でした。

マイナス8℃・・・

スノーボードのホットワックスは、スキー場にあわせて

適正な温度のものを選ぶのですが、

そういえばマイナス10℃レベルのものがあったような・・・

教室では、ストーブとエアコンを併用したり、

加湿器つきの空気清浄機を用意したりしています。

配置の都合もあり、席によっては、寒い暑い等あると思います。

生徒の皆さん、寒い暑いは相談してくださいね。

出来る範囲で調整してみますので。

体調不良の方が出てきています。

お互いに体調管理に注意していきましょう。

on the road 2017.11.30

北海道の塾なら個別指導の学習空間

@うまくなりたい→練習するしかない。もっと出来るようになりたい→練習するしかない。
 遺伝、生まれつきのせいにしないで練習練習。

あと一カ月

個別指導塾の学習空間、新琴似・北24条東教室の清水です♪
こんばんは

最近寒くなってきましたねー
そして道路がツルツルの時のべちゃべちゃな時の差もこれまた激しい、、、
生徒も来るのが大変という子も何人かいましたね

そういえば、あと一カ月でクリスマスですね!

皆さんは誰とお過ごししますか?
家族、恋人、ペットなどなどありますが、自分は!!!

猫と一緒に家で映画鑑賞をしたいなと思います、、(笑)

でもまぁ

正直この話よりとても大切なことがあります。

かなり大切です

今日11/25日は

なんと

ななんと!!!

北24条教室の生徒の誕生日です!!!!!!!

おめでとう~♪ \(^o^)/

小学5年生のS君ですね

毎回一生懸命勉強を頑張って本当に偉いです!
もう少しで小学6年生になりますが、今後も下級生の子たちの良いお手本になって下さい(*^_^*)

P.S
本人に「何貰ったの?」と聞いたら、人に言えないものと言ってました
あ~教室の色を教室長はしっかり出してるな~とおもいました(*^_^*)

札幌の塾なら個別指導の学習空間

生徒になったで

☆★個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室の沖村です★☆

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

恵庭教室では、テスト期間真っ最中。

今回のテーマは、

『生徒になったで~』

です。

皆さんは、先日の花岡先生のブログを読まれましたか?

わたしは、せやせやせや!!

何だか共感をしながら、昔懐かしい郷愁を感じました。

そうです、教習についてですね。

そうです、免許の更新です。

花岡先生同様、私も久々に免許の更新に行きました。

講習があるのですが、(優良講習は30分、一般講習は1時間、違反者講習は2時間です)

そこで久々に?と言ってもそんなに久々でもないのですが、

生徒になりました。

良いですね~。

私は、教壇に立つ先生の気持ちもわかるので、

勿論、積極的に参加しました。
もちろん、手を挙げる場面もありました。

始まる前は、宜しくお願いします!と挨拶から。

はっきり言って、常識ですよね。

何も無い方~

おかしいでしょ。

ダメね。人間として。

そして、筆記用具は前にありますよ~とのことで

鉛筆をお借りしました。

当然、ありがとうございます!

です。

その後、プリントを配布して下さいました。

横から回ってきたのですが、当然、横の方へ

ありがとうございます~です。

講習は、しっかりと聴き、メモメモメモ。

メモは、とるでしょう。そして、講師の方の目をみて

共感したときは、うなづいて、相槌を打ちます。

これまた、当然でしょう。

終わったあとは、ありがとうございました。

で、締めくくられました。

これまた、当然ですよね。

私は、良い生徒を演じた訳ではなく、当然のことを行いました。

そして、生徒として、とても気持ちが良かったです。

いくつか質問をしたかったのですが、タイミングがありませんでした。

講師の方は、定年間近で、次回、皆さんにお会いすることはないでしょう。

をおっしゃっていました。

一期一会だな、と思いました。

北海道警察の一員として、長年活躍されて、貴重な体験談を

講習内で伺いました。大変、勉強になりました。

その講師の方に、講習後にたまたまお手洗いで会いました。

千載一遇のチャンス!!

こうなるんだよな、と自分と話していました。笑。

質問をしようとしたのですが、積極的な私ですが、

やめておこう、とさりげなく手を洗いあとにしようとしました。

すると、講師の方は、『お、お疲れ様~』と

声をかけて下さいました。

やっぱりご縁かな、と質問させて頂きました。

二つの質問から数分にわたる会話が出来ました。

こちらもあまり時間がなく、長くなっては嫌だなと思っていたのですが、

そのあたりも、うまく講師の方は空気を読まれていました。笑

さすが。笑

会話が何となく、途切れそうな時に、

本日はありがとうございました。

と挨拶をしました。講師の方も、こちらこそ、帰りも安全にお願いしますね、と

その場を見送って下さいました。(講師の方は、入念に手を洗っておられました。笑)

何だかとても良い免許更新が出来ました。

生徒にもなれたし、一期一会の素敵な講師の方にも会えたし。
(定年近くのおじさん先生です。笑)

先生がいて、生徒がいる。

昔から、あることですが、

何にしても、学ぶということ、人の貴重な話を聴けるということは、

幸せなことだと思います。

on the road 2017.11.12

北海道の塾なら個別指導の学習空間

@自分自身の行動や言動が、自ずと周りを変えていく。過去と人は、変えられない。

伝える続けるということ

☆★個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室の沖村です★☆

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

恵庭教室では、エアコン以外に、ストーブも入れました。

更に冬対策をしていきます。

今回のテーマは、

『何度も何度も

繰り返して
言います。』

です。

失敗例
成功例

たくさん知っている私たちだからこそ、

言えることがあります。

事例もたくさんあります。
その生徒さんにすべてが
当てはまるとは限りませんが。

何をやれば成績が上がるのか、
各科目の単元が出来るようになるのか、
学習習慣が身に付くのか、伝えています。

少なからず
たくさんのノウハウが
学習空間にはあります。

残念ながら、

自己流に

走ろうとする生徒さんもいます。
(成長をしてきて、成績も上がってきて、勉強を共有出来るようになった生徒さんは別です。良い自己流と悪い自己流があります。)

ご家庭の方針もあるのもわかります。

生徒さんに
ノウハウやカリキュラムを薦めて教えていく中で、
先にある大穴の注意喚起に耳を傾けず、
大穴に落ちてしまい、怪我をして痛い痛いという方がいます。(これはあくまでも例え話です。)

大穴に落ちるぞ、失敗するぞ、気を付けな、こうしてみようよ、等と
アトバイスをしてきたにも関わらず、
大穴に落ち、痛がります。
先生、失敗した、先生たちの言った通りだった

後悔の話も聞きます。

当然、そりゃそうだ、だから言ったよね?となります。反対に、
もっと厳しく言えば良かったかな?ごめんね、という発言にもつながります。

保護者の方、大人の方に、言われていたけど

失敗した、という子は多いです。

一度はそんな経験がある
という生徒さんがたくさんいます。

いつ、わかるのでしょうか。

受験に失敗してからでしょうか?
勉強をしていて気付くのでしょうか?
大人になってからでしょうか?
小学生ならば、中学生になったら?
中学生ならば、高校生になったら?

なるべく早くに
気づかせてあげることも私たちの役目だと
信じてやみません。

病気になった、
病気になりそうだ、
検査をする、
何とかしたい、
薬を処方して欲しい、
手術をして欲しい、
等々

患者さんが病院に行き、
医師のアドバイスをきいたり、
医師からの治療を受けたりするのに
似ている面があると
つくづく思います。

一人でも
勉強に困っている生徒さんを救えるように

言い続けます。

on the road 2017.11.11

北海道の塾なら個別指導の学習空間

@人生において、人のアドバイスに耳を傾けないほど愚かなことはない

積み重ねの教科

☆★個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室の沖村です★☆

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

気温差が非常に激しく、最近では一日のそれが16度もあったことがありました。

風邪をひいていませんか?

体調管理には気をつけていきたいですね。

恵庭教室では、

送り迎えをして頂いている保護者の方も多くいらっしゃいます。

日々の送迎を本当にありがとうございます。

また、遅くなってしまうこともあり、申し訳ありません。

講師も生徒さん以上に、日々の成長を忘れず、様々な面を磨いていき、

よりよい指導が出来るように致します。

さて、最近、印象的だった生徒さんたちのお話です。
(これまた学習空間あるあるなのですが。)

一人だけではないのですが、

確認テストをいくつか採点をしていて気づきました。

夏から勉強をしてきて、ものすごく成長をしたな、と

感じました。

オープンして3か月、

徐々に変化が起きてくる生徒さんが多くなってくる時期です。

その生徒さんたちですが、

今学習している単元を非常に理解していました。

しかし、点数に換算すると、決して高くはありません。

なぜなら、

『たったの一か所の間違いで、その問題自体が×になってしまう』

からです。

間違いをしているのは、たったの1か所です。

各問題、たったの1か所間違いを一問、二問、三問と繰り返し、

その結果、総合点数はそんなに高くならない、そのような状況です。

つまり、出来るようになっている、理解している、

それは採点をしている私にはわかりますが、

完全な正解にまではなっていないということです。

これでは、意味がないといわれるでしょう。

結果だけみたら、ああ、ダメだね、と普通は思われるかもしれません。

『点数』という結果だけみると、実際に取れていなければ、何も変わっていない、

と思われるかもしれません。

しかし、中身をよくみてみると、間違いをしてしまっている箇所は、

小学生の範囲、もしくは、中学1、2年生の範囲でした。

中学3年生で多いのは、このパターンです。
(中学2年生や高校生たちにも言えますが)

成長は、しています。

出来るようになっています。

しかし、点数に換算すると、そこまで点数にはなっていない。

結果になっていない。(表面上は)

なぜこのような現象が起きるのか?

簡単です。

『初めて、塾に通い始めてから、本格的に本当の勉強をしているから』

です。

現在の単元は本当に理解しているな、採点をしていて出来るようになっているな、

というのが

非常に伝わります。

間違いの原因を作ってしまう小学生の範囲や中学生の初期の範囲を

その生徒さんたちは、現在、トレーニングしています。

それさえできれば、その問題は、『完全な正解』になります。

そして、それが積み重なり、1点、1点、と増えていきます。

『表面上の結果だけ』見ず、

『成長している部分、出来るようになった部分』なども

褒めて、認めてあげて

引き続き、講師側が諦めず(講師が諦めたらあかん)

指導をしていきます。

on the road 2017.10.29

北海道の塾なら個別指導の学習空間

@きれいごとでもよい、結果がすべてではない。小さな成長を認めてあげる気持ちが人を大きくする。
試合に負けたとしても、どのような負け方をしたか?試合に対してどのように挑んだのか?が大切。