個別指導

いざ!

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室の渡邉です(^o^)丿

いよいよですね、
センター試験。
これまでに培ってきた力を
十分に発揮してきて下さい。
当日に困ったことといえば、
いつもより早起き、
いつもより周りが気になる、
いつもとは違う場所、
いつもとは違う心境、
いつもとは…。
でも、
もうやるしかない!
その強い心で
希望をかなえて欲しいと思います。

高校1,2年生に言えることは、
それらの
「いつもより」「いつもとは」を
来年、再来年に向けて
どれだけ想定できるか、
この時期に体感しておくと良いでしょう。
人間は習慣に強いので、
生活リズムが整うと、
色々と前向きにできるはずです。
目覚ましもいりませんよね。
時間をかけて、
本番に向けて調整しておきましょう。
「いつも通り」に変えてみて下さい。

センター試験に関して言えることは、
現行の試験としては最後。
来年度からの方針は
早めに出して頂きたい。
感覚として
高校入学と同時に
受験生活が始まっている!
そう捉えていましたからね。
もう対策しているはずの
高校1,2年生を安心させて欲しい、
それが願いです。

本番を目の前にして
「やれることはやった!」
そう自信をもっていたい。
そのためにも
今からやれることをやる!
自分との対話を大切にして、
100%以上の力を発揮しましょう!

on the road 2020/01/17

旭川の塾なら個別指導の学習空間

頑張れ

◆個別指導の学習空間 新琴似教室・あいの里教室の関根です◆

年も明けて、冬期講習も終了となりましてた。

皆さんお疲れ様でした。

と言っているのも束の間、受験生はここからが更に大詰め!

なかなか休まる時がありませんね。

最後まで走り抜きましょう!

下級生も学年末テストの準備をしつつ、

次の学年の意識もしていきましょう。

最後の学期、頑張っていきましょう!

私も昨年は申し訳ないことにこの時期でダウンしてしまったので、

今年は体調管理もしっかりして最後まで皆と一緒に頑張っていきます!!

昨年、私の妹に子供が生まれました。

しかし、腸の機能が発達していない病気をもって生まれ、

まだ生まれて間もないので

機能していない部分を取り除く手術も出来ないでいました。

先日、ようやく身体も大きくなって体重も増えてきたので、

手術日が決まったと連絡が来ました。

1月28日。

私の父の誕生日と同じ日です。

これも何かの縁でしょうか。

うまくいってくれる事を心から祈ります。

頑張れ。

2020

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室の渡邉です(^o^)丿

新年あけましておめでとうございます。
最近の話題といえば年賀状ですかね。
何度見返してみても楽しいものです。
誰かと時を経ても繋がっている、
その実感があります。
子どもたちが小学生の時は
家族5人で撮った写真が中心でした。
さすがに中高生ともなると、
親の顔より
子どもたちだけの写真になります。

今回の写真付き年賀状は
夏の札幌旅行から選びました。
これまでは
「年賀状用撮影会」
まで行っていましたが、
忙しくなる毎日の中、
気が付けば撮っていなかった…
そんな感じでした。
スマホに残っている写真も
かなり少なくなりましたね。
動画はあります。
野球の。
もちろん指導用です。
バッティングフォームチェック、
スローイングチェック、
思い出というより、
これからの活躍を期待して
父親からのコーチングです。

年賀状の中には
20年あっていない友人もいました。
「大学卒業して20年」
スキーの合宿で仲良くなりました。
それ以来年賀状のみのお付き合い。
でもつながりを感じさせてくれます。
この感覚を大事にしていきたい、
そう思っています。
会って
飲みにでも行ったら
会えていなかった時間が
一瞬で吹き飛ぶような気がします。
「最近飲んだよね!」
そんな会話になることでしょう。

年賀状という文化を
大切にしていきます。
皆様の年賀状にも
素晴らしい思い出があることでしょう。

on the road 2020.1.5.

旭川の塾なら個別指導の学習空間

10年

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室の渡邉です(^o^)丿

12月16日
息子の誕生日でした。
3人子どもがいるので
それぞれの誕生日には
それぞれの思い出があります。
でも
この12月16日には
不思議な感情がありました。

教員時代、
朝や帰りのHR、
授業の始めや終わり、
何かしら話をしていました。
瞬間的に出てくるネタ、
例えば
その教室に来るまでに起きたこと、
職員室でのちょっとした話題、
掲示物や教室の清掃状況から
ふと浮かんできたこと、
そんな日常会話もありました。
また、
少し時間を割いて
しっかりと考えて話す内容、
もちろんそんな話もありました。
12月16日は後者の一つでした。

平成26年12月16日
息子の10歳の誕生日なので
何か伝えたいと考えていました。
そこで思いついたのが
「10年」です。
「10年前はさぁ…」
「10年後ってさぁ…」
その思い付きから調べてみました。

「10年前は生まれた日」
埼玉で仕事をしていた私に
旭川の祖母(妻の母)から
電話連絡が入りました。
「無事に生まれたよ!」
それはもう感動ですね!!
その親の想い、
それを生徒に伝えました。
それと10年のあっという間の流れ、
だからこそ時間を大切に、
それも伝えたい一つでした。

「さらにその10年前」
平成6年12月16日
目の前の子どもたちは
もちろんこの世の中にいません。
「じゃあ先生は?」
高校3年生!そう受験生!
北海道教育大学旭川校合格通知書
その日付けが記されていました。
高校3年生だったあの日
10年後に2人目が産まれる、
そんな予想はできませんでした。
この10年で父親らしくなったのか、
そんな自信もありません。
でも時の流れとともに
何かしら成長した気はします。
こうやって少しずつ
人間って成長していくんだね。
じゃあこれからの10年、
どうやって過ごしていきたい?
10年後にこの10年を語ってみよう!
そう生徒に語った記憶があります。

令和元年(平成31年)12月16日
あのHRの日から半分の5年です。
北海道の旭川にいる…!?
さらに5年で10年。
その日を楽しみにしています!

皆さんの10年には
どんな想いがつまっていますか。

on the road 2019.12.20

旭川の塾なら個別指導の学習空間

☆一日一生☆

★☆個別指導塾の学習空間、札幌富丘・札幌前田教室の花岡です☆★

いよいよ2019年も残りわずかとなりましたね。

毎年12月になると思うことですが1年の早いこと早いこと。

まあそれだけ充実した日々を送れていたということでしょうか。

でもその月日の中で自分はどう成長できたかが気になります。

ですのでこの時期はゆっくりと1年を振り返る時間を設けて、また新たな目標を設定したいと思っています。

よく学校でもやりますよね、学活の時間等に。

皆さんもその時間を大切にしてみてください。

きっと学生の頃の1年間というのは、私たち社会人とは比べ物にならない速さでいろいろなことが過ぎ去っていくような気がします。

この春に中学や高校に進学した生徒が、来年には2年生として自分の進路について本格的に考え出さなければなりません。

そしてもう来年には受験を迎え、新たなステージへと一歩を踏み出していくわけです。

中学・高校の3年間なんてほんとあっという間ですよね。

そんな貴重な1日1日を大事にするということはなかなかむつかしいですが、それでも意識するとしないでは大きく違ってくると思います。

先日、日本ハムファイターズ監督の栗山英樹さんが書かれた「栗山ノート」という本を読みましたが、そこに「一日一生」というような言葉がありました。

読んで字のごとく、「一日を一生のつもりで一生懸命生きる」という意味です。

調べてみると、


① 一日は一生を短縮したものであり、一生は、その一日の積み重ねできている。だから、一日を大切に生きることが一生を大切に生きることにつながる。


② 今日と、明日は違う日であるように、決して同じ日はないのだから一日を一生のように大切に生きなさい。


③ 一日は貴い一生である。だから、これを空費してはならない。

そんなことが書かれていました。

ですよね、1日1日を大切にできないと人生を大切にできないですよね。わかってはいるのですがね。

私も、ついつい今やらなければならないことより今したいことを優先してしまうことがあります。

でもその浪費した時間というのは戻ってきませんよね。

勉強しなきゃ。

でもスマホが気になる。

早く寝なきゃ。

でも面白い深夜番組が。

そういった誘惑に打ち勝ってこそ1日1日を大事にできるのでしょうね。

わかっているんですよね、みんな。

そういったことを強い意志でやり抜ける人間になりたいと私も思っています。

そんなことを考えながらブログを書いています。

学習空間のことで言えば、

明日からはいよいよ保護者面談が始まります。

そして、面談が終わって1週間もすると冬期講習が始まります。

年が明ければ高校生はセンター試験。

中学生も受験まで60日を切っていくわけです。

先のこと考えると忙しくていやになりますね笑。

だからこそ地に足をつけて1日1日を大切に進んでいきたいと思います!!

一緒に頑張りましょう!!!

On the road 2019.12.12

@もういくつ寝るとお正月♪

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

完璧って壁(かべ)じゃないの?

個別指導塾 学習空間 北海道新千歳エリア 恵庭教室・千歳教室の辻森です。

題名の通り、完璧の「璧」って、壁(かべ)だと思っていた人いませんか?

いやいや、そんなの知っていましたよ!っていう人、そもそも「璧」って何なんだろうって思いませんか?

ここから中国の古いお話です。秦の始皇帝のもう少し前の時代、すでに秦は最強に近い国でした。秦は、その近隣の趙という国に対して、趙の宝物「和氏の璧(かしのへき)」と自国の城15個を交換しようじゃないか?という話を持ち掛けました。〈ちなみに璧とは、真ん中に穴の開いた美しい輪の形の玉のことです〉

ここで困ったのが趙の国。15の城と言えば小さな国1つにもなるほどのもの。宝物とは言え「璧」と交換なんてあまりに好条件な話のため、疑心暗鬼になっていたのです。それもそのはずで、秦はいつも侵略のタイミングをうかがっている強国。信用することもできず、かと言ってこんないい話を断ったら、それこそ秦を怒らせ、侵略の口実を与えることにもなりかねないと。

この難題に取り組み、使者として秦に行ったのが、藺相如(りん しょうじょ)という人でした。実は、秦には城を渡すつもりがなかったのです。つまり、この
藺相如という人は、良くて宝物の璧を渡すことになる。おそらくは、宝物を奪われ殺されることになるはずでした。

しかし、藺相如は胆力と知恵だけを武器に、強国秦に一歩も退かずに璧を守り通し、趙の面子も保ったのです。(詳細は長くなるので省略します)これが、「璧」を完う(まっとう)したということになり、完璧という言葉になったのです。

なんせ趙の国では、藺相如の遺体を国葬で迎えようと準備していたくらいなので、どれほどの難題であったかがわかります。

少しでも疑問に思ったことを調べてみると、意外と面白い話が隠れていたりしますよね。わたくし自身も、まだまだ知識のつながりを求めていかなければなりません。

北海道の塾なら個別指導の学習空間

Good Morning

皆様、おはようございます。
個別指導塾の学習空間、旭川東光教室の渡邉です(^o^)丿

朝です。
2019.12.7 9:37
ブログを書き始めます。
いつもは夕方でしたが、
早起きした日は
朝活動したくなりますよね。
平日だとフツーの時間ですけど(笑)

土日の朝は道路も空いています。
スキー部時代もそうでした。
昼間の交通量とは大違い。
朝から動いてよかった!
そう思える時ですね。
朝の雪かきもそう感じます。
寒さは身に沁みますが、
この旭川の粉雪は
何となく気持ちを和らげてくれ、
身体も温まっていきます。

子どもたちが野球を始めた時、
ある約束をしました。
朝練習しようね。
まだ幼稚園児でしたけど、
やるならとことん。
可能性を広げてあげたい。
走って
体操して
素振りして
ティーバッティング
結構本格的でした!
お父さんの趣味…
そうとも言いますかね?!
貴重な7年間でした。

Good Morning!
良い朝を!
いい言葉だと思います。
良い朝の為には
良い睡眠を。
良い睡眠の為には
良い夜の習慣を。
さかのぼっていくと
全てつながっていきます。
今日の次の一歩が
良い朝に
つながっていきますように!

on the road 2019.12.7 10:00

旭川の塾なら個別指導の学習空間

もう12月

個別指導の学習空間札幌太平教室・札幌前田教室の今村です。

早いものでもう12月ですね。札幌も急に冬景色になりましたね。

残り1カ月で今年も終わりますが皆さん2019年やりのことしたことはありませんか?

やり残しがあるともやもやしますから、残り1カ月ありますので、今年やるべきことは今年でやりきって2020年を気持ちよく迎えましょうね!

12月は冬期講習もスタートしますし、札幌の熱い冬の始まりですね!

2019年残り1カ月を全力で突っ走りましょう!

では、また!

札幌の塾なら個別指導の学習空間

サラダ記念日

◆個別指導の学習空間 新琴似教室・あいの里教室の関根です◆

映画「男はつらいよ 第40作 寅次郎サラダ記念日」の一幕です。

満男 「おじさん質問してもいいか?」

寅 「あんまり難しい事はきくなよ。」

満男 「大学へ行くのは何のためかな?」

寅 「きまってるでしょう。これは勉強するためです。」

満男 「じゃあ何のために勉強するのかなぁ?」

寅 「んー?そういう難しい事をきくなって言ったろう?

つまりー、あれだよ、ほら、 人間、ながぁーい間生きてれば、 いろんな事にぶつかるだろ、なぁ?

そんな時に、俺みてぇに勉強していないヤツは、

この振ったサイコロで出た目で決めるとか、

その時の気分で決めるよりしょうがないんだよ、な?

ところが勉強したヤツは、 自分の頭できちぃーんと筋道を立てて、

はて、こういう時はどうしたらいいかなと考えることが出来るんだ。

だからみんな大学行くんじゃねぇか、そうだろう?

久しぶりにきちんとした事考えたら頭痛くなっちゃった。」

寅さんシリーズではよくあるシーンですが、 甥っ子の満男が寅さんに人生問答をする場面です。

難しい事は一つも言っていませんが、実に真理をついていると思いませんか?

別に大学に進学しなくても全然いいですが、

何かあった時に自分の頭できちぃーんと筋道を立てて考えられる人になりたいですよね!

そのために今を大切にしていきましょう!

それでは、また。

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室の渡邉です(^o^)丿

旭川にパウダースノー!
その季節がやってきましたね!
どうしてこんなに
ワクワクするのでしょう?
(私だけかな…)
子どもの頃から
雪を見るとそんな感覚でした。

未だに覚えています。
幼稚園児の頃
30数年前のあの頃
園庭に雪が降ってきました。
ボーっと眺めていました。
それをいつも思い出します。
雪が降ってきて
空を見上げるたびに
その瞬間が蘇ります。
埼玉の春日部の幼稚園ですけどね。
パウダースノーとは程遠い、
湿り気の多い雪でしたけど、
その雪の景色はいつも同じです。

小学生の頃から
冬はスキーに行きました。
雪質は全然違いますが、
白い雪の景色は同じです。
リフトから空を見上げると、
やはりあの景色と同じ、
あの瞬間が蘇ります。
中学、高校と成長しても
あの感覚は同じでした。

大学生から旭川に住んでいます。
半年も雪に閉ざされますが、
私はいつもワクワク。
寮の窓から眺める景色も
やはりあの景色と同じ、
それを再確認できました。
スキー部に所属していたので
年間100日スキーをしてました。
日々雪の中!
幸せでしたね!
雪が降ってくると
必ず空を見上げます。
あの景色!

指導後に教室を出ると
一面が雪!
そんな時は気が付くと
なぜか走っています?!
今週はほとんど走りました(笑)
ニュースで見る雪マークに
なぜか微笑んでしまいます。
この季節を楽しみます!!

on the road 2019.11.23

旭川の塾なら個別指導の学習空間