2020年 1月 の投稿一覧

1月は行く

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室の渡邉です(^o^)丿

月日の流れはあっという間ですね。
何度も感じます。
特にこの季節、
2020年が始まった!
と思ったら、
もう1月も終わりです。
この1か月で何ができましたか?

受験生にとっては
慌ただしい毎日でしたね。
でも教室の生徒たちは
じっくりと落ち着いて
「今何をすべきか?」
それをよく考えて取り組んでいました。
苦手な教科は何か?
どう克服したらいいか?
得意な教科はあと何点とれるか?
それらはどれも
日々の積み重ねで変えていけます!

どうしよう…。
不安で立ち止まるより、
これを続けていこう!
これまでに培った習慣を
コツコツ積み重ねた方が良い、
そう考えています。
そう考えていたから
夏休みからの受験対策が
ここで花開こうとしています。
無理に開かせる必要はありません。
あと少し我慢し続け、
ゆっくりと花開く瞬間を
楽しみにしています!

子どもたちの成長、
それが親の楽しみですね。
「1月は行く」
1月はもう行ってしまいます。
が、まだ時間はあります。
「2月は逃げる」
それも知っています。
知っているからこそ、
時間を大切にしよう!
習慣を大切にしよう!
また一歩前進しよう!

on the road 2020.1.30

旭川の塾なら個別指導の学習空間

☆いつやるの?今でしょ!☆

★☆個別指導塾の学習空間、札幌富丘・札幌前田教室の花岡です☆★

毎週2回エリアの講師たちが集まって受験情報や指導方針の共有、個々のスキルアップを目的に会議を行っています。

その会議の際に各講師が持ち回りで司会を担当し、その講師には1分間スピーチを行ってもらっています。

先日の会議の士会担当は関根先生でしたが、その1分間スピーチの内容がとても強く頭に残ったのでこの場で紹介させて頂きたいと思います。

☆☆☆

今やテレビで見ない日は無いほどの人気者である予備校講師の林修先生を皆さんも良く知っていると思います。

その先生がこんなことを話していたというのです。

「残り受験まで1カ月と言う状況で、受験生は大きく4つのパターンに大別されます。1つ目は『完璧に力を出し切って合格した人』、これはいい。

次に2つ目は『完璧にチカラを出し切っただけど落ちた人』。これは何で落ちたかというとこのひと月の過ごし方を間違っていなかったけれども、受かるまでの準備がたりなかった。これは別に問題ない。

そして問題なのは3つ目、『このひと月踏ん張りがきかなかったな、と思いつつもう受かってしまった人』。これがまずいとのこと。つまり俺はここが勝負どころだと思いつつ、たったひと月も踏ん張れない人間だという思いを抱えてこれから生きていくことになるというのがその理由のようです。

だったらむしろ、最後の4つ目、『ひと月頑張れないで落ちた人』。このほうがいいと林先生は話したそうです。

なぜなら、そこでもう一回出直して、今度はひと月頑張れたという自信を持って大学に行けばいい。そして、こういう経験を通じて得たものを10代のうちに自分の内部の財産にしておけば、それが生きていくうえで大きな力を与えてくれることになります。

このひと月は、それが試されるひと月です。ただ、えるかやらないかは、もちろん自由ですが。」

おおざっぱにいうとこんな感じでした。

そして、

「1日頑張れる人は1カ月頑張れる。」

「1カ月頑張れた人は1年頑張れるようになる。」

「1年頑張れた人はだいたい10年ぐらいは頑張れる。」

とも話していたようです。

☆☆☆

この前の日曜日から直前講習が始まり、高校受験をおよそ1カ月後に控えた中3生たちは残りの期間をどう過ごしていくかが今後の人生に大きな影響を与えるかもしれませんね。

自分で目標を設定してそれに向けてがむしゃらに頑張るなんてことは中学生のうちはなかなかできないもの。だからこそこの「高校入試」という関門に向けて自分自身を追い込む経験が大切ですよねと言う話で関根先生のスピーチは締めくくられました。

塾講師という教育業界で働く我々にとっては、毎年この時期が訪れます。

それぞれの生徒達が自分の目標に向かって頑張る姿に私たちもつい指導に熱が入ります。

でも同じことの繰り返しではありません。

毎年本当に多くのドラマがあります。

そりゃそうですよね。生徒たちにとっては一生に一回の「高校受験」なのですから。

今日という1日を大切に積み重ねた先に未来の自分の人生があります。

かけがえのない充実した日々を一緒に過ごしていきましょう!

On the road 2020.1.29

@倍率は倍率。やることは決まってますよね!!

札幌の塾なら個別指導の学習空間

焚き火

個別指導塾の学習空間 札幌エリア 札幌富丘教室 北41条東教室の石原です!

受験生の皆さんにとって、中々気持ちの休まらない月になってきましたね。こんな時こそ、平常心とゆとりが大切です。

昨日までの自分の取り組み、努力を信じて一緒に頑張っていきましょう。

最近焚き火の動画を見る(聞く?でしょうか・・・)事がお気に入りです。火の揺らめきや、木がパチパチと燃える音がリラックスできて、何か作業をする時に流しています。

このような聴覚や視覚によって生じる反応をASMRと言うそうです。検索すると雨の音や鳥のさえずり等ありました。お気に入りの音を見つけて、リフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

いよいよ

個別指導の学習空間札幌太平教室、札幌前田教室の今村です。

いよいよ明日センター試験ですね。

高3生のみなさんはセンター試験を皮切りに受験ロードがスタートしますね。

当日は緊張もあると思います。

いつもと違う環境で落ち着かなさもあると思います。

でも大丈夫です。

これまで積み重ねてきたことを信じましょう。

今までやれることはやってきてるはずです。あとはそれを出し切るだけです。

いい顔で月曜日会えることを願っています。

中3生たちも来週の日曜日、26日から直前講習がスタートします。

高校受験に向けてここからさらにもう1段階ギアを入れて突っ走っていきましょう!

残り僅かな期間ですがこの期間を全力でやり切れるかどうかで本番の自信も変わってきます。

あの時もっと頑張っておけばなんて後悔のないよう、1日1日ベストを尽くしていきましょう!

我々もとことんサポートします!

一緒に受験に立ち向かっていきましょうね!

札幌の塾なら個別指導の学習空間

いざ!

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室の渡邉です(^o^)丿

いよいよですね、
センター試験。
これまでに培ってきた力を
十分に発揮してきて下さい。
当日に困ったことといえば、
いつもより早起き、
いつもより周りが気になる、
いつもとは違う場所、
いつもとは違う心境、
いつもとは…。
でも、
もうやるしかない!
その強い心で
希望をかなえて欲しいと思います。

高校1,2年生に言えることは、
それらの
「いつもより」「いつもとは」を
来年、再来年に向けて
どれだけ想定できるか、
この時期に体感しておくと良いでしょう。
人間は習慣に強いので、
生活リズムが整うと、
色々と前向きにできるはずです。
目覚ましもいりませんよね。
時間をかけて、
本番に向けて調整しておきましょう。
「いつも通り」に変えてみて下さい。

センター試験に関して言えることは、
現行の試験としては最後。
来年度からの方針は
早めに出して頂きたい。
感覚として
高校入学と同時に
受験生活が始まっている!
そう捉えていましたからね。
もう対策しているはずの
高校1,2年生を安心させて欲しい、
それが願いです。

本番を目の前にして
「やれることはやった!」
そう自信をもっていたい。
そのためにも
今からやれることをやる!
自分との対話を大切にして、
100%以上の力を発揮しましょう!

on the road 2020/01/17

旭川の塾なら個別指導の学習空間

頑張れ

◆個別指導の学習空間 新琴似教室・あいの里教室の関根です◆

年も明けて、冬期講習も終了となりましてた。

皆さんお疲れ様でした。

と言っているのも束の間、受験生はここからが更に大詰め!

なかなか休まる時がありませんね。

最後まで走り抜きましょう!

下級生も学年末テストの準備をしつつ、

次の学年の意識もしていきましょう。

最後の学期、頑張っていきましょう!

私も昨年は申し訳ないことにこの時期でダウンしてしまったので、

今年は体調管理もしっかりして最後まで皆と一緒に頑張っていきます!!

昨年、私の妹に子供が生まれました。

しかし、腸の機能が発達していない病気をもって生まれ、

まだ生まれて間もないので

機能していない部分を取り除く手術も出来ないでいました。

先日、ようやく身体も大きくなって体重も増えてきたので、

手術日が決まったと連絡が来ました。

1月28日。

私の父の誕生日と同じ日です。

これも何かの縁でしょうか。

うまくいってくれる事を心から祈ります。

頑張れ。

2020

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室の渡邉です(^o^)丿

新年あけましておめでとうございます。
最近の話題といえば年賀状ですかね。
何度見返してみても楽しいものです。
誰かと時を経ても繋がっている、
その実感があります。
子どもたちが小学生の時は
家族5人で撮った写真が中心でした。
さすがに中高生ともなると、
親の顔より
子どもたちだけの写真になります。

今回の写真付き年賀状は
夏の札幌旅行から選びました。
これまでは
「年賀状用撮影会」
まで行っていましたが、
忙しくなる毎日の中、
気が付けば撮っていなかった…
そんな感じでした。
スマホに残っている写真も
かなり少なくなりましたね。
動画はあります。
野球の。
もちろん指導用です。
バッティングフォームチェック、
スローイングチェック、
思い出というより、
これからの活躍を期待して
父親からのコーチングです。

年賀状の中には
20年あっていない友人もいました。
「大学卒業して20年」
スキーの合宿で仲良くなりました。
それ以来年賀状のみのお付き合い。
でもつながりを感じさせてくれます。
この感覚を大事にしていきたい、
そう思っています。
会って
飲みにでも行ったら
会えていなかった時間が
一瞬で吹き飛ぶような気がします。
「最近飲んだよね!」
そんな会話になることでしょう。

年賀状という文化を
大切にしていきます。
皆様の年賀状にも
素晴らしい思い出があることでしょう。

on the road 2020.1.5.

旭川の塾なら個別指導の学習空間