2019年 6月 の投稿一覧

暑かったり寒かったり

個別指導の学習空間札幌太平教室、札幌前田教室の今村です。

最近、暑くなってきたな思ったら急に肌寒くなったり。。。

皆さん、体調崩してないですか?

という私は6月上旬の日曜に風邪らしき症状がでてしまいまして。一日で回復してすぐに元気にはなったのですが、何故か咳だけがとれなくて皆さんにうつしてしまうわけにもいきませんからマスクが手放せない状況です。

こうも長引くと何事もなく健康に過ごせていた日々のありがたみを痛感しているところです。

ふとした時に何でもないことの幸せを痛感するタイミングってありますよね。

とはいえ何事もなく健康に過ごすことにこしたことはありませんので皆様も体調にはくれぐれもお気を付け下さいね。

もう少ししたら暑い熱い夏がやってきますね。

まだ、もう少し先ですが7月下旬からは夏期講習も始まります。

1学期の復習など夏にすべきことはしっかりと夏にやってしまいましょう!

では、また!

札幌の塾なら個別指導の学習空間

博士の愛した数式

◆個別指導の学習空間 新琴似教室・あいの里教室の関根です◆

先日、大学時代の友人から連絡が来ました。

彼と私は専門も性格もまるで正反対でしたが、

どういうわけか不思議と気が合い、

同じ研究室にこもっていつも一緒に勉強していました。

大学卒業後もたまに連絡を取っている同期は彼だけです。

彼は残業で遅くなり終電を逃してしまって、

仕方なく歩いて帰る時にきまって電話をかけてきます。

この日は私たちが数学を学んでいたこともあってか、

「博士の愛した数式」という映画を観たという話をしていました。

この映画は小川洋子さんの小説を映像化したもので、

私も以前に観たことがありました。

物語では当然ですが、数式や数学的用語がいくつか登場します。

例えば、この物語の本質にそれほど深く関わることではありませんが、

わりと序盤にこんな言葉が出てきます。

博士 「君の靴のサイズはいくつかね?」 

私(家政婦) 「・・・・・・24です。」

博士 「ほぉ、実に潔い数字だ。4の階乗だ。」 

4の階乗、数学の記号で表すと『 4!』です。

4!=4×3×2×1=24 と計算されます。

4の階乗とは何を意味しているかというと、

4つのものの並べ方は何通りあるかということを表しています。

そしてその計算結果は24通り。

ひとつ数を増やして5の階乗だと、5!=5×4×3×2×1=120通り。

つまり何が言いたいかというと、

世の中には辛いことや悲しいこと、困難なことは沢山あるわけで、

そうした壁にぶち当たった時に、すぐに諦めてしまわないでほしいのです。

たった4つのものを並び替えるのにも、その並べ方は24通りも存在するわけです。

5つにすると、実に120通りもの並べ方があるわけです。

ひとつやふたつ挫折したからといって、

すぐに極端な結論や、最悪な答えを出さないでほしいのです。

何か他に方法があると、よく考えてみてください。

必ずもっとマシな答えが見つかるはずです。

「博士の愛した数式」の内容とは全く関係ありませんが、

旧友との話から、ふとそんなことを思いました。

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

29歳!

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室の渡邉です(^o^)丿

29歳!
20代最後の1年です。
安心してください、
私ではありません…。
教員時代の卒業生です。
高校1年生の時、
その女の子(今は女性?)の
担任をしていました。

先日誕生日だったので
久しぶりに(1年ぶりに)
LINEを送りました。
LINEやFacebookって
すごい機能がありますよね。
偶然見つけたので送りました。
去年も結局
そのやりとりだけでしたが…(笑)

彼女たちが大学4年生の時、
何人か教育実習に来ました。
その子自身は来ませんでしたが、
懐かしくなったのでしょう。
高校1年生のクラスの
飲み会を計画してくれました!
45人クラスでしたが、
半分以上の25名も参加でした。
あっという間の大宴会でしたね、
楽しすぎて!!

宴もたけなわ…
店内が真っ暗に!
「Happy Birthday to you~♪♬」
ケーキが運ばれてきましたよ。
しかも、
私の目の前に!!!
彼女の計画でした。
6月の教育実習に来ていた生徒と
すでに打ち合わせ済みだったようです。
感謝の気持ちでいっぱいでした。

年に1回のLINEですが、
たくさんのことを思い出させてくれます。
「お誕生日おめでとう!!
 何歳になるの?」
『29歳です!
 最後の20代になってしまいました…笑』
「いいね!20代!!
 楽しんでね」
『私たちが高校1年生の1学期は、
 洋平先生29歳でしたね☆
 自分はまだまだ未熟で、
 あのときの先生と
 同じ年齢だとは思えないので、
 日々精進します!』
自分もまだまだ成長したい!
お互いにそう思えた1日でした。
また来年も楽しみにしてるね!!
ありがとう。

on the road 2019.6.17

旭川の塾なら個別指導の学習空間

社会の教科書

札幌の個別指導塾の学習空間、北41条東教室・あいの里教室の尾造です!

以前このブログで国語の教科書の内容について触れましたが、

今回は社会科についてです。

私は社会科の中では、地理が特に好きです。

ただ、地理好きではありますが、大学で学んだことのうちの1つに、

『社会科の科目はもともとは1つの学問。学校で勉強しやすくする為に地理、歴史、公民などと分けられているだけ』

という考え方があり、とても興味をもちました。

一言で言いますと、「地理も歴史も公民も、互いが密接に関係しあって成り立っている」ということです。

本来は、切っても切り離せない大きな学問分野なのです。

例えば、

太古の時代は陸続きだった大陸が、やがて海に囲まれ日本列島が形成されます。

日本は島国であったがゆえに、海を渡って諸外国と外交を行います。

諸外国と物理的に近い距離にあった九州北部は、特に海外からの影響を色濃く受け、現代でも街並みや文化に表れています。

島国であったがゆえに、昔から今でも(ほぼ)単一民族国家であり続けています。

それに対し、中国などは陸続きで他国と隣り合わせの為、いくつもの少数民族が存在します。朝鮮民族、ロシア民族、などもあります。※顔つきは完全にロシア人なのに「中国人」なのです!

(余談ですが、日本を英語でJapanと呼びますが、中国語が由来です)

また、四季の変化が豊富で火山もあり台風もあり地震や津波もあり、自然も美しく豊かであるがゆえに、「八百万の神」といって日常生活や自然環境のあらゆるものに神が宿っていると昔から考えられていました。一神教を信仰する方々とは文化的背景が異なりますね。

さらに、中国から伝来した仏教や儒教の影響を昔から強く受けている為、“和”を大切にしたり、上下関係や義理人情を美徳とする文化が根付いています。これは現代の憲法や法律にも特徴が表れていると思います。

例を挙げればきりがないほど、地理的特徴と、歴史・文化・産業・宗教などは、密接に関係しあっています。

これを学校でいっぺんに教えると誰だって混乱してしまうので、「地理」「歴史」などと分かれているだけです。

広く浅くでもかまわないので、うっすらと一通り学んだ後にこうして全体を俯瞰すると、面白い発見があるものです。

学生時代は中々気づけないですが、勉強って、面白いですよね。

長々と書きましたが、結局はそれを伝えたいだけです(笑) 生徒達にも、勉強の面白さをもっともっと伝えていきます!

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

ネタだけたまるブログ

個別指導塾 学習空間 北海道新千歳エリア 恵庭教室、千歳教室の沖村です。

お久しぶりです。久々のブログ投稿です。ネタばかりたまっていました。

いつでもUP出来る、いつでも登場する、頻繁に登場する。

これではまた同じ先生か、と思われてしまいます。

たまーに引っ込んだ方が価値も上がることでしょう。とも

考えています。笑。

さて、今回は、春にためていたブログの一つを紹介しますね。

また、どこかで昔行った3日間連続ブログ投稿や一週間毎日ブログ投稿を

行ってみますね。笑。

上記とは矛盾してしまいますが。笑。これもネタとして。

いつでもUP出来る、ネタは無限大だからこそ、1週間連続も可能なのです。

何たっていつでも自問自答をして人生を送っていますからねえ。笑。

さて、本題です。

五年、十年、二十年経つと、あのときのは何だったのだろう?と思い返すことはないだろうか?
私にはある。
その時は、ひたすら、とにかく頑張っていたなと思い出すこともあれば、何をやっていたのだろうか、さぼってしまった、逃げてしまった、という自分がいる。後々になり、振り返ると頑張っていた時の自分は輝かしい。誰かに誇るというよりかは、自分自身が自分自身へ誇れる。正直に愚直に頑張っていたことは後々の自分へすべて返ってくる。あのときに乗り越えられた。乗り越えられたのか、逃げなかったのか、それが後から影響する。ある時をきっかけに厳しい道と楽な道があったら、厳しい道を選ぶようにしてきた。しかし、それもバランスと約束はある。逃げるときは、必ず次は逃げない等の約束を自分自身にする。大抵は、逃げてよいことはない。勿論、場合により、逃げるが勝ちはなくもはいが。常に敵は自分にあり。

ほな、また(‘ω’)ノ 江波先生風

読書って・・・・

個別指導塾の学習空間、 新琴似教室・北24条東教室の清水です!

皆さんは、月に何冊本を読みますか?

3冊?

1冊?

それとも読まないという方もいますか?

実は、20代・30代のビジネスマンが一カ月に本を読むのは

平均0.26冊何です。

少ないですよね。

読書って何が大切なのと思う方もいるかもしれませんが

なぜでしょうか?

また、よく読書家は○○な人は多いなどSNSでみられるかなと思います。

もし調べたことがない場合は、調べてみてください。

有名な方ばかりです。

P.S.

ビジネス本が好きな方は、『5秒のルール』という本を読んでみてください。

きっと面白いですよ(^^)

さあ!来週だ!!

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室の渡邉です(^^)/

いよいよですね、
令和初の定期テスト!
今までの成果を発揮しましょう!!
3週間前から呼びかけ、
それぞれがワークを進めてきました。
「学習」に対する意識も意欲も
少しずつ高まってきたように思います。
日々のDC(Daily Check)にも
前向きなコメントが増えてきています。

これまでの取り組みの中で、
一人ひとりが「自信」をつけてきました。
「わかる」から「できる」へ!
これは練習によってのみ
感覚的に養われるものだと思っております。
知らなかった語句を覚え、
それが何なのか理解し、
類似問題でも解答にできる。
この流れを自分たちでつかんでいます!
生徒の中には
「授業中暇すぎる」
とまで言える余裕も出てきています。
あとは結果につなげるだけ!

この「自信から結果へ」が
永遠の課題だと思っています。
本番でミスする…よくあります。
ど忘れした…それもあります。
だからこそ、
その不安を消すためにも
さらに演習しておきましょう!
また、
教室で取り組んだ内容を
週末の家庭学習でしっかり見直す、
学校で配布されるプリント類を
きっちり仕上げていく、
授業での最重要ポイントを
ノートに書いて何度も見返す、等
それぞれがさらに工夫してみましょう!

せっかく積み上げてきたものだから、
自分たち自身で結果につなげて欲しい。
「今日はこの位でいいや」
で後悔する結果になってしまうのなら、
「完璧に仕上げておこう!」
とあと一歩踏み出す勇気を出してみよう!
教室ではここからの1週間で、
そのような話をしていきます。

子どもたちが
さらに演習する、
さらに工夫する、
その環境を整えておきます!
毎日・何時間でもとことん学習しましょう!!
保護者の皆様にも
ご理解・ご協力をお願い致します。

on the road 2019.6.6

旭川の塾なら個別指導の学習空間