2018年 12月 の投稿一覧

2018の想い

個別指導塾の学習空間、札幌富丘・北41条東教室の渡邉です!

2018年もあと12時間弱。
今年を振り返ってみると
どんな1年でしたか?
良かった事は2019年にも活かし、
悪かった事はしっかりと反省し、
「どうすべきか?」を見つけ
2019年に実践してみましょう!

今年はエースナンバー「18」を
少なからず意識していました。
エースは背中で見本を見せる!
言われる事だけを
ただこなすのではなく、
特に人の見ていない所で
自ら工夫して率先して動く!
子どもたちにも少しずつ
そんな意識をもって欲しい、
この想いは届いていたでしょうか?

今年
スキー指導員・検定員を
引退しました。
ゲレンデでのパフォーマンスの為に
筋トレや
走り込みもしてきていました。
引退しても続けたいと思います。
いつゲレンデに遊びに行っても、
最高のパフォーマンスを、
最高の背中を見せたい、
引退してもその自覚を
大切にしていきます!

これまでの野球やスキー、
そこで培った精神や
学んできた事を
次世代を担う子どもたちに
しっかりと伝えていきたい、
そう思います。
2018年も
ありがとうございました!

On the road 2018.12.31

札幌の塾なら個別指導の学習空間

2018年の大晦日

個別指導塾の学習空間、新千歳エリア、恵庭教室と千歳教室担当の沖村です。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

2018年も残すところ、あと僅かですね。

本年も学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室、千歳教室には多くの生徒さんに来てもらいました。

おかげさまで本年も両教室ともに満員です。

また、同じく学習空間、北海道札幌エリアの教室にも多くの生徒さんに来てもらいました。

誠にありがとうございます。

良く札幌エリアさんとは、交流をさせて頂いております。

講師同士の交流により、少しでも多くの生徒さんへの指導の質が上げられると信じております。

様々なケースを共有することで私たち講師の引き出しが増えます。

引き出しが増えることで、指導をする際に、如何にすればもっと生徒さんの為に尽くせるのか?へ繋がります。

2018年も学習空間の教室の生徒さんたちは、勉強を通じて自分自身に向き合えていました。

常日頃から伝えてきている生活面や人間力に関しても成長が出来た生徒さんもいました。

まだまだ生まれてから10年にも満たない生徒さんもいます。まだ15年の生徒さんもいます。

その為、生徒さんの多くは、成長途上ですね。

そして、私たち講師自身もまだまだ成長を続けていきます。

個人的には、教育、子育てには、完璧な答えがないと思っております。

長年、教育も子育ても行ってきて、そう思います。

しかし、その都度、ベストな選択をし、ベストな答えに向かっていかねばなりません。

時には、間違いもあるのかもしれません。その間違いに何年か経ってから気づくのかもしれません。

それでも、その時その時を一所懸命に尽くすことが大切であると考えます。

日進月歩、革新と歩みを止めることなく、出来ることは最大限に尽くしていきます。

今後も毎年教室が満員になり、生徒さんの為になるような教室にしていきます。

本年も、誠にお世話になりました。

来年も宜しくお願い致します。

良いお年をお迎え下さい。

On the road 2018.12.31

@ Hpの満員情報の変更に遅れが出ることがございます。申し訳ございません。
  ただ今、恵庭教室、千歳教室ともに満員です。 
  紹介の場合は、優先させて頂くことがございます。ご相談下さい。

  驕れる者久しからず(おごれるものひさしからず)
  ⇒地位・富・名声などを笠に着て威張り散らしているような者は、遠からず没落するものだ、という意味の表現。
  平家物語の冒頭にある「驕れる者久しからず ただ春の夜の夢の如し」の一文に由来する表現。   参考文献・・・実用日本語表現辞典  

札幌の塾なら個別指導の学習空間

受験生のお正月

☆個別指導塾の学習空間 北海道新千歳エリア 恵庭教室 千歳教室担当の辻森です!☆

受験生にとってお正月の過ごし方は非常に難しいところです。

センター試験を控えている人からすると、新年が明けて2週間余りしかありません。

今まで最後の追い込みとしてやってきた勉強が途切れる危険性もありますが、何よりも、気持ちがゆるんでしまうことが一番怖いです。

お正月を楽しみつつも、勉強時間をしっかりと確保し、自分の状況を見失わないようにしましょう!

良いお年を~!!

札幌の塾なら個別指導の学習空間

☆冬期講習が始まります☆

♪♯個別指導塾の学習空間、札幌富丘・札幌前田教室の花岡です♭♬

今日はクリスマスなのでそのことについて書こうかと思ってましたが、新千歳エリアの沖村先生に先を越されましたので真面目な内容にしたいと思います笑。

さて、2018年も残すところ1週間を切りましたね。毎度のことですが過ぎ去った年月を思い起こすと早いものです。

そんな年の瀬ですが、明日から冬期講習が始まります。

札幌エリアの各教室は平均24名を越す生徒が参加してくれることとなりました。一番多い教室は30名を超えます。

そんな生徒たちの参加動機はそれぞれかと思いますが、目的意識はきっと一緒ですよね。

「来年に向け、2学期や今までの学習の総復習をする!」

とくに受験生は最後の長期休みということで勝負の冬となります。

冬期講習はたったの8日間しかありませんが、目的意識をもって有意義な時間としてほしいと思います。

そもそもなぜ勉強するのか?

皆さんも1度は考えたことがあると思います。

得意なこと苦手なこと、自信のある分野不得意な分野、好きなこと嫌いなこと。

人それぞれ様々だと思います。

また、それぞれの事象についての能力も人それぞれですよね。

その人が進むべき進路もそれぞれなので、必要な知識や能力も人それぞれであると思います。

「おれは漁師になるから学校の勉強は頑張らなくていいんだ。」

「わたしは美容師になりたいから関数や方程式なんて必要ない。」

果たして本当にそうでしょうか?

だって、それぞれの進路に向かうその道程に中学校や高校の勉強があり、その向こうに自分の目指す進路があるわけです。

もしも本当に学校で学ぶ勉強が必要ないのであれば、なぜそもそも義務教育なんてものがあるのでしょう。

わたしなりに考えたその理由の1つが、

勉強を通して「やらなくてはならないことに向って努力する力」を高めること

ではないかと思うのです。

これはきっとこの先どんな道にすすむにしても共通して必要な能力であると思います。

努力するより手を抜く方がうまくいくなんてことないですよね、きっと。

苦手な勉強にも頑張って努力できる人はきっとこの先苦手なことに出会っても努力できる人になると思うのです。

そんな皆さんの人生に寄り添っていきたいと思います!!

さて、やることやって一緒にいい年の瀬を迎えましょう!!!

On the road 2018.12.25

@皆にもサンタさんは来ましたか?

札幌の塾なら個別指導の学習空間

メリークリスマス🎄

個別指導塾の学習空間、新千歳エリア、恵庭教室と千歳教室担当の沖村です。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

今年は、23日、24日と一般的には連休でした。

しかし、至る所では、働いていらっしゃる方がいますね。

交代交代で働いてらっしゃる方、いつも通りの曜日にお仕事をされている方。

私にも経験があります。お客様を相手にするサービス業でしたので、クリスマスであろうと

祝日であろうと、仕事でした。

しかし、嫌だと思ったことは一度もなく、逆にお休みの人たちの笑顔が多い日で

お手伝いをさせて頂くような気持ちでした。

仕事の後は、急いでワクワクしながら帰って食事に~等等。

子供の頃は、良い子にしていたのでしょうか?いたずらをされながらも笑

サンタさんが来てくれておりました。

夢がありましたね!

24日の24時過ぎ、25時、26時、27時とサンタさんが今も忙しく回っていることでしょう。

北海道ということもあり、外は雪景色となっており、まさにホワイトクリスマスです。

魔法のような夢のような世界にいるような方も多いのではないでしょうか。

眼で見るクリスマスの模様、耳から聴くクリスマスソング、手にとるクリスマスプレゼント、

舌で味わうクリスマス料理、楽しい話題をするクリスマストーク、色々なことを感じ取る第6感・・・

色々ですね!

皆様、メリークリスマス☆彡

さて、ブログは、以前にも打ちましたが、たくさんあります。笑。

今月に打った一つをまた紹介しましょう!

入試まで残り約2ヶ月ですね。

漸く何ヵ月何年と私たちが伝えたかったことが、受験生の皆に伝わってきたような気もしています。

日々、私たちは本当の勉強方法、根本的な勉強を伝えています。

答えは、一つではないですが、大半の講師が共通で認識をしていることがありますね。

ダメな勉強方法、ダメな学習が、やはりあります。

軌道に乗ってきて成果になってきた生徒さんでも、たまにはそれることがあります。

その際には、また軌道修正をしてあげます。

近道は、素直に聴き、正しい勉強を行うことです。

極論ですが、適当に、間違った方法で勉強をしていったとすると、

どんな講師がつこうと、どんなによい教材を使おうと、どんな塾に行こうと変わりませんし、成果は

出ないでしょう。一時的に少し良くなっても根本的な成績改善にはならないでしょう。

少しでも変わりたい、何とかしたいと考え悩んでいる生徒さん、保護者様の為に、

私たちは出来る限りのサポートをさせて頂きます。

勉強や受験は、人生において、一つのチャレンジです。

ブログ内では、話しきれませんが、なぜ勉強をするのか?受験があるのか?を含めて

私たちは、生徒の皆さんに私たちの考えを伝えていきます。

答えは、一つではないでしょう。一つでも二つでも知って貰いたいですね。

独りではありません。少しずつでも、一緒に歩んでいきましょう!

On the road 2018.12.24

@22日の土曜日に学習空間、北海道札幌エリアの先生たちと忘年会を行ってきました!仲の良い先生たちで本当に楽しく過ごせました!札幌エリアの先生方
 いつもありがとうございます!北の大地のここに、学習空間の強力なチームワークがあると信じております。
 一人一人の講師がより良い指導や教室運営が出来る様に
 私たちは、向上心を忘れず、いかにすれば生徒の皆さんに力になれるかを考え行動していきます。

札幌の塾なら個別指導の学習空間

一乗寺下がり松の決斗の結末

◆個別指導の学習空間 新琴似教室・あいの里教室の関根です◆

〈 前回までのあらすじ 〉
剣の修行のため諸国を旅した宮本武蔵は、
生涯で六十余度の仕合(決闘)においてその全てに勝利したとされています。
その武蔵が21歳のときに京(京都)へのぼり、名門吉岡道場の門を叩きます。
当主の清十郎、弟の伝七郎が相次いで倒され面目を潰された吉岡一門は、
わずか11才の少年・壬生源次郎を名目人に立てて、
弓や鉄砲も携えた七十人余人のも門弟達で遺恨試合にのぞみます。
前回の私のブログでは、武蔵がこの決闘へ向かうまでのお話をしました。
今回はこの勝負の結末を話していきたいと思います。

では・・・
決戦の舞台は京都、一乗寺下がり松。
武蔵を迎え撃つ吉岡一門は総勢73名。
大将は幼い少年、源次郎。

下がり松の地形は後ろが山で、
周りが田んぼに囲まれており、
真面に行くとなると正面の一本道しかありません。
吉岡勢は武蔵も当然この一本道を通って来るものと思っており、
前方に大勢の兵を配置して
武蔵が下がり松まで辿り着く前に勝負を終わらせるつもりでいました。

夜明け前から陣を構えて暫く経ち辺りが段々と白くなってきた頃、
突然、下がり松のある本陣から悲鳴があがりました。

武蔵は背後の山道を駆け下り、一気に幼い名目人を斬っていたのです。
その後武蔵は一目散に逃げていきました。

こうして一応の勝利をおさめた武蔵でしたが、
少年を無情にも斬り捨てたその行為に悪評が立ちます。
外道、羅刹などと罵倒されながらもじっと耐える武蔵。

「名目人であるからには一軍の大将である。
 何故それを斬って悪いか。
 そもそも責められるべきは
 年端もいかぬ少年を名代とした吉岡の方ではないのか。
 名目人を斬らずして武蔵の勝利は無かったのだ。
 我、事に於いて後悔せず…。」
そう武蔵は呟き、仏像を彫るのでした。

いやぁ・・・カッコイイですねぇ!
私は映画鑑賞が趣味で、宮本武蔵を描いた作品では
原作 吉川英治、監督 内田吐夢、主演 中村錦之助
の「宮本武蔵 5部作」がとても好きで何度も観ました。
(番外編も入れると6作品あります。)
前回は物語としては途中で切ってしまっていたので、
その後が気になる方もいるかなと思い続きを書いてみました。

ここで武蔵のとった行動の善悪は置いておいて、
目的を達成するための論理的思考には興味深いものがあります。

武蔵は天下無双の剣豪を目指していました。
そのために相手として選んだのが吉岡です。
最終的にここまでもつれるとは考えていなかったでしょうが、
武蔵の中で吉岡一門との戦いは目的達成のために避けては通れぬ道でした。
なんかワンピースのゾロみたいですね。

吉岡との最終決戦までには当然、様々な葛藤があったろうと思います。
門弟を数人斬ったところで、果たして勝利と呼べるのか?
じゃあ全員斬る?いやいや現実的に考えて無理!!
そもそも73対1なんてこと自体が無謀なんだから行かなくてよくない?
でも絶対逃げたって言われて天下無双からは遠ざかるし・・・
じゃあやっぱ源次郎を斬る?でも相手は子供だし・・・

現実的に勝利を得るためには子供を斬らざるおえないという結論に達します。
「我、事に於いて後悔せず」と言っていますが、後悔してない訳がありません。
そう言いながらも仏像彫ってるし。
その後の人生で大きな影を背負うことになるのは言うまでもありません。

しかしそれよりも、そこから生きて帰ってきた事の方がとんでもない事です。
いくら奇襲が成功しても、73対1の状況になることに変わりはありませんからね。
大将を斬っても、自分が死んでしまっては意味がありません。
そのため武蔵のとった行動は、
まず吉岡一門が陣に付く前に早々と下がり松へ到着し、裏山から全体の地形や後からやって来た吉岡の兵の配置等を観察します。
そして意を決して山から駆け下り、他には目もくれることなく名目人の子供を斬ります。
他の誰を斬ったところで勝ちにはなりませんからね。
その後すぐさま畦道を走り一目散に逃げます。
吉岡勢は稲が刈り取られた田んぼの柔らかい土壌に足を取られ、これだけの人数がいても武蔵を囲むことが出来ず、追いついても細い畦道では1対1でしか挑めません。
まさに戦略の勝利ですね。

とは言え、理屈ではそうでもとても遂行できるものではありませんが…。
そこは流石の宮本武蔵といったところでしょうか。

武蔵は「我、生涯六十余度の仕合に於いて、一度の不覚も取りしこと無し」と言っています。

目標達成のためによく考えて最善の道を選択し、それに向けてしっかりと準備をしていたことで無敗伝説が作れたのかもしれませんね。
長くなってしまいました、それではまた。

札幌の塾なら個別指導の学習空間

”雑念”を捨てることです

札幌の個別指導塾学習空間 北41条東教室・あいの里教室の尾造です!

あっという間に12月ですね!
あっという間に12月だなーと思ってたら、その12月ももう中旬ですね。
受験生の皆さんにとっては勝負の年です。
受験まであと何日ありますか?

大学入試センター試験までは、あと37日
公立高校入試までは、あと82日
です!

時間が経つのは早いですね。
こうして日数でみると、誰だってあせるものです。不安になるものです。
でも、勉強の不安を解消してくれるのは、勉強しかありません。

勉強以外のことでも、「自分はこれだけ限界まで練習した!準備した!」と
胸を張って言える状態なら、不思議とどっしりと落ち着いていられるものです。
人事を尽くして天命を待つ、というやつですね。

あと大切なことは、”雑念”を捨てることですw
もちろん皆さんは受験勉強以外にも気になること、不安なこと、ストレスを感じること、
たくさんあるかと思います。
自分もそうでした。
例えば親や友達との人間関係などで、
受験期真っ最中だというのにそっちのほうに気持ちを持っていかれることもありました。
でも、それはそれ、と、頭を切り替えるのです。
世の中の受験生には、勉強以外にも色々な問題を抱えている人がきっとたくさんいます。
でも受験は待ってはくれません。
条件は、みんな同じなのです。

これはそういう修行だと思ってw乗り越えましょう。
合格して春から新しい生活が広がることを強くイメージしましょう。
そしてどうしようもなくなったら先生たちにグチってくださいw
たぶん結論は上に書いたことと同じ話をするでしょうが、相談にはいくらでものりますw

そしてインフルエンザが流行っているようなので、うがい手洗いなどして体調には気を配りましょう!

札幌の塾なら個別指導の学習空間

愛を伝える塾

個別指導塾の学習空間、新千歳エリア、恵庭教室と千歳教室担当の沖村です。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

長くならないようにしながら、比較的長い話をしますね。笑。

ブログは、良く携帯で打ってストックしておりますが、UPは久々ですね。

時間を有効に使うということが、私の人生の一つのテーマでして、

意味もなく過ごすことを出来る限り避けております。笑。

しかしですね、例えば、一見すると意味がなさそうな瞑想をすることは、意味があるのです。

そして、遠くの景色を眺める、これまた意味があるのです。

では、無駄な時間は、何でしょうかね。

目的が何もないことでしょうか。

幼いころは、暇な頃があったかもしれませんが、

小学生頃から今までは、暇なことなぞ一度もなかったと思います。

そのため、今日は暇?や明日は暇?という質問が嫌いでした。笑。

暇なんて無いし。何かやってるし、何か予定あるし、という気持ちです。笑。

何が伝えたいのか?は、時間が出来た時は、何かしらやることがあるということですね。

そのため、人を待っているのは、とても楽しいです。

待ち上手の自覚があります。笑。

友人を2時間も3時間も待ったこともあります。しかし、その間にやることがたくさんありました。

その間、有効に時間を活用するわけです。ある意味、チャンスです。

大切なことなのかもしれませんね。結果的に、こちらも色々とやることをやるので、いくら待たされても

怒りなぞありません。自画自賛っていうんですよね。笑。

結論にもっていきましょう。今、中学二年生が学習している数学の証明と同じですね。

結論は、時間が出来たというときの行う作業の一つに、『ブログを携帯で打つ』ということがある、

ということです。笑。

さて、話は、変わりまして、

よく行くのですが、先日また温水プールに行ってきました。

すると、健康の為か運動の為か年配の方が頑張っておられました。

正直なところ、感心しました。

また、一番端のレーンでは、水泳部か水泳クラブ所属濃厚の中学生がガンガン泳いでいました。

またまた感心しました。無駄の無いフォームから繰り出されるシャープな泳ぎ。素晴らしいです。

その隣では、まだ小学校低学年だと思われる子が、お母様指導のもと練習をしていました。

あと◯本ねー、と厳しく指導をするお母様。笑。素直にきく子。他人ながら、頑張れ頑張れと応援したくなりました。

何か物事を行う、達成するには、やはりやる気は大切でしょう。

私たちは、その本人のやる気を導けるように日々指導をさせて頂いております。様々なことを試します。

ただ、目の前で学習している問題を解決するだけではなく(それだけを目的にされる方も中にはいらっしゃるかもしれませんが)、

人間的にも今まで以上に真の成長が出来るようにも、指導をさせて頂いております。

特に、中学受験や高校受験は、受かればおしまいという訳ではなく、更なる学習が待っています。
(大学受験も同じですが、高校3年生にもなれば、もう色々な意味で大人ですよね。)

ただ、学習だけを行っていける訳ではなく、勉強や受験を通じて、様々なことを学んで欲しいと考え指導しております。

挙げるときりがありませんね。例えば、試験を制限時間以内で解く、仕上げる、ということは、人生において必ず役に立ちます。

期限内に何かを達成するこということは、工夫も必要ですね。そして、集中力の高さや効率の良さ、時間配分の必要性も問われます。

試験内にある問題を自分なりに選択をしていかねばなりません。(人生の答えの一つは、選択していくということ、とも考えます)

時間が無くなってくれば、焦るでしょう。

勉強をしてこなければ、解けないでしょう。後悔をするかもしれませんし、諦めるかもしれません。それでも粘るかもしれません。

そこで、またどのような精神状態になるか、試験内で左右されるわけです。それを体験するだけでも意味はあります。

たかだか試験なのですが、試験とは、自分自身を大きく成長させてくれるチャンスの一つであります。

頻繁に学校で試験があるのは、その為でもあります。

意味がないことは、何一つありません。

学校でも塾でも、そして、家でも。自分たちの生活において、生きることにおいて、意味がないことは何一つありません。

私の教室では、勉強以外のことも教えています。

多くの生徒さんが、実は、もっともっと勉強以外のことも知りたい、話を聞きたい、と思っています。

それは、長年このような仕事をしていると、毎年痛感させられます。

人生を教える塾、それが学習空間 北海道新千歳エリア です。

On the road 2018.12.10

@間違ってしまったと気づいたら、ごめんなさい。 感謝すべきことがあったら、ありがとう。
 
 学習空間に通ってくれている生徒の皆さん、いつもたくさんの紹介をありがとう。
 また、保護者様方も、いつもたくさんのご紹介を頂きまして、ありがとうございます。 
 日々多くの生徒さんをみさせて頂けることに感謝致します。
 毎回、送迎をして下さり、ありがとうございます。
 お仕事の後でも、お酒が飲みたくても我慢されて笑、朝が早いのにも関わらず遅い時間でも、お疲れの所でも、大雨でも大雪でも、多忙な中でも、
 簡単なようで簡単ではないですよね。本当にありがとうございます。生徒の皆さんにもよく伝えております。
 当然のように送迎してもらっているわけではないのだよ、当然のようにお月謝を出してくれているわけではないのだよ、と。
 もっと深い話をするのですが、ここでは割愛します。
 引き続き、学習空間を宜しくお願い致します。

札幌の塾なら個別指導の学習空間

学校の意味

個別指導塾の学習空間、新琴似・北24条東教室の清水です!

皆さんにいきなりの質問ですが、今までに1万円札をごみ箱やシュレッターに入れたことはありますか?

実は私は、何度もあります。
しかも無意識に

なぜいきなりこのような話をするのかというと、前回1人の生徒に大学に入ったらたくさんアルバイトをしたいという話を聞いたからです。

そこで、皆さんが大学生、専門学生、高校生でもいいですが、講義をサボったり、講義に出ないでアルバイトをしている人が2,3人いませんでしたか?

正直言うと、私も講義が面倒くさくて何度かサボったことがありました。

私は今現在塾講師となり、各学校の情報を調べているうちに、生徒が学校にいくらのお金を払っているのかも調べるようになりました。

大学で考えると
私立だと年間約400万円
1科目(2単位)で数えると約6万円です。(卒業までに124単位必要)
そして1科目の単位を取るためには15コマの講義が必要になります。
なので、さらに15で割ってみると
1コマ(90分)約4000円となります。

どんなにつまらない講義でも出席、サボり、その時間バイトをしても約4000円かかることになってます。
そう思うと1コマの講義をサボって1時間の850円のアルバイトをするととてもマイナスになってませんか?

そして大学4年生になると、ほとんどの生徒が年に数回しか大学に行かなくなります。
これってめちゃめちゃお金を捨ててますよね?

実はほとんどの人が気づいていないのですが、この大学4年間で約400万円にはいろいろなことが含まれているんです。
例えば、大学教授に質問し放題(コンサル料も含んでいる)・ほかの講義にも出放題・図書館も使い放題・部室の家賃を払わないで使い放題・大学で大切な友人ができる などすべて含めて約400万円です。

そう思うと学校に行かないで、楽な方楽な方に行くと沢山損することがわかります。

私は、学生時代にこのことに気づきもしませんでした。

私自身も「今日は講義がないから学校に行かないで、家で映画などを一日中見よう」などとレポートもろくにしないで、楽な方楽な方に流れていました。
だからたくさんのお金を捨てていました。

今現在は、とても後悔をしています・・・・

さらに、これは学校だけでなく、塾でも同じことを言えます。

今日は少し面倒だから塾をサボりたいと思ってその行動をしてしまうと、お金を捨ててしまっていることになります。
ですが、ちゃんと来れば、先生から新しいことが学べる・ほかの中学の友達に会うこともできる・塾で学校の宿題もすることができるなどメリットがたくさんあります。

なので、みなさん、自分の時間を持つことはとても大切ですが、今後のことや今の現状を考えながら、学校生活や塾の使い方を考えてほしいなと思います。

考えを変えることはいつでもできますが、行動するのは大変です。

明日からまた学校が始まりますが、今学校に行っている意味を再確認しながら、また頑張ってほしいと思います!

札幌の塾なら個別指導の学習空間