2018年 6月 の投稿一覧

世の中おっかないことってありますよね

個別指導塾の学習空間、北41条東教室・あいの里教室の尾造です!

世の中おっかないことってたくさんありますが、
おっかないと言えば中国の病院で受けた身体検査ですね。うん。間違いないです。

唐突ですがわたくし、大学生の時に1年間中国で語学留学していました。
か~な~り衰えましたが、今でも少しは話せます。

私が留学したのは、北京や上海といった大都会ではなく、
錦州という、たいへんな片田舎でした。
北京を、近未来型コンクリートジャングルである東京に例えるならば、
錦州は、古き良き田園風景をそのまま残している島根、といったところでしょうか。
(島根の皆さん、気を悪くされたのであればごめんなさい!)

日本って、いくら都会と田舎は違うといっても、
さすがに基本的な電気・ガス・水道などの社会インフラは大差ないですよね。
でも中国は違います。
都市部とそれ以外とでは、そもそものインフラ整備にも大きな差があります。
私が留学中暮らしていたアパートでは、トイレの水は流れませんでした。
水を流すレバーをひねっても、なんの手応えもなくスコスコいって空転するのみでした。
じゃあどうやってトイレの水を流したのか!?
話がそれてきたのでそれについては別の機会にブログで書きます。

留学生活を始めて、まだ間もない頃のことです。
留学生を対象に簡単な健康診断を受ける機会がありました。
日本語の少しできる中国人の先生が引率してくれました。
学校の近所の小さな病院にいき、心電図?みたいなもので内蔵の検査をされました。
正直、病院といっても、中国の片田舎の小さな病院は、
クリンリネス(清潔さ)においてのグレードはお世辞にも高いとはいえませんでした。
かなり簡易的なベッドに寝せられて体内を調べられるのは、
言葉もまだほとんど分からなかったこともあり、超!おっかなかったです。

すると、お医者さんが私の先生となにやら怪訝な表情で話をし始めました。
明らかに「この人なにかがおかしいですね」的なことを言っているような表情でした。
でも言葉は、はっきり言って何を言っているか全く聞き取れません!
日本でも健康診断等で引っかかったことなど無いのに、
留学したてで、相手は中国人で、雑なベッドに寝せられて、言葉分からなくて、
病院の検査で異常が見つかるなんて、不安と恐怖でたまりませんでした。

先生が私に日本語で言いました。
「あなたは、右の腎臓ははっきり見てとれるけど、左の腎臓が全然見えないそうよ」と。

ハアァ??

そんなこと、22年間の人生で生まれて初めて言われました。
意味が分からない・・・!

「もっと大きな病院で、後日改めて検査しましょう」と言われました。
腎臓が片方よく見えない?意味がわかりませんでした。
もっと大きな病院で再検査?心配するなというほうが無理でしょう。
とても恐ろしい言葉に聞こえました。

数日後、また先生に連れられて別の大きな病院に行きました。
再度心電図等で検査されました。
そこのお医者さんに言われました。
「確かに左の腎臓がほとんど見えない。あなたは生まれつき腎臓が片方ないんですね。でもそういう人はまれにいるから、問題ないですよ」

はぁ、、

ある程度の安堵感は得られました。問題ない、と。
でも色々なクエスチョンマークが頭の中に生まれていました。
(そんなことってあるの?)
(なぜ、今ここで初めて知らされる事実なの?今までの22年間は?)
(うちの親はこのことを知っているのか?)

あとで少し調べたら、そういう人はまれにいるそうです。でも腎臓は片方が正常に動いていれば日常生活等に全く問題ないそうです。
事実、私は知らないまま22年間健康に生きてました。現在も当然健康です。
数年後、なにかのひょうしで懐かしいエピソードとして親にそのことを話したら、母親は泣いてましたw
「知らなかった。そんな体に産んでごめん」と。
いやいや、別にこれで困ったことは一つもないし、気にしないでくれwと言いました。
むしろこのエピソードが出来ておいしいとさえ思ってるよ、と。
今もこうしてブログに書くことができてますし。
今では、そしてこれからも、いい思い出です。

全体的に中国をディスってるような印象があったとしたらすみません。(あと島根のみなさんも)
こんな書いておきながら私は中国大好きです。第二の故郷です。

おっかない思い出はまだまだあるので、いつかブログで紹介できればと思ってます。
ではまたー

札幌の塾なら個別指導の学習空間

It was father`s day on last sunday.

個別指導塾の学習空間、新琴似・北24条東教室の清水です
こんばんは!

中高生の皆さま
テストお疲れ様でした。

今回予想していたところが多くあたり
高得点を取れた方も多いと思います!

逆にそこまで上がらなかった方達は、今後の糧として
テスト分析をしっかり行って次につなげていきましょう!

そういえば、話しは変わりますが、先週の日曜日は父に日でしたね

皆さんはお父さんに何かプレゼントをしましたか?

私は、ハンカチをプレゼントしました。

ですが、たぶん使ってはくれないと思います・・・
いつもですが、息子からの貰ったものは使えないし、大切にしまっていると
場所も教えてくれません・・・・

それはそれで嬉しいのですが、やっぱりあげたら使ってほしいですよね?

なので、来年は蟹を送りたいなと思います!

札幌の塾なら個別指導の学習空間

Have a nice day

個別指導塾の学習空間、新千歳エリア、恵庭教室と千歳教室担当の沖村です。

先日、テストが終わった学校が多かったですね。

まだ今週に迎える学校もあります。

いつもながら、言っていたことが、そのままテストに

出ていました。

私の教室では、何をやれば何点が取れる

何点がUPする、と具体的に

話して学習をしてもらっております。

今回もドンピシャだったことが多かったです。

しっかりとやってくれた生徒さんは、試験本番で

気づいていたことでしょう。

今週は、反省をして再度分析を一緒にする生徒さんもいれば、

残り数日をしっかりと対策をしていく生徒さんもいます。

自分自身への挑戦として、ともに良い学習をしていきたいですね。

On the road 2018.6.17

@テストは、学校の先生や塾の先生の~ではなく、自分自身の~ですね。

札幌の塾なら個別指導の学習空間

Have a good day

個別指導塾の学習空間、札幌富丘・北41条東教室の渡邉です!

日曜日、
娘の部活動の買い物で
妻と大型スポーツ店に
行って来ました。
用事を済ませついでにぶらぶら。
アウトレットコーナーで
ランニングシューズを見つけました!

妻は事前に見つけていて
購入するかしないかすでに検討中。
負けじと自分も
何足も何度も履いてみました。
店員とも交渉し、
他の買い物とこのシューズの
どちらが今必要か、
買うべきか買わないべきか、
そのワクワク感を楽しみました!
が履き心地に負け
結局購入しちゃいました!

自宅に戻ると息子2人は勉強中。
今週末テストなので。
途中、自宅内学習空間(^o^)!
娘は部活動に参加、
妻は夕飯準備と読書。
さて、紐でも結んでみようかな、
楽しみをとっておいたので、
またワクワク!!
自分サイズに合わせたら
やっぱり買ってよかった!!
すぐに
「走って来るね〜」
大雪山連峰を眺めながら
二つの小学校・中学校を周り
快適なランニングができました!

今日からまた平凡な日々です。
昨日も実は平凡な一日でした。
そんな中に
ちょっとしたワクワク!
それを楽しみたいと思っています。
今日も何かを見つけてみましょう!
皆様にとって
今日も良い一日でありますように!

On the road 2018.6.11

札幌の塾なら個別指導の学習空間

テスト2週間前だけれども

個別指導塾の学習空間、新千歳エリア、恵庭教室と千歳教室担当の沖村です。

先日は、気温が30度を超えました。

いつの間にか、

少しずつ夏に向かっています。

一番困るのは、朝3時から明るいということですね。笑。

早すぎます・・・

東京育ちの私は、北海道の朝の早さ、昼の長さに

びくびくしております。笑。

とにかく、早いです・・・

明るいです・・・泣。

さて、

テスト2週間前の学校が多いですね。

学習空間通信には、テスト2週間前からは、

毎日塾へ来ようという文面がありましたが、

2週間前からすべての生徒さんが教室に

毎日来る必要はありません。

必要な場合は、

講師から提案をさせて頂きます。

詳しくは、講師へ質問や相談をしてくださいね。

On the road 2018.6.4

@テストは、学校の先生や塾の先生の~ではなく、自分自身の~ですね。

札幌の塾なら個別指導の学習空間

テスト期間!

個別指導塾の学習空間、札幌太平・北24条東教室の江波です!

いよいよ、ほぼすべての中学・高校でテスト期間に入りました!

皆さんの今までの努力の成果を発揮するときです!

我々も全力でサポートしますよ(*^^)v

新学年最初の試験です!

良いスタートを切りたいですね☆

ほな、またノシ

札幌:札幌の塾なら個別指導の学習空間

生徒の一人一人の味方。絶対に見捨てない。

個別指導塾の学習空間、新千歳エリア、恵庭教室と千歳教室担当の沖村です。

昔から、言い続けていることがあります。

それは、題名の通りです。

生徒の皆さんは、家でも叱られ、学校でも叱られ、どこへ行っても

ぶーぶー言われませんか?

これは、きれいごと抜きに、よく生徒の皆に言います。

家でも学校でも塾でも怒られたら、つまらなくない?たまんねーよな、と。

だからこそ、私の教室では、言い聞かせることはしますが、

怒る、叱るようなことはめったにありません。

ただし、これだけは譲れない、という

いざというときは、しっかりと伝えます。

大雨の中、大雪の中、

外で寒くて寒くてたまらないのに、

言い聞かせた生徒の君。笑。

ありましたね。

その生徒さんたちは、数年して

あの時は~先生~

反省をしたような感じで話してくれます。

その時には、すぐに響かなくとも、いつかわかってくれる。

そんな気持ちです。

とはいえ、滅多に叱りはしません。

気分よく教室に来てもらい、

出来る限りの勉強をしていってほしい。励まし、何とか力になってあげたい。

自分自身が、出来ない生徒であったから。

間違った勉強を正し、最短の勉強方法を伝授したい。

そんな想いです。

よく先生の説明はわかりやすい。

そう言ってくれる子がいます。

自信をもって言います。

そうです。

なぜか?

自分自身が出来ない生徒であったからこそ、わからない部分から

教えてあげるからです。そして、日々、研究を惜しまないからです。

皆の為に、少しでも力に!

さて、

もうすぐ前期の中間テストですね。

そして、早くも2018年も半分になろうとしています。

一日は、三分にしか感じれず、光速のように日々が過ぎていきます。

皆さんは、時間が過ぎるのは早く感じますか?

楽しいことは

なぜ時間が過ぎるのが早いのでしょうね。

充実しているからでしょうかね。

しかし、きついことも、辛いことも実は同じように

1秒1秒過ぎていきますよね。

瞬間的なことも多いです。

過ぎてみれば、

あんなこともあったな、

あれはあれで良い出来事だったな、

とも感じるでしょう。

そういえば、

勉強、学習って、やれやれ言われてやるものではないね。

宿題ってのは、好きではないです。

生徒の皆とは、ある約束を交わして、プリントを渡しています。

皆、結局やってきてくれているという。笑。

やるねええ!!皆!

On the road 2018.6.1

@ビジネスマナーの一つとして、我々とは使わない。私たち、が正解。

札幌の塾なら個別指導の学習空間