2017年 9月 の投稿一覧

冬到来

☆★個別指導塾の学習空間、恵庭教室の沖村です★☆

いかがお過ごしでしょうか?

先日、帰宅しようとしたら、外気温が3度でした。

この国は、秋という季節が存在しないと個人的に思っています。

日本は、温帯ですが、この国に限っては冷帯。

そりゃあそうですよね。

しかし、この国を愛する方々は、昔から絶えません。

異常なほどの魅力があるからでしょう。

さて、

9月が終わりますね。

文化祭で盛り上がった学校も多いようです。

様々な役柄を任され、立候補し、演じた君。

よくやりました。

一所懸命にやったのならば、社会に出た時に、役に立つことでしょう。

なぜなら、学校とは小社会だからです。

学校は、社会に出る前の準備の場です。

だからこそ、たくさん失敗しても良いですし、逆に成功体験もたくさんしておきたいですよね。

文化祭も終わりました。

また気持ちを切り替えて、10月もともに歩んでいきましょう。

恵庭教室は、おかげさまで多くの生徒さんが通ってくれています。

改めて御礼を申し上げます。

誠に、ありがとうございます。

on the road 2017.09.30

北海道の塾なら個別指導の学習空間

@人は生まれながらにして学びたいと思っている。

育てられたように育つ

☆★個別指導塾の学習空間、恵庭教室の沖村です★☆

自分自身を映し出す

人の

自分が喜べば相手が喜ぶ

自分が怒れば相手が怒る

自分が哀しめば相手が哀しむ

自分が楽しめば相手が楽しむ

喜怒哀楽

自分が笑えば相手が笑う

自分の顔は相手の顔

笑顔

現在うつっているのは

過去

では

未来に映し出されるのは

現在

過去
現在
未来

現在は、過去があるから

未来は、現在があるから

では

過去は?

on the road 2017.09.30

北海道の塾なら個別指導の学習空間

@すべては、真実とともにある。

生かされている

☆★個別指導塾の学習空間、恵庭教室の沖村です★☆

一つ、

働くこととは

人に喜んでもらうこと

夢を叶えること

夢の大きさに
大も小もなく
数も関係ない

一生懸命は、必ず大人になった時に役に立ちます。

人に喜んでもらうことはやっていますか?

ある方のことば。

私はいつも
自分が今やっている
仕事を楽しみたい

仕事の最後の日

自分がこれまでどのように仕事に関わってきたのかをまわりの人が教えてくれる

つまらない仕事なんかない

仕事に関わる人の姿勢が

仕事をおもしろくしたり

つまらなくしたりするんだ

人の顔つきは習慣である

笑顔が習慣になれば

しめたものである

人間の究極の幸せ

人に愛されること
人にほめられること
人の役にたつこと
人から必要とされること

今が最期だと思って生きる

今会った人には二度と会えないと思って接する

次はないかもしれないと思って精いっぱいやる

生きているのではなく

生かされている

on the road 2017.09.29

北海道の塾なら個別指導の学習空間

@人生とは、夢の旅路。

☆天高く馬肥ゆる秋☆

♪♯個別指導塾の学習空間、札幌富丘・札幌太平教室の花岡です♭♬

陽が落ちるのが日に日に早くなっていきますね。

暑かった夏が終わり、秋の訪れを感じさせる今日この頃といったところでしょうか。

だんだんと寒さが増してもの悲しさを感じる秋は、個人的にはあまり好きではありません。

しかし、「食欲の秋」とも言われるこの季節のおいしい食べ物に癒されながら乗り切っていきたいものです。

ところで、「○○の秋」という言葉をよく耳にしますが、この季節は気温や湿度的にも過ごしやすくなり、読書や勉強にも集中しやすいことがその理由だそうです。

また、スポーツや芸術、行楽にも取り組みやすい季節ですよね。

私自身も積極的に体を動かしたいなーと思いつつ、気がつけば冬になっているというのが毎年のパターンですが、今年こそは!と思っております。はい。

そう言えば、この週末は多くの中学校で学校祭が催されますね。

皆さんも精一杯秋を満喫して下さい!

on the road 2017.9.27

札幌の塾なら個別指導の学習空間

@学習空間では秋のトレペ祭り開催中♪

どうでも良い話がどうでも良くない件

☆★個別指導塾の学習空間、恵庭教室の沖村です★☆

こんばんは。皆様、いかがお過ごしでしょうか?

秋真っ最中という感じでしょうか。

引越しをしてきてから、秋を感じる間もなく冬になろうとしているフィーリングです。

さて、学習空間に通ってくれている皆さん、ベストを尽くしていますか?

そりゃあ人間です。いつもいつもはうまくいきません。

私たち講師も同じです。

日々、ベストを尽くそうと最大限の努力をします。

しかし、いつもいつも思い通りにはいきません。

うまくいかなかったのは、なぜか?反省をして、次につなげていきます。

また、うまくいったときには、なぜうまくいったのか?という反省をします。

いえ、反省ではなく、分析ですね。

世の中には、正解というものが無いこともありますよね。

無いというより、正解が沢山ある。

どう振舞えば良かったのか?

どう教えれば良かったのか?

どう伝えればよかったのか?

何が足りなかったのか?

何を工夫すればよかったのか?

きりがありません。

限りなく100点に近づける、少なくとも、今日の指導は良かったと自分で思えるように

働く、それが私の流儀です。

生徒の誰々くん、誰々ちゃんに

昔から言ってきたことがあります。

はい、時間がきました。帰りましょう。

と、できたら、どんなに楽か。

言ってみたいです。はい、おしまーい、いいぞ~帰って~と。
(そんな適当なこと、実際には出来ません。お月謝を頂いている以上、責任があります。)

もし、時間で切り上げてあげて、お互いに楽をしたとしましょう。

しかし、楽なのは、その一瞬だけです。

お互いに、あとから後悔することの方が多いのです。

そうです。私の教室では、今までも今も、

はい、時間がきました、おしまい、はしていません。

面談のときから、時間はあくまでも基準です、と回答しています。
(バランスです。色々な事情があり、いつもよりも短くなってしまうことも現にあります。
勿論、本人とだけではなく親御様の了承あってです。)

本来、勉強というのは、時間を目指すものではないと考えます。

勿論、今日は何時間は頑張ろう、でも間違ってはいませんが、

やるべきことを達成することが大切です。

結果、2時間だったのか3時間だったのか、4時間、5時間だったのか。

ということです。そうです、時間は結果です。

学校もある、部活もある、宿題もある、翌日もある、身体の成長の心配もある。

わかります。しかし、多くの方々は、いえ、ほとんどの方ですかね?

テスト直前に意外と時間が足りないこと(成績が優秀な生徒さんでも)に気づきます。

もっと時間が欲しい、もっと時間があったら、対策できるのに。

時間は、ありましたよね。

そうです。日頃の学習です。(学習空間では、レギュラーと呼んでいます。)

日頃からベストを尽くしていない人ほど、テスト直前に焦り、結果が出ません。

そしてそして、

これも不思議ですが、どんなに勉強が苦手な生徒さんでもテストが却ってきたら

へこんでいます。

自分自身が行なった勉強の成果の鏡がその点数なのに。

このままだと△△点になるぞ、と言ったよね?

それでも良いのか?と言ったよね?

という話になります。

いかに日頃から時間を確保することが大切か、です。

平均点は、甘くはありません。

よく70点は取りたい、平均点は取りたい、という

生徒さんが多いですが、その点数は結構勉強しないと取れませんよ。

普通に考えて半分以上正解している訳ですからね。

その点数を取るために、どうすべきか?

どのように学習していくべきか?を

私たちプロが教えています。

指導というのは、目の前の問題を細かく解説するだけでは全く足りません。

どんなに素晴らしい解説よりも自分自身が本当に理解をして、時間をかけて頑張ったものの方が

何万倍もの効果があります。

ガミガミうるさい講師でしょ?

そりゃそうですよ。何とかしてあげたいので。その子を。

目の前の生徒を大事にする、という理念を掲げているのが学習空間です。

お節介しますよ。一人たりとも見捨てません。だから、日頃から、うまーくガミガミ言います。笑。

とことんやります。

ちなみに、花岡先生と渡辺先生の教室では、時計はいらないんだ!と

言っているようです。笑。教室は、『精神と時の部屋』、だそうです。笑。

(某漫画のパクリか!とはいえ、私は、この漫画が史上最強に、自分の中の歴史に刻まれています。笑。)

そうです。時間を忘れるくらい、集中することが大切です。

しかしながら、当然ですが、ご家庭にも迷惑にならぬよう、配慮は致します。

(いつも送迎、ありがとうございます。大変助かります。)

生徒の皆さん、お互いにベストを尽くしましょう!!

全力サポートをします!!

最後に、よく伝えることばを。

できない奴に限って、人のせい。環境のせい。親のせい。先生のせい。問題集や文房具や道具のせい。塾のせい。

にする。

ちゃうやろ。自分や。自分が変わるべき。自分が悪い。全て、自分の選択や。

それに気づかぬうちは、一生、成長せえへん。やってみーよ。己を信じなさい。

一人やないで。一緒に、頑張ろう。

on the road 2017.09.25

北海道の塾なら個別指導の学習空間

@教科書に載っていないことを教えてくれるのが、学習空間  働くこととは、人の為に尽くすこと、喜びや夢を与えること。

数学の不思議

個別指導塾の学習空間、北41条東教室・新琴似教室の尾造です!

すっかり寒くなりましたね。
教室でも、体調を崩す生徒が続出です。
ぼくも、風邪をひきたくないので
(生徒のみんなにうつしたらいけないからね)、
今週からヒートテックを標準装備するようにしました。
9月からの標準装備は、人生初です。

さて、先日、生徒が数学でこんな問題を解いていました。

問題:
Aさんが自転車に乗り時速12kmの速さで家を出発し、
その3時間後にお母さんが時速30kmで同じ道を進みました。
追いつくのはお母さんが家を出発してから何時間後ですか。

方程式の問題ですね。
「追いつく」=「二人の走った距離が等しい」ということから
「X時間後に追いつく」として方程式をつくり、
12(X+3)=30X
X=2
答.2時間後
となります。

ここでふと思ったのですが、
てことは、、、









Aさんは合計5時間も自転車をこいでいたの!?
ということ。
時速12kmで5時間走り続けると、60km進むわけですから、
札幌の大通公園から夕張ぐらいまでいけちゃうことになります。
車でも1時間半かかります。
アスリート?自転車部?競輪選手?
想像がふくらみます。




そしてお母さんはどうして3時間後にAさんを追いかけたの!?
ということ。
しかも、時速30km。
恐らく車で追いかけたのでしょうが、
どうみても急いで追いかけたという速度ではありません。
どういう状況でしょうか?




数学にはこのような世にも奇妙な問題が時折みられます。。。

・同時に家を出発しない兄弟

・池の周りをそれぞれ反対方向に進んで、反対側で出会う友人AとB

・かと思えば、同じ方向に向かって別々の速さで歩いて周回遅れにする友人AとB

・線分AB上を秒速1cmの速さで進む点P

などなど、、、

たまにこういうのを見つけて「ありえねー」と思いながら解いてみるのも楽しいかもしれないですね。

さて、冒頭にも書きましたが、
急に冷えこんできて風邪が流行ってるので、
みなさんうがい手洗いをこまめにして、
咳がひどければマスクをしましょう。
他の人に風邪をうつしてはいけませんよ。

札幌:札幌の塾なら個別指導の学習空間

切磋琢磨!!

個別指導塾の学習空間、北24条東・新琴似教室の清水です♪
こんにちは。 最近また天気が荒れだして体調管理が難しくなってきましたね…

ただ幸いにもルスツの日は晴れ男がいてくれたおかげで晴れたので生徒の皆さんと講師一同とても楽しむことができました!

生徒たちが、あまり関わる機会が少ない上級生や他塾の生徒と関わって一緒に写真を撮ったりしている様子を見ると、
なんかほっこりしました(#^^#)

そして何より講師と生徒の距離もググッと縮まったのかなと思います!

次のイベントも楽しみですね~

ただイベントをして生徒との距離感を縮めるのがこの塾の良さではないです!

私たちは、とことん生徒と向き合うというのが良さだと思いますので、学習面だとか学校面だとか生徒の悩みなどをしっかり聞いてあげて勉強ができる環境(空間)を一緒に作っていきたいなと思います!

話はガラッと変わりますが、今各教室ではいい意味で空気が重くなってきているのではと思います。
それは、3年生は総合Aが終わりBのテスト勉強をしていて、
1・2年生は11月にある2学期末テストに向けてしっかり勉強をしているからです

本当にみんな良く勉強してくれています

ただ恵庭教室の沖村先生のお言葉を使わせていただきますが、
本当に今やっている勉強は、すぐには結果は出ません。
コツコツと諦めず、萎えても一所懸命に勉強を進めてきた人が、
必ず、最後の最後に結果として出せます。

諦めなければきっと何かは起きると思います。

なので、3年生はこの苦しい時期だからこそ踏ん張り、1・2年生はその姿をしっかり目に焼き付けて来年、再来年の受験に頑張ってほしいなと思います!

私も生徒の体調管理や悩みなどをしっかり聞いてサポートしていきたいと思います。

良問なんや

☆★個別指導塾の学習空間、恵庭教室の沖村です★☆

こんばんは。いかがお過ごしでしょうか?

お休み中に家族が寝静まりかえってから、
生徒の持ってきてきてくれた学力テストを解いてみました。

実に実に、これでもかというくらいに、良い問題でした…

プロ中のプロが作成した、これ以上にない出来映えに感動をしました。

そして、これまた面白いことに、生徒の親御さんたちに購入して頂いた教材から、たくさん問題が出ていました。
(どこにどれくらい載っていたかをいろいろとメモをして、生徒の皆に教えてあげる予定です。もちろん、それを自分自身で復習を行うのが大切ですが、
講師が復習のやり方を見せてあげることもあります。良い教材ですよ!)

いつも、心中する勢いで使っていこう!と生徒の皆に言っています。

あれもこれもあれもこれも、載っています。

まだすべての教科を確認出来ていませんが、
とても良い問題ばかりで、楽しかったです。

生徒の皆は、またコツコツやっていこう。

今やっている勉強は、すぐには結果は出ません。
コツコツと諦めず、萎えても一所懸命に勉強を進めてきた人が、
必ず、最後の最後に結果として出せます!

学習空間は、完全な個別指導です。
一人一人の目標や点数は別々です。
だから、
行う勉強も各々、千差万別です。
一人一人が、各々の目標を達成出きるように、
サポートをしていきます。

恵庭教室は、まもなく満員です。
ご紹介を頂いた生徒の皆、親御様、ありがとうございます。
引き続き、ご紹介をして頂ける方がいらっしゃいましたら、相談に乗らせて頂きます。

宜しくお願い致します。

on the road 2017.09.18

札幌の塾なら個別指導の学習空間

@スカウター最高  WIN WINの関係が新世代の生き方

いってきます!!!!!

個別指導塾の学習空間、北24条東・新琴似教室の清水です!

今からルスツに行ってきます!!!!

花鳥風月

☆★個別指導塾の学習空間、恵庭教室の沖村です★☆

こんばんは。

皆様は、いかがお過ごしでしょうか?

今日も生かされています。

最近、ほんのちょっとしたことですが、

温かいことがありましたので、紹介をさせて頂きます。

恵庭教室にて、ある男の子が

お腹が空いて集中できなくなってきたと

言いました。

たしかに3時間は経っており、

夜20時頃。

もうすこしで、その日の目標達成。勉強がとても苦手で嫌いな

男の子ですが、夏からとても頑張ってくれています。

素直にきいてくれて、一所懸命なのが伝わります。

その日は、たまたま飲みものしかもってこなかった彼。

私は、彼に頑張れ!あと少しだぞ!

と励まし、女の子の生徒のところへ。

すると、その女の子は、あの子は、お腹が空いているんですか?

と言ってきました。

そして、自分がもってきた飴を4、5つ袋から

おもむろにだし、

あの子にあげて下さい。

と笑顔で渡してきました。

その女の子は、

彼とは、同じ学年ではありますが、

別の学校です。

結局、その男の子は、恥ずかしがったのか、

飴が好きではなかったのか、

拒否しました。

(中3の男。普通でしょうね。知らない子からの飴を素直に受け取るのにも勇気が要ります。
仮に私が中3で、そのような場面に直面していたら、彼と同じように拒否していたと思います。)

お礼は、こっそり私からその女の子に伝えました。

この女の子の優しさに、ダイレクトに感動をしました。

特に何の関係もない異性の子に

自分の飴をあげようとした。

温かさを感じました。

彼女の勇気ある優しさに

驚きました。

母性なのでしょうか、その子の持っているものなのか。

昔から、いますね。

学校で、ケガをした子や泣いている子に

すっと、自分のハンカチやティッシュを差し出してくれる子。

天性の優しさ、と捉えざるを得ません。

無償の愛とは、このことですね。

そのような時、見返りなど、考えていませんよね。

目の前にいる人に何とかしてあげたい、という気持ち。

アットホームな教室。

on the road 2017.09.15

札幌の塾なら個別指導の学習空間

@おいおい、棺桶に入る時に、ワクワクしながら入るなんて・・・究極・・・斬新なアイディア