札幌前田教室

✰春はもうすぐ✰後輩たちへ☆彡

個別指導塾の学習空間 北海道新千歳エリア 恵庭教室、千歳花園教室を担当させて頂いております沖村です。

先日、北海道の公立入試が終わり、合格発表が行われました。

入塾してくれてから長年、付き合いのある生徒さん、まだ半年の生徒さん、1年の生徒さん、2年の生徒さん、沢山います。

皆には、出来るだけ後悔のない人生を、とは伝えていっていますが、出来る限り後悔は少なくしたいものですね。

どれだけやっていても後悔をするのが人間である気がします。

後悔がないくらいにやりとげたこともありますが、何かもっと出来たのではないか?少し前の過去に戻れるとしたら、どうするか?等

考えることがあります。なるべくなるべく、後悔がないように生徒さんたちには

指導させて頂いております。

だからこそ、教室で学習する時間や頻度や科目の選定は大切ですよね。

そして、一日一日がいかに大切か、受験を体験した生徒さんたちは身をもって

体験したことでしょう。

早くやっておけばよかった、もっと出来た、もっと頑張れた、先生のおっしゃった通りだった・・・等は良くある生徒さんたちの発言です。

毎年、生徒さんたちに合格アンケートを書いて貰っていますが、多いコメントの一つが、後輩たちへ。です。

君たちは、今はまだわからないかもしれませんが、勉強は早くからやっておいた方が良いよ。5教科バランスよくやっておこう。一年生の時からやった方が良いぞ!後悔しないように君たちには早く取り掛かって欲しい。先生たちの言うことをよく聞いた方が近道。遊びすぎに注意、後から困るから。遊ぶのは受験が終わってからでも良いと思う、今はがんばれ!ランクは上げられるなら1年生の時から上げられるだけ上げておいた方が良い!等を書いてくれる生徒さんがいます。

まさに、これぞリアルな先輩からの声ですよね。

参考にしてみてくださいね!来年に受験をする小学5年生、中学2年生、高校2年生は、既にスタートが切られています。残り1年を早くも切っています。

そして、受験が終わった諸君も既に次のスタートを切っていますよ。

一息つきたいのはわかりますが、早くから対応していきましょうね!

★春はもうすぐ★

個別指導塾の学習空間 北海道新千歳エリア 恵庭教室、千歳北陽教室を担当している沖村です。

いつもお世話になっております。冬眠をしていました。

前回から今日までブログのストックがたまりにたまっています。

UPのみ怠けていました。ブログを怠けて他のことに集中。

そうです。これがいいわけです。笑。いいわけっていいわけ?

そうです、ブロガーの私が熊さんとともに冬眠からの復帰です。

最近、春の足音が・・・ということで熊さんも出てきたようですね。

さて、お話を変えましょう。

先日から講師交代のお便りを配布させて頂きました。

学習空間の教室に通って頂いている 皆様や地域の方々のおかげさまで

3/26に千歳市花園に新しく千歳花園教室をオープンさせて頂くことに

なりました。

2018年度に140教室の中で一番ご紹介が多かったのも皆様のおかげです。


本当にありがとうございます。

お待たせしてしまった多くの方のお声もあり、新しく他の都市ではなく、

千歳市に教室を開きます。

千歳北陽教室からは約2・5KMの距離にございます。

千歳駅の東口のロータリーからまっすぐに歩いてすぐです。

約500Mの所にございます。

千歳末広郵便局さん、こだま保育園さん、花園コミュニティーセンターさん、

ガソリンスタンドの三友石油千歳花園エネオスさんが近いです。

同じマンションのテナントには、

カードショップ宝島さん、美容室のリビエ千歳さんが入っております。

ご存じの方も多いと思います。

千歳北陽教室とともに新しい千歳花園教室も宜しくお願いします。


富丘中学校、千歳中学校の生徒さんは、

千歳花園教室の方が近いかもしれません。

その場合は、千歳北陽教室からの『移籍』も可能でございます。

お気軽にご相談下さい。

講師一同、生徒さん一人一人に合わせた学習で、出来る限りの良い指導を

させて頂けるように邁進していきます。

千歳花園教室も宜しくお願いします。

                北海道新千歳エリア 沖村 辻森 奥田

雨ニモマケズ

◆個別指導の学習空間 新琴似教室・あいの里教室の関根です◆

いよいよ受験勉強も大詰めを迎えてきましたが、

新型コロナウイルスの影響で不安な日々を過ごしている事と思います。

昨年も同じような内容を載せましたが、

困った時だけ神頼みをするのではなく、

その前にまずはやるべきことをやろう!

ということを書きました。

頑張ることをせずにただ神頼みをして合格を祈るだけ

というのは如何なものかと思いますが、

教室に通ってくれている生徒達はとても頑張ってくれたと思います。

1月26日から直前講習がスタートしていますが、

先日花岡先生がブログに書いて頂いた私の1分間スピーチの内容を

講習が始まった時に生徒達にも話しました。

今だからこそ届く言葉があると思ったからです。

この1ヶ月、本当によく頑張ってくれました。

私達も持てる限りを尽くして指導にあたりました。

あとはもう私達に出来ることは神に祈るのみです。

不信心な私も、この時期ばかりは神頼みをします。

子供達の努力が実るよう祈ってやみません。

そして今年はもう一つ別の脅威が加わっていますので、

プラスアルファで祈願を…

雨にも負けず、風にも負けず

新型コロナにも負けない

丈夫な体をもって受験に挑みましょう!

公立高校の入試まであと数日です!

絶対に負けられない戦いがそこにはある!!

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

卒業まであと少し

札幌の個別指導塾の学習空間、北41条東教室・あいの里教室の尾造です!

公立高校入試まで、あと2週間を切るところまできました。

みんな本当に良いモチベーションで突っ走ってくれています。

そんな彼ら彼女らの取り組んでいる姿勢を見ていると、たのもしくもあります。

そして同時に、以前このブログでも書きましたが、「受験生達とこうして毎日汗を流すのもあと少しで終わりか。。」と思う瞬間もあります。

高校生になっても塾を継続してくれる生徒もいますが、高校合格と同時に卒業していく生徒もいます。受験が終わると、言葉に出来ないような達成感と、そして少しの寂しさも感じるようになります。

ただ、受験を終えた生徒たちは、確実に一段成長します。ひとつの壁を乗り越えた、良い表情を見せてくれます。そんな生徒たちの顔をみることで、受験シーズンの疲れなどどこかへと吹っ飛び、また1年がんばれる気力を与えてもらうことが出来ます。また1年後も、生徒達のこんな晴れやかな表情を見たい!と思わせてくれます。

自分のことについての話ばかりで恐縮です。今年の3月も、生徒たちの良い表情を見れるように、精進して参ります! 受験もそうですが、皆さん、卒業もあと少しですね。残りの学校生活を、悔いのないよう過ごしましょう!

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

☆いつやるの?今でしょ!☆

★☆個別指導塾の学習空間、札幌富丘・札幌前田教室の花岡です☆★

毎週2回エリアの講師たちが集まって受験情報や指導方針の共有、個々のスキルアップを目的に会議を行っています。

その会議の際に各講師が持ち回りで司会を担当し、その講師には1分間スピーチを行ってもらっています。

先日の会議の士会担当は関根先生でしたが、その1分間スピーチの内容がとても強く頭に残ったのでこの場で紹介させて頂きたいと思います。

☆☆☆

今やテレビで見ない日は無いほどの人気者である予備校講師の林修先生を皆さんも良く知っていると思います。

その先生がこんなことを話していたというのです。

「残り受験まで1カ月と言う状況で、受験生は大きく4つのパターンに大別されます。1つ目は『完璧に力を出し切って合格した人』、これはいい。

次に2つ目は『完璧にチカラを出し切っただけど落ちた人』。これは何で落ちたかというとこのひと月の過ごし方を間違っていなかったけれども、受かるまでの準備がたりなかった。これは別に問題ない。

そして問題なのは3つ目、『このひと月踏ん張りがきかなかったな、と思いつつもう受かってしまった人』。これがまずいとのこと。つまり俺はここが勝負どころだと思いつつ、たったひと月も踏ん張れない人間だという思いを抱えてこれから生きていくことになるというのがその理由のようです。

だったらむしろ、最後の4つ目、『ひと月頑張れないで落ちた人』。このほうがいいと林先生は話したそうです。

なぜなら、そこでもう一回出直して、今度はひと月頑張れたという自信を持って大学に行けばいい。そして、こういう経験を通じて得たものを10代のうちに自分の内部の財産にしておけば、それが生きていくうえで大きな力を与えてくれることになります。

このひと月は、それが試されるひと月です。ただ、えるかやらないかは、もちろん自由ですが。」

おおざっぱにいうとこんな感じでした。

そして、

「1日頑張れる人は1カ月頑張れる。」

「1カ月頑張れた人は1年頑張れるようになる。」

「1年頑張れた人はだいたい10年ぐらいは頑張れる。」

とも話していたようです。

☆☆☆

この前の日曜日から直前講習が始まり、高校受験をおよそ1カ月後に控えた中3生たちは残りの期間をどう過ごしていくかが今後の人生に大きな影響を与えるかもしれませんね。

自分で目標を設定してそれに向けてがむしゃらに頑張るなんてことは中学生のうちはなかなかできないもの。だからこそこの「高校入試」という関門に向けて自分自身を追い込む経験が大切ですよねと言う話で関根先生のスピーチは締めくくられました。

塾講師という教育業界で働く我々にとっては、毎年この時期が訪れます。

それぞれの生徒達が自分の目標に向かって頑張る姿に私たちもつい指導に熱が入ります。

でも同じことの繰り返しではありません。

毎年本当に多くのドラマがあります。

そりゃそうですよね。生徒たちにとっては一生に一回の「高校受験」なのですから。

今日という1日を大切に積み重ねた先に未来の自分の人生があります。

かけがえのない充実した日々を一緒に過ごしていきましょう!

On the road 2020.1.29

@倍率は倍率。やることは決まってますよね!!

札幌の塾なら個別指導の学習空間

頑張れ

◆個別指導の学習空間 新琴似教室・あいの里教室の関根です◆

年も明けて、冬期講習も終了となりましてた。

皆さんお疲れ様でした。

と言っているのも束の間、受験生はここからが更に大詰め!

なかなか休まる時がありませんね。

最後まで走り抜きましょう!

下級生も学年末テストの準備をしつつ、

次の学年の意識もしていきましょう。

最後の学期、頑張っていきましょう!

私も昨年は申し訳ないことにこの時期でダウンしてしまったので、

今年は体調管理もしっかりして最後まで皆と一緒に頑張っていきます!!

昨年、私の妹に子供が生まれました。

しかし、腸の機能が発達していない病気をもって生まれ、

まだ生まれて間もないので

機能していない部分を取り除く手術も出来ないでいました。

先日、ようやく身体も大きくなって体重も増えてきたので、

手術日が決まったと連絡が来ました。

1月28日。

私の父の誕生日と同じ日です。

これも何かの縁でしょうか。

うまくいってくれる事を心から祈ります。

頑張れ。

2019年12月31日に

個別指導塾の学習空間 北海道新千歳エリア 恵庭教室、千歳教室を担当しております沖村です。

いつも大変お世話になっております。
2019年も後少しで終わりますね。
本年も大変お世話になりました。
様々なことにご理解とご協力をして頂き、誠にありがとうございます。
ご迷惑をおかけしたこともございました。
しかし、温かく寛容に皆様には対応をして頂きました。

申し訳ございませんでした。
そして、
ありがとうございます。


私たちは、少しでも生徒さん力になり、サポートをしていき、人生においての何かしらのきっかけを与えられたら、この上なく幸せだと考えております。
今も昔もですが、学習空間に通って良かった、あの先生たちに出逢えて良かった、と生徒さんたちに、そして保護者の方々に思って頂けるように、私たちは、日々の努力と研究を惜しまず、これからも邁進していきます。
まもなく学習空間は、創業20周年を迎えます。
地域で一番貢献できる塾、教室を目指していきます。
また、来年も宜しくお願いします。


1月4日の土曜日12時から、冬期講習を再開します。中学三年生の受験生は、重点研究と理科と社会の用語集、コンパスや定規等を忘れずに持ってきてくださいね。

と恵庭教室と千歳教室の皆さんへ送りましたが、ブログのこの場もお借りして

御礼申し上げます。2019年もありがとうございました。

2020年も宜しくお願いします。

                 北海道新千歳エリア  沖村 辻森

楽しい一年でした

札幌の個別指導塾の学習空間、北41条東教室・あいの里教室の尾造です!

早いもので、もうすぐ2020年ですね。

個人的に2019年を振り返ると、一言で言い表すと“楽しい一年”でした。

ずいぶんシンプル過ぎますかね笑

しかし、本当に楽しかったです。やはり、生徒達と一緒に勉強するのは楽しいです。特に今冬期講習を行っている真っ最中ですが、例えば中1や中2から入塾してくれた子たちがこうして受験に向けて突っ走ってくれているのを見ていると、感慨深いものがあります。

夏から冬にかけてインプット作業していたものを、冬期講習でアウトプットしていきます。これまで1学期~2学期にかけて行ってきた勉強は、この冬期講習、そして1月末から行う直前講習のための勉強だったといっても過言ではありません。受験生達も、良い表情で取り組んでくれています。

12月ごろから入試本番まで、全速力で受験に向けて走っていきます。そうして生徒達と一緒に勉強していると、「受験ハイ」とでも言うのか、なんだかいつも以上に気持ちが高まり楽しくなってきます。3月の入試が近づくと、「みんなとこうして受験勉強できるのもあと少しか。。」と寂しさすら感じ始めます。

生徒たちにこれを話してもまったく理解してくれませんが!笑

残りの時間は、あとわずかです。

わずかと言ったらホントにあとわずかです。 最後まで、良い汗をかいていきましょうね。

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

☆一日一生☆

★☆個別指導塾の学習空間、札幌富丘・札幌前田教室の花岡です☆★

いよいよ2019年も残りわずかとなりましたね。

毎年12月になると思うことですが1年の早いこと早いこと。

まあそれだけ充実した日々を送れていたということでしょうか。

でもその月日の中で自分はどう成長できたかが気になります。

ですのでこの時期はゆっくりと1年を振り返る時間を設けて、また新たな目標を設定したいと思っています。

よく学校でもやりますよね、学活の時間等に。

皆さんもその時間を大切にしてみてください。

きっと学生の頃の1年間というのは、私たち社会人とは比べ物にならない速さでいろいろなことが過ぎ去っていくような気がします。

この春に中学や高校に進学した生徒が、来年には2年生として自分の進路について本格的に考え出さなければなりません。

そしてもう来年には受験を迎え、新たなステージへと一歩を踏み出していくわけです。

中学・高校の3年間なんてほんとあっという間ですよね。

そんな貴重な1日1日を大事にするということはなかなかむつかしいですが、それでも意識するとしないでは大きく違ってくると思います。

先日、日本ハムファイターズ監督の栗山英樹さんが書かれた「栗山ノート」という本を読みましたが、そこに「一日一生」というような言葉がありました。

読んで字のごとく、「一日を一生のつもりで一生懸命生きる」という意味です。

調べてみると、


① 一日は一生を短縮したものであり、一生は、その一日の積み重ねできている。だから、一日を大切に生きることが一生を大切に生きることにつながる。


② 今日と、明日は違う日であるように、決して同じ日はないのだから一日を一生のように大切に生きなさい。


③ 一日は貴い一生である。だから、これを空費してはならない。

そんなことが書かれていました。

ですよね、1日1日を大切にできないと人生を大切にできないですよね。わかってはいるのですがね。

私も、ついつい今やらなければならないことより今したいことを優先してしまうことがあります。

でもその浪費した時間というのは戻ってきませんよね。

勉強しなきゃ。

でもスマホが気になる。

早く寝なきゃ。

でも面白い深夜番組が。

そういった誘惑に打ち勝ってこそ1日1日を大事にできるのでしょうね。

わかっているんですよね、みんな。

そういったことを強い意志でやり抜ける人間になりたいと私も思っています。

そんなことを考えながらブログを書いています。

学習空間のことで言えば、

明日からはいよいよ保護者面談が始まります。

そして、面談が終わって1週間もすると冬期講習が始まります。

年が明ければ高校生はセンター試験。

中学生も受験まで60日を切っていくわけです。

先のこと考えると忙しくていやになりますね笑。

だからこそ地に足をつけて1日1日を大切に進んでいきたいと思います!!

一緒に頑張りましょう!!!

On the road 2019.12.12

@もういくつ寝るとお正月♪

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

完璧って壁(かべ)じゃないの?

個別指導塾 学習空間 北海道新千歳エリア 恵庭教室・千歳教室の辻森です。

題名の通り、完璧の「璧」って、壁(かべ)だと思っていた人いませんか?

いやいや、そんなの知っていましたよ!っていう人、そもそも「璧」って何なんだろうって思いませんか?

ここから中国の古いお話です。秦の始皇帝のもう少し前の時代、すでに秦は最強に近い国でした。秦は、その近隣の趙という国に対して、趙の宝物「和氏の璧(かしのへき)」と自国の城15個を交換しようじゃないか?という話を持ち掛けました。〈ちなみに璧とは、真ん中に穴の開いた美しい輪の形の玉のことです〉

ここで困ったのが趙の国。15の城と言えば小さな国1つにもなるほどのもの。宝物とは言え「璧」と交換なんてあまりに好条件な話のため、疑心暗鬼になっていたのです。それもそのはずで、秦はいつも侵略のタイミングをうかがっている強国。信用することもできず、かと言ってこんないい話を断ったら、それこそ秦を怒らせ、侵略の口実を与えることにもなりかねないと。

この難題に取り組み、使者として秦に行ったのが、藺相如(りん しょうじょ)という人でした。実は、秦には城を渡すつもりがなかったのです。つまり、この
藺相如という人は、良くて宝物の璧を渡すことになる。おそらくは、宝物を奪われ殺されることになるはずでした。

しかし、藺相如は胆力と知恵だけを武器に、強国秦に一歩も退かずに璧を守り通し、趙の面子も保ったのです。(詳細は長くなるので省略します)これが、「璧」を完う(まっとう)したということになり、完璧という言葉になったのです。

なんせ趙の国では、藺相如の遺体を国葬で迎えようと準備していたくらいなので、どれほどの難題であったかがわかります。

少しでも疑問に思ったことを調べてみると、意外と面白い話が隠れていたりしますよね。わたくし自身も、まだまだ知識のつながりを求めていかなければなりません。

北海道の塾なら個別指導の学習空間