未分類

募金活動

どうも

個別指導塾の学習空間、新琴似教室・北24条東教室の清水です!

みなさんは、募金活動をしたことがありますか?

2019年度にオーストラリアで大火災が起こり、約2万5千のコアラが死んでしまった(全動物だと10億の動物が犠牲となった)事件がありました。

私は、妻に許可をもらい、できる限りの資金をオーストラリアに寄付しました。

今も妻と協力して毎月募金を行っていますが

今現在は、なんとコアラのお菓子を購入で募金になるらしいです。

受験生にとってコアラの●ーチを買うのは、ゲン担ぎにもなります。

募金もできて、合格祈願にもなる。

まさに一石二鳥です!

もし興味がある方は、ぜひ買っていただき、オーストラリアの動物たちを救っていきましょう!

有終の美

さあ、ついにこのときがやってきました。

よろこび、かなしみ。

ながかったような、みじかかったような。

らくではなかったですが、つらくもありませんでした。

いよいよ

個別指導の学習空間札幌太平教室、札幌前田教室の今村です。

いよいよ明日センター試験ですね。

高3生のみなさんはセンター試験を皮切りに受験ロードがスタートしますね。

当日は緊張もあると思います。

いつもと違う環境で落ち着かなさもあると思います。

でも大丈夫です。

これまで積み重ねてきたことを信じましょう。

今までやれることはやってきてるはずです。あとはそれを出し切るだけです。

いい顔で月曜日会えることを願っています。

中3生たちも来週の日曜日、26日から直前講習がスタートします。

高校受験に向けてここからさらにもう1段階ギアを入れて突っ走っていきましょう!

残り僅かな期間ですがこの期間を全力でやり切れるかどうかで本番の自信も変わってきます。

あの時もっと頑張っておけばなんて後悔のないよう、1日1日ベストを尽くしていきましょう!

我々もとことんサポートします!

一緒に受験に立ち向かっていきましょうね!

札幌の塾なら個別指導の学習空間

モチベーションを上げるには3つで十分だ!

どうも


個別指導塾の学習空間、新琴似教室・北24条東教室の清水です!

本日は、日常生活で、これだけはやっておいたほうが良いものをお伝えしたいと思おいます!

これをやると視野も広まりますし、モチベーションも上がってきます。

私は、社会人となって早2~3年経ちますが、これを導入し始めたのは、約1年前でした。

もっと早めにしとけばよかったなと思って後悔もしていました。

本当はたくさんあるのですが、今回は、私が特に大切だと思うものを3つお伝えしたいと思います。

ではまず1つ目は、《靴磨き》です。

皆さんは、外出するときは靴を履きますよね?

もし履かないという人が居ましたら、ごめんなさい。

靴はいつもあなたと一緒に行動します。

遊び・仕事・カラオケ・飲み会など全てにおいてです。

そんないつもお世話になっている靴を綺麗に出来ないのは不思議でなりません。

皆さん思い浮かべてください。

新しい靴を購入した時に気持ちが高まりませんか?

大切に使おうとか思いませんか?

それがいつの間にかボロボロになって捨ててしまう。

これを行っている自分が居ましたら、すぐに今日履く靴だけでも良いので、綺麗にしてみてください。

新品までとは行きませんが、自分しかわからない綺麗さが出て、次の日にまた履きたいなと思うと思います。

続きまして2つ目ですが、2つ目は《トイレ掃除》を行うことです。

そんなの週末に行っているよという方もいるかも知れませんが、これは週1回とかではなく、基本毎日です。

最低週5回と言う感じでしょうか?

トイレは家にいる中で一番使う頻度が多い場所なのではと思います。

汚れやすく、掃除も後回しにしたくなると思います。

ですが、成功してる経営者の多くがトイレ掃除を必ず行っているというデータもございます。

トイレに限った話ではないと思いますが、要は人には見えない所をしっかり綺麗にすることで、周りが見えるようになるということではないでしょうか?

そして、最後に大切なことは、《感謝》です。

感謝をする事は、モチベーション・思考・視野を広げることなどに全てに対して有効です。

感謝に関しては、説明する必要はないと思いますが、本当に全てにおいて関わる人・ものには感謝を持たなければいけません。

ですので、先程述べた2つも「いつもありがとう」と思いながら掃除することで、全て自分のモチベーションが変わっていきます。

一見馬鹿みたいなことかもしれませんが、ほとんどの成功者はこれらを行っているそうです。

1日24時間は皆平等です。ですが、使い方は不平等です。

与えられた24時間で一日を過ごしていきましょう。

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

今年もあと少し

個別指導塾の学習空間、札幌太平教室・北24条東教室の江波です!

毎年思います!今年も早かったなと、、

気がついたら令和2年になっているのでしょう、、

怖い怖い

ほな、またノシ

札幌:<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

サラダ記念日

◆個別指導の学習空間 新琴似教室・あいの里教室の関根です◆

映画「男はつらいよ 第40作 寅次郎サラダ記念日」の一幕です。

満男 「おじさん質問してもいいか?」

寅 「あんまり難しい事はきくなよ。」

満男 「大学へ行くのは何のためかな?」

寅 「きまってるでしょう。これは勉強するためです。」

満男 「じゃあ何のために勉強するのかなぁ?」

寅 「んー?そういう難しい事をきくなって言ったろう?

つまりー、あれだよ、ほら、 人間、ながぁーい間生きてれば、 いろんな事にぶつかるだろ、なぁ?

そんな時に、俺みてぇに勉強していないヤツは、

この振ったサイコロで出た目で決めるとか、

その時の気分で決めるよりしょうがないんだよ、な?

ところが勉強したヤツは、 自分の頭できちぃーんと筋道を立てて、

はて、こういう時はどうしたらいいかなと考えることが出来るんだ。

だからみんな大学行くんじゃねぇか、そうだろう?

久しぶりにきちんとした事考えたら頭痛くなっちゃった。」

寅さんシリーズではよくあるシーンですが、 甥っ子の満男が寅さんに人生問答をする場面です。

難しい事は一つも言っていませんが、実に真理をついていると思いませんか?

別に大学に進学しなくても全然いいですが、

何かあった時に自分の頭できちぃーんと筋道を立てて考えられる人になりたいですよね!

そのために今を大切にしていきましょう!

それでは、また。

夜型生活で本当に朝型人間は作れないのか!?

どうも 
個別指導塾の学習空間、新琴似・北24条東教室の清水です。

SNSでは、塾講師は夜型人間が多いや夜型の生活になってしまうなど書かれているサイトをよく見ます。

確かに私も入社した当初は、自分も夜型人間になるのかなとか思っていました。

皆さんも塾講師の生活リズムは夜型というイメージが強いでしょうか?

よく夜型人間は生活リズムがだらしないということがSNSにかかれていたりしますが、仕事上致し方ない部分があると思います。

ですが、本日は、私が入社してから今に至るまでの生活リズムをザッとですが、お伝えしたいと思います。

これで、塾講師は夜型生活でもないんじゃない?と思ってくれれば幸いです。

では、まずは朝ですが、私は朝8時前には必ず起きています。

早いときには6時という時もあります。

8時から起きてすることは、瞑想です。

朝からすぐ起きて、携帯をいじったり、歯を磨くなんて忙しくありませんか?

ですので、まず必ず行うことは、瞑想です。

ベッドで行うと二度寝してしまう恐れがあるので、あまりお勧めしません。

8:00 起床・瞑想

その後は、ランニングです。

30分~60分運動をします。

最近までジムに通っていましたが、朝から車に乗るのも面倒になったので、今はランニングがメインです。

8:30~9:30 運動

帰ってきたら朝食を食べて、今日の自分がやるべきことを午前中にすべて終わらせます。

自分でしたら、英語・ロシア語・読書・会社の事務作業・メールの返信とかです。

なぜ昼に終わらせるかというと、朝はまだ脳が疲れていないので、一気に物事をしても疲れにくいからです。

あまりお勧めしないことは、これを仕事後にすることです。

疲れ切っている自分に更に仕事を与えてしまっては、疲れが溜まり早起きができにくくなります。

9:30~12:30 朝食・読書・事務作業

お昼からは私がとても気をつけていることです。

それは、散歩です。

しかもただ街の中を散歩するのではなく、自然がある所を散歩します。

これは自分の感覚ですが、自然に囲まれるとリラックスできて、今日一日とても頑張れる気がします。

一人で行くのもいいのですが、私は2人での行くことをお勧めします。

12:30~14:00 散歩

その後は、昼ごはんを食べて、今日のやることリストを作成します。 それも終わってしまえば、後はお仕事までは自由時間です。

基本私は、この時間にパソコンのタイピングの練習をします。

「寿司打」というサイトがございますが、お勧めします。

10000円コースを損なく出来たら、事務作業に支障はないのではないかなと思います。

14:00~16:00 昼食・やることリストの作成・趣味

その後はお仕事です。

まぁ帰りはどうしても遅くなってしまいます。

それはもうどうしようもないことです。 ですが、それでも朝型人間になることは可能です。

ですので、もしこれを読んでいる就活生さん、保護者様、生徒さんの塾講師は夜型人間なのではないかなというイメージは払拭出来たら幸いです。

あ、余談ですが、皆さんは、神社に行き参拝するのは年に何回くらいでしょうか?

これは私が社会人になる前からですが、私は毎月必ず1回は神社に行きます。

まぁ学生の頃は、お金持ちになりますようにがメインだった気がします・・・

後は、大切なペットへのお祈りや家族の健康についてです。

なぜ毎月行くかと言うと、これも自分の感覚ですが、皆さんが、仮に神様で1年に1回お祈りに来る人と毎日同じお祈りをする人が居たら、どちらを叶えてあげたいと思いますか?

私は、間違いなく後者です。

1年に1回神社に来て願いを叶えてくれなんて図々しいと思ってしまいます。

この考えは学生時代からありました。

そして、今社会人となりまして、願い事は、どんどん変わっていき増えていきました。

ペット・家族の健康・自分への健康・会社、教室の安泰・そして生徒の全員合格です。

最後はカッコつけて書いたつもりはありません。 

そう思ってしまっていたらごめんなさい。 

ですが、私の中では教育業界で働いている以上、これが最優先だと思います。

最優先だからこそ毎月悲願します。

本当は毎日悲願した方がいいのかもしれませんが、あいにく自宅の近くに神社がないので行けていません・・・・

ですが、もし自分が本当に心のそこから願うことがあれば、自分の努力も必要ですが、このような【運】みたいな物も味方につけてもいいのではないかなと思います。

また、悲願の内容が毎年変わったり、付け足されることで、自分の成長が感じられます。

そういう私も悲願を毎年付け加えています・・・・・

札幌の塾なら個別指導の学習空間

Happy Halloween☆

ハロウィンですね!と言ってもいつもと何か変わるというわけではないです!多くの中学生・高校生は11月にテストがあります!頑張りましょう!!

ほな、またノシ

札幌:<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>


計画どおりって難しい

個別指導の学習空間札幌太平教室・札幌前田教室の今村です。

気が付けばもう10月も三分の一がおわりますね。

早いものです。

さて、中3生は総合Bお疲れさまでした。日々の勉強の成果は出し切れましたか?

もちろんうまくいった生徒、思ったような結果を残せなかった生徒様々かと思います。

どちらにせよ今回何点取れたかより、何が良くて、何が良くなかったのかを分析することを大切にしましょう。

そして、次に向けての計画をしっかりと立て実行することが大切です。

さて、みなさんはテスト前などでテスト勉強の計画は立てたけれど実行できなかった。なんて経験はありませんか?

誰しも一度は経験があるのではないでしょうか?

次こそは計画通りにやろう!なんて思ってもまたうまくいかなかった。

そんなことを繰り返してしまうなんていうことも生徒さんの悩みでよく聞きます。

いつも計画は立てるけれどもうまくその通りに進められないという悩みをお持ちのあなた。

そんな時は自分の立てている計画を次の点に着目して今一度見直してみてください。

目標は明確になっていますか?

何事も計画を立てる前に目標をはっきりさせましょう。何をすべきかは何を達成したいかによって変わってきますからね。

現実的に実現可能な計画ですか?

いくら計画を立てても実行されなければ意味をなしません。仮に毎日6時間勉強するという計画を立ててもやらなければ意味はありませんよね。自分にとって少し余裕をもって実行できるくらいの計画を作成しましょう。

その計画、具体的ですか?

計画自体がぼんやりしているとなかなかやる気がおきないものです。

いつまでに何をどのくらい行うのか。期限と具体的な行動でもって計画を立てましょう。

1時間数学の勉強をする。これはあまり具体的とは言えません。今日の何時までにワークの何ページから何ページまで終わらせる。ここまで具体的に計画できるとやるべきことが明確でいいですね。

目標が達成できる計画ですか?

さて、計画を立てる目的は目標を達成する為ですよね。そのためにまずは十分な期間をもって計画を立てましょう。テストに対して2週間前から計画を立てて勉強するのと1か月前から計画を立てて勉強するのではどちらが良いでしょうね?ギリギリになっての計画だと目標達成のためには結構な無理をする必要が出てくることがあります。その結果計画通りにすすめられず。。。なんてことになりかねません。目標達成する為に必要な量を実現可能な計画で進めるためにできる限り早い段階で動き出すことが望ましいですね。

さて、各学年テストが1か月ほどに迫ってきましたね。

早め早めの計画で目標達成に向けて動いていきましょう!

我々も計画作りから進捗状況の確認など全力でサポートしますので一緒に頑張りましょう!

ではまた!

札幌の塾なら個別指導の学習空間

期待の仕方

皆さんこんにちは


個別指導塾の学習空間、新琴似・北24条東教室の清水です。


いきなりですが皆さんは何か本(学生なら教材)を買って、それを全て読み続けよう又参考書なら1日何ページとして、しっかりやろうなどの目的を持って、行ったが、途中で断念した事ってありますか?

もし「そんな事ないよ」と言う方がございましたら、申し訳ありませんが、今回の内容はつまらないかもしれません。

自分は学生時代に参考書を購入しては1日何ページやろうと言うことを決めていました。
ですが、それは大体3日後1週間後にやらなくなっていたのが現実でした。

ではなぜそのようなことが起こってしまうのか?

今日はそれをお伝えしたいなと思います。

いきなり結論を言っちゃいますと、ますとそれは「期待」をしてるからなんです。

では、その期待と言うのはどのようなことをかと言うと

例えば、自分が本を買った時に「よしこれで自分は頭を良くなるんだ!」
と思って使い始めると思うんですが

そもそもそれが間違いと言うことです。

私は、学生時代に、「この本を買って、頭良くなる」と思っていましたが、これは、私が、本に「この本が自分を頭良くしてくれる」と無意識に思っていたんです。。

ですが、その期待を持ちながらその参考書または本を読むと実際は、思っていた以上に内容が面白くない・内容が少し複雑・読む時間をなかなか作ることができないなど
購入した時には思ってもいなかったことが起こってしまい、使わなくなりました。結果何も変わらず、「期待はずれ」ということになってしまいました。


そして人間は期待はずれなことが起こると、とても気持ちが下がってしまい、それを続けることを辞めてしまいます。

そして、辞めたことによって自分がこんなことも出来ないのかと言うネガティブ思考に走ってしまいます。

そうなってしまうとその本はずっと本棚にあり、一生読まないで人生を終えることになるかもしれません。

ではそうならないためにはどうすれば良いか?
それは、まずは本に期待をすると言う考えをなくすことです。

そして無理のない計画を作ることです。
例えば、学生で、参考書を1日4ページやることを計画にしていたら、その4ページは何分以内にちゃんと終わるのかというのも、ちゃんと計画を立てなければなりません。

そうでなければ、その4ページが、毎回1時間から2時間かかってしまっている場合は、自分の他の時間も削ることになるので、多分2日は頑張れると思いますが、その後は心が折れてしまいます。

ですので目標を決める場合は、時間や量を確認して、自分はこの本を1年以内に読み切る。
参考書ならこの単元を半月以内には終わらせる。
また自分では、わからない問題があったらそれらには、チェックをして、学校の先生に教えてもらう、又は塾の先生に教えてもらうなど、無理のない計画を立てることが大切です。

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>