未分類

1年の終わり

個別指導塾の学習空間札幌太平教室・札幌前田教室の今村です。

早いもので今日でもって2021年も終わりですね。
ついこの間始まったばかりな気がします。
歳を重ねるごとに時間の流れがあっという間に感じるようになると言われますがまさにその通りで年々1年が短くなっているのでは!?と感じるようになってきました。

皆さん2021年はいかがでしたか?
今年もコロナの影響を受けいつも通りとはいかない1年でしたが、ワクチン接種も進み、少しずつウィズコロナの生活も浸透してきましたね。
まだまだオミクロン株など予断を許さない状況ではありますが、少しずつ落ち着いていってほしいものですね。

もう間もなく2022年がスタートしますが、皆さんも1年を振り返りつつ、新しい1年どんなふうに過ごしたいか目標を決めましょう。
だらだらしていたらあっという間にまた1年終わってしまいますよ。

受験生の皆さんはここから追い込みの時期です。
1月の共通テストを皮切りに高3生は怒涛の日々が続きますね。
中3生の皆さんも受験まではあっという間です。
受検当日自分を支えてくれるものはそこまで頑張ってきた積み重ねしかありません。

少しでも自信をもって受検当日を迎えられるよう大変だと思いますが一緒に走っていきましょうね。

では、2021年もありがとうございました。
2022年も学習空間をよろしくお願いしますね!

よいお年を!

札幌:札幌の塾なら個別指導の学習空間

好きなことをやる

札幌の個別指導塾の学習空間、北41条東教室・あいの里教室の尾造です!

突然ですが皆さんは、将来やりたいことはありますか?
将来の目標とか、なりたい職業とかのことです。

正直、「まだない。分からない」という人がほとんどかもしれないですね。

私も、学生の頃はまだ考えたこともありませんでしたが、そう遠くないうちに「将来何をしようか。何になろうか」と真剣に考えなくてはいけない時が来ます。
将来に関しては色々な選択肢があると思いますが、結論から言うと私は「好きなこと、やりたいことをしている人が最強!」と思っています。好きなことをしている人、夢中で取り組んでいる人を見ると、なんだかキラキラしていて、エネルギーをもらえますね。
「自分はこれをしている時が楽しい、ワクワクする!」というものに出会えたら、それはとても幸せなことです。

ただし、そう簡単に出会えるとはかぎりません。
そして、出会えないからといって不幸せかというと、決してそんなことはありません(どっちだよ)

正直、出会えるか出会えないかは誰にもわかりません。
だからぼくは、「出会えたらラッキー」ぐらいに思っています。

どうやったら出会えるかというと、
「色々なことに興味をもってやってみる」「興味をもったものはとにかくとことん追求する」ということだと思います。
自分が将来何に出会って何に興味をもつかなんて分かりません。色々と試してみて、後になってから「あ、自分はやっぱりこれが好きかも」と気づくこともあります。皆さんもこれから先、「これだ!」と鳥肌を感じて「これをしている時が一番楽しい!」と思うものに出会えるといいですね。
そしてそれまでは、食わず嫌いせずに色々なことに挑戦してみましょう!

札幌の塾なら個別指導の学習空間

勉強の話だけではないのだよ

どうも
個別指導塾の学習空間、北海道札幌第一エリア、新琴似教室、石狩南教室を担当しています清水です。

本日は、学習空間で生徒さんと指導中によく話す雑学を皆様にお伝えしたいと思います!

学習空間の生徒で、私の曜日に来ている子は、何度か聞いたことがあると思いますし、学習空間はまだ知らなくて、HPとこのブログを読んでいただいている方は、生徒と講師が勉強以外にもこのような話をするんだと思いながら見ていただけたらなと思います。

明日ら学校に友人に自慢したくなる雑学4選!
雑学1
一円玉を作るのにかかるコストは2円
こちらは、クスッと笑える小ネタ。一円玉を作るのに、2円のコストがかかっているそうです。原料となるアルミニウムにお金がかかっているという理由ですが、作れば作るほどマイナスになるわけですね

雑学2
「もしもし」は「申す申す」を略した言葉
もしもしは、元々「申す申す」が略された言葉だそう。「申し」は、本来目上の人への呼びかけの言葉として使われていたようです。ちなみに、「もしもし」の前は「おいおい」との呼びかけが使われていたとか。今、考えると不思議な言い回しですよね。

雑学3
果汁100%以外は「ジュース」ではない
市販で売られているジュース類には、果汁の含有量が表記されていますが、実はジュースと呼んでいいのは「果汁100%」のもののみ。果汁100%未満のものは「ジュース」と表記してはいけないため、パッケージには一切ジュースの表記はありません。これ知っていましたか?

雑学4
朝食という言葉を作ったのは、まさかのあのエジソン。
電球の発明で有名なエジソンですが、実はトースターも発明しているんです。
そのトースターを世界に広めるために、1日3食は必要で朝はパンがおすすめだ!
とみんなに自分の発明した作品を広めたみたいです!

このように学習空間では、個別学習ならではの生徒に合わせて楽しい話をしたり、進路の話をしたり、時には学校のお悩み相談を聞いたりもします。

生徒との関係性も強く、生徒をとことん育てる学習塾をお探しの方はぜひ学習空間にお問い合わせください!

各教室の楽しい先生方が皆様の将来のサポートを全力でさせていただきます(^^)/

youtubeを使った勉強法

こんにちは、個別指導塾の学習空間、あいのさと教室・新琴似北教室の矢ヶ崎です。

年末が近づくにつれ、だんだん冬の到来を感じる季節になりました。
アウトドアをするにも辛い気温になってきましたので、今日はインドアの過ごし方についてお話したいと思います。

最近、講師同士でもよく話題に上がるのが「youtubeを使った勉強法」です。
いわゆる教育系ユーチューバーという方のチャンネルを使って映像授業を受ける、という勉強法ですね。

私はどちらかというと古い勉強スタイルを好んでいたので、まずは本を使って勉強、というとこから入りがちでしたが、こうした映像授業を見てみるといくつかのメリットがあることに気が付きました。

ひとつはやはり映像は記憶に残りやすい、ということです。
対面授業と同じで、映像は目と耳を使って記憶するので、一人で本を読むよりも記憶に残りやすいと感じました。

次に内容が面白く手軽に楽しめる、ということです。
再生数などの関係もあり、最近のyoutubeは内容的にもかなり工夫されていると感じました。もちろん参考書もわかりやすく面白く工夫されてはいるのですが、映像による面白さは一味違うなと感じます。
またネット環境があればいつでも手軽に楽しめる、というのも魅力の一つかと思います。

とは言えいいことばかりではなく、自分のテンポで学習を進めたいという方には合わないかもしれませんし、お気に入りのチャンネルが見つけられないという可能性もあるので、あくまでも補助の一つとして考えるのがよさそうです。

自分の勉強スタイルを確立して、効率よく学習を進めていきたいですね。

札幌の塾なら個別指導の学習空間

もう寒い季節がやってきました

個別指導塾の学習空間、札幌前田教室の三上です!

こんにちは!
もう気がつけば11月ですねぇ!はやすぎてビックリしています。

私はもう暖房付けてしましました(笑)
ヒートテックも着てます!!

外に出るのも億劫になりますが元々私は引きこもりな方なので、お家でぬくぬく映画を見て過ごしてます(笑)
いつものことですね(笑)

ということで、最近見た映画を紹介したいと思います。
「イエスマン」という映画です。離婚をして以来、人生に後ろ向きになっている主人公の銀行員が自己啓発セミナーに参加します。そこでセミナーの人から「これからは何にでもイエスと答えること」を約束させられます。そこからどんどん人生が変わっていくストーリーです!

面白かったので興味ある方は是非見てください!

それではこの辺で!
ありがとうございました。
札幌の塾なら個別指導の学習空間

寒くなってきました

個別指導塾の学習空間札幌太平教室・北24条東教室の本間です。

秋も後半にさしかかりまして、冷え込んできましたね
明日は10/31ということでハロウィーンです
去年まではコロナでイベントごとは自粛でしたが
今年はすこし落ち着いてきて、活気を取り戻しつつありますね

ハロウィーンにはおかしを配るのは良く聞きますが
普段、あまりお菓子を食べないのでここぞとばかりに
お菓子を用意するといつも誘惑に負けて食べてしまいます

ですが、今年は一味違います
実はいま健康キャンペーンと題して
数人の先生と減量計画を立てているのですが
わたしの場合は筋トレと食事制限の減量で今絞っているとこです

減量する場合の食事制限には
糖質制限と脂質制限の2種類があり
わたしは、お米が大好きなので
糖質制限ではなく、脂質制限をしています
1、タンパク質を多くとること
2、脂質を多く含む食品を減らしてお米でカロリーを整えること
この2点にあわせて、やっていますが結構長続きしています
調味料は、塩コショウと香辛料にかぎられたりするのですが
身体が軽くなってきているのを感じます
ただ、体重はまだ目に見えて変わっていないので
しっかり続けて、来年の春までに体重をせめて
せめて煩悩から遠ざけたいなと思います

PS減塩はすこし遠回りすることにしました

札幌の塾なら個別指導の学習空間

思わず涙・・・

個別指導の学習塾、学習空間、新千歳エリア、恵庭教室・千歳花園教室を担当しております 辻森 です。

実は・・・
つい先日、感動のあまり涙を流しました。

オリンピックなどで感動することはあっても、なかなか目から涙がこぼれることはそうそうありません。

何に感動したかと言いますと、

 

 

煉󠄁獄 杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)という男に感動したのです。

 

 

はい、その通り!!鬼滅の刃「無限列車編」を見たのです。
緊急事態宣言などでタイミングも合わず、劇場へ見に行くことが叶わなかったので、地上波の放送を心待ちにしていました。
そして、先日の放送を見ました。

得てして、あまりにも大きな話題作だけに、「良い映画だったなー」くらいで終わるかと思っていたのですが・・・感動!

 

もちろん単行本は全部持っていますが、明日から原作には無いシーンを含めたアニメが放送されることになっています。

新しいアニメは全然わからない40代ですが、感動と興奮を求めて、じっくり録画していこうと思います!

 

そして 煉󠄁獄 杏寿郎の母、瑠火(るか)が子供のころの杏寿郎に言ったセリフ

 

なぜ自分が人よりも 強く生まれたのか わかりますか

弱き人を助けるためです

生まれついて 人よりも多くの才に恵まれた者は

その力を 世のため人のために

使わねばなりません

天から賜りし力で 人を傷つけること

私腹を肥やすことは

許されません

弱き人を助けることは 強く生まれた者の責務です

責任を持って 果たさなければならない

使命なのです

決して

忘れることなきように


(出典:鬼滅の刃8巻)

自分自身を含め、多くの人は力のあるものではないのかもしれません。
しかし、天からの才に恵まれたどうかは別として、力のある者・知恵のある者・立場が上にある者が、
責任持って人のために生きることは、今の時代にとても大事なことなのではないか?と思いました。

 

恵庭・千歳の塾なら個別指導の学習空間

受験生が悩みがちな究極の2択

どうも

個別指導塾の学習空間、新琴似の清水です。

受験勉強は量より質?それとも質より量?

これは多くの受験生が必ず悩む問題のひとつです。

自分なりに精一杯勉強しているにも関わらず、なかなか成績が上がらないと「やっぱり勉強は量より質なのかな・・・」と悩み、場合によっては「自分は勉強の才能が無い」とやる気を失ってしまうことでしょう。

また同級生や先輩などにアドバイスを求めても「勉強はとにかく量だよ」「質を求めるのが何より大事」など、異なる意見をもらって困惑した経験をお持ちの受験生も多いのではないでしょうか。

そこで本日は「受験勉強は質と量のどっちが大事なのか?」ということに関して説明を行います。

まず結論から申し上げると「受験勉強でまず重要なのは量!」です。

短い時間で効率よく勉強を進め好成績を収めるというのは受験勉強に悩む多くの学生の理想であり、またそのような状態にある学生は非常に羨ましく思うことでしょう。

しかし、そのような状態に持っていくためにはまず量をこなさなければなりません。

量をこなすことで自分の理解度を知り、どのように勉強を進めればよいか把握することができるためです。

受験勉強において「質の高い勉強」とは、効率よく好成績を収める勉強方法のことを指します。

そして効率よく好成績を収めるために欠かせないのは、自分の理解が足りていない分野をしっかりと把握することです。

そういった分野を重点的に勉強し勉強時間を好成績のために最大限に活かすことが、質の高い勉強を実現するにおいて何よりも重要なのです。

そして上述したように理解度をまず把握するためには、量をこなすことが欠かせないのです。

このような理由から、「量」をこなすことで「質」が上がっていくと結論づけることができるのです。

「量は十分にこなしているつもりだけれど、中々質が上がらない」

このように感じている受験生も多いのではないでしょうか?

そういった受験生には「PDCAサイクル」を意識することをお勧めします。

PDCAサイクルとは「Plan(計画)」、「Do(実行)」、「Check(評価)」、「Action(改善)」という一連の流れを指し、業務の効率化を目指すためによく用いられる方法の一つです。

これは受験勉強においても非常に有効です。

なぜならPDCAサイクルのうち「Check(評価)」および「Action(改善)」の部分は、「量をこなす中でわかった理解不足が足りない分野を重点的に勉強する」という質の高い勉強のために必要な行動そのものであるためです。

おそらく「量が質につながらない」と悩む受験生の多くはこの「Check(評価)」「Action(改善)」の部分ができていないのではないでしょうか。

ぜひ一度自身の勉強を振り返って「PDCAサイクルをうまく回せていたか?」ということを確認されてみてください。

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

パズル

2回目の登場になります。北24条東教室、石狩南教室担当の宍戸です。

今週、中3生さんは学力Aテストがありましたね。夏休みまでに行ってきた今までの復習の成果は出せましたでしょうか?
これからも学力B、Cテスト、定期テストとテストが続いていきます。全てのテストで実力を発揮できるようにしっかりと勉強を進めていきましょう。

今回の学力Aテストでは理科がかなり難しかったかと思います。特に大問2の電流の範囲は大変でしたね。
見えない箱の中を想像してパズルのように解かなくてはいけない問題で頭を柔らかく使う必要がありました。

今後このようなパズルに近い問題がどの科目でも出てくる可能性があるので注意していきましょう!
勉強に飽きたときには簡単なパズルで脳を柔らかくしてみるといいかもしれませんね。

ちなみに自分が中学生のときにはよく漢字パズルをやっていました。
その名残で、今も書店に行くと漢字パズルの雑誌に目がいってしまうことがあります。

秋の夜長に、昔を懐かしんでパズルにいそしむのも悪くないかと思う今日この頃でした。

札幌の塾なら個別指導の学習空間

秋の夜長に

個別指導塾の学習空間、新琴似北教室・あいの里教室の矢ヶ崎です。

残暑はまだまだ続くものの、日が落ちるとすっかり秋らしくなってきました。

日本の四季にはそれぞれ魅力がありますが、虫の声は秋を代表する魅力の一つだと思います。とういうことで今回は虫に関するお話をしたいと思います。

私はもともと虫嫌いでしたが、庭の手入れをする上で否応なく様々な虫に触れる機会が増え、そのおかげでほんの少し耐性をつけることができました。園芸をする人にとって虫は害になることが多いですが、改めてじっくり見てみるとなかなか愛嬌があります。

そのうち秋になり虫の声が聞こえる季節になったとき、ふとこれはなんという虫の鳴き声なんだろうと気になりました。昔であれば図鑑を使ったところですが、現代はたいていのことはインターネットですぐに調べることができます。

鳴く虫といわれて思いつくのはスズムシかキリギリスくらいの知識しかありませんでしたが、調べたところどうやら私の家の周りにいたのはマツムシ、カンタン、エンマコオロギ、オカメコオロギ、ヤマトヒバリなどの虫だったようです。まったく馴染みのある虫ではありませんが、鳴き声自体は誰でも聞いたことがあると思います。

さらに調べると、虫の「声」とよく言いますが、正確には鳴いているわけではなく羽をこすり合わせる音だったりするそうです。改めて調べてみると、身近なものでも知らないことだらけで、なにかに興味を持つことや不思議に思ったりすることの大切さを感じさせられます。

こうした小さな発見が、子どもの興味・関心を引き立てることも多いと思います。そして興味さえあればたくさんの情報を得られる時代ですので、ぜひ秋の夜長にご家族で虫の声を聴いてみてはいかがでしょうか。

札幌:<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>