千歳教室

半年!?

お久しぶりです。千歳北陽教室、千歳花園教室担当の奥田です!皆さまお元気でしたか?北海道の緊急事態宣言に、はぁ、とため息をつきたいこの頃ですよね。いつも間にか当たり前になっていることが怖いですね。

夏休みからの夏期講習、前期期末テストが終わり、また腰の調子もよかったので最近ドライブをしています。息抜きには最適です!先ほどもむかわ町まで行ってきました!

深夜徘徊 100キロおじさん!(二つの意味で!)

あきらかに危ない人になってしまいますね笑

そして気が付けば9月!夏だ夏だと思っていたら秋ですね。そしてお気が付きでしょうか?そう!受験まであと半年!はやい!

これから学力ABCと続いていきますね!テストのオンパレードです。ドンドン勉強して自分の将来のために頑張っていってください!

頑張れるのは、今です!頑張るべきなのは今なのです!

千歳:<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido01/”>千歳の塾なら個別指導の学習空間</a>

走破時計を・・・続編

悔しい、次こそは、必ず勝つ。自分自身に負けてたまるか。①

前回の屈辱を晴らすべく、
タイム更新を狙った。
よし、雨が降っていない、つまり、走れということ。(降っているときにあえて走るのも大切だと思っている。これも自分自身への負荷である)
今日は勝つ。負けてたまるか。②

準備体操をしてスタート前。そういえば、昔、応援団長をやったときに準備体操の模範もやってくれと先生に頼まれたっけ。懐かしいなー。
怪我もある程度は経験をしてきたので、(大きな怪我ではないのですが)準備体操の大切さを充分に理解しているつもりである。③

さて、スタート。
今日は、最初からセーブをしない。
飛ばし気味の立ち上がり。
リズムが取れない。
脚が直ぐに重たくなった。
リズム、リズム。
呼吸、呼吸。④

ちょっと待て待て、
そもそも、私は短距離大得意、長距離苦手だった。
長距離は嫌いである。
そもそも、そもそも、
短距離以外に走るのは嫌いである。
では、なぜ走るのか?
嫌いなことへの挑戦、自分自身への挑戦だからである。⑤

まあよい。
とにかくリズムだ。
よしよし、整ってきた。
あ、この前の桜ちゃんだ。
花が風と雨で大分落ちたな。
でも、綺麗、綺麗。

おっ少し雨が降ってきたが、まだ持ってくれそうだ。
もうスタートしている。
雨くらい何のその。
風は前回程はないな。

あとコーナー2回。
ここは少し溜めて、しかし、
溜めすぎていると負けるかもしれない。時計は見ない。⑥
(レースであれば見るのも大切かもしれませんが笑)

最後のコーナーから
直線。
ラストスパート、ラストスパート、これは前回よりも速いのだろうか?いや、負けられん。
くそっ
自分自身の声が表に出た。
さすがにきつくなったらしい。笑。⑦

必死のラストスパート
(実は必死ではなかった、まだどこかに怪我をしまいとセーブした自分自身がいた)⑧

だが、前回の自分自身に負けるわけにはいかない。⑨

重くなった脚を前へ前へ、
そうだ、人生は前へ前へだ。

ゴールイン!
さあ、タイムは?!
大幅に更新!
目標は、1秒でも縮めたら今の自分の勝ちだった。⑪

ちょっと本気だしゃ、こんなもんよ。自分自身が誇らしげだ。笑。⑫

よし、次はもっと頑張ろう。
いや、次はまた辛そうだな。笑。またリセットして挑戦してみよう。⑬

クールダウンし、終了。
しっかりとたんぱく質も補給。エンディングも大切に。⑭

注)力強い表現があることを
お許しください。

皆さん、
いかがお過ごしでしょうか?

個別指導塾の学習空間、チーム北海道、北海道新千歳エリアの恵庭教室、千歳北陽教室を担当させていただいています、沖村です。

今回は、前回のブログの続きです。
もうお気付きの方も多いでしょう。
そうです、数字です。
文章の随所に数字を打ちました。
軽くですが、解説します。
勉強、スポーツ、芸術、生活、人生において、なかなか繋がることであると思わされます。
勿論、ほんの一部ですよ。笑。私が、生徒の皆さんによく伝えていることの一部でもあります。

①前回、思ったよりも記録がでなかった私は、次回へのリベンジを誓いました。
→自分自身との約束。
②やるぞ、という覚悟。
③物事の準備の大切さ。
④物事、リズムよく行うと、自分自身が乗ってくることがありますよね。リズミカルとは大切なことですね。
⑤嫌いなことへの挑戦、
私は自分自身に負けることが大嫌いです。ストイックです。そして、人に自慢できることの一つに意志の圧倒的な強さがあります。開始するなら開始し、継続する。止めるならば、きっぱりと止められる。嫌いなことへの挑戦は、生徒の皆さんにもよく話します。嫌いな勉強、嫌いな科目、嫌だと思うことを耐える力、忍耐力、乗り越える力、とても大切です。大人になってからも必ず生きてきます。役に立ちます。強くなります。
⑥時計を見ないくらい、集中して頑張ることも大切。
⑦頑張る自分自身って輝いていないですか?笑。それも大切な一つですよね。ちょっぴり、馬鹿らしく、ちょっぴり恥ずかしい。でも、それがまた、良いではないか。
⑧次を見据えたのでしょうか、どこかにセーブをした自分自身がいました。もし、次に自分自身を超えるには、これを感じるようだと超えられないかも。限界、フルパワーはどこなのか?を把握する大切さ。
⑨再度、自分自身を鼓舞する。自分自身を励ますことも大切ですよね。
⑩暗闇を吹き飛ばせ!
⑪一つだけでも前進できたのなら、自分自身の歴史が変わったということ。
⑫何か嬉しいぞ。達成感。これまた大切ですよね。
⑬次への意気込み、もう少しだけ、次回はまた頑張ろうという自分自身への約束。
⑭最後も立つ鳥跡を濁さず。
生徒の皆さんも使った物を片付ける、掃除をする、椅子を入れる、しっかり後片付けをして、その日の学習が終わりますね。

たかだか、ランニング、
しかし、学べることは、
無限ですよね。

昔、父親が、よくランニングに出掛けていました。
子供だった私は、親父は、マラソンが好きなのだな、と思っていました。
なかなかの年齢の父親ですが、今もなお、トライアスロンに挑戦し続けています。
数年前に観に行きました。
約30年、知らなかった真実を知りました。

『マラソン、嫌いやで。』

え?
時が一瞬止まりました。

自分自身への挑戦、
健康等の為に走っていたとのこと。
驚愕な事実を知りました。
改めて、人って表面ではわからないことが沢山、と
考えさせられました。

ちなみに一緒に走りに
行ったとき、小学生の私は、つまらん、辛い、置いていかれる、泳いだ方が楽、
と良く思っていた記憶があります。
しかし、町を観察するのは、少しだけ楽しかったような。笑。あの鳥の巣箱、どうなったかな?とかー。笑。

話は尽きませんね。笑。

つづく。

恵庭・千歳の塾なら個別指導の学習空間

ゲームの話

札幌の個別指導塾の学習空間、北41条東教室・あいの里教室の尾造です!

タイトルにあるように、今回はゲームの話です。

「ゲームばっかりやって勉強がおろそか」という人へむけた、私の個人的見解です。

正直、私は子どもの頃はゲームが大好きでした。(大人になってからはあまりしていませんが)たぶん、今現役学生で、ばりばりゲームやっているみなさんよりゲームやっていた自負はあります。ゲームは人一倍やっていました。ニンテンドー64の初代スマブラなら誰にも負けません。

よく保護者の方からこんなお話を聞きます。「うちの子ゲームばっかりやって勉強なんてそっちのけで。。。」というお話です。

ゲーム三昧でゲームが生きがいなあなたにぜひこれを言いたいです。

ゲームはばりばりやって良いよ。でも勉強もばりばりやりなさい。と。

出来るはずです。「ゲームでめっちゃ遊ぶ」と「勉強めっちゃがんばる」は、両立できます。相反するものではありません。

そのために大事なことは、あくまで私の個人的見解ですが、“ゲームは明るい時間にやるべき”です。

夜暗くなってから、具体的に言うと晩ご飯のあとになってから、ゲームをやるのはおすすめしません。外が明るいうちは、「遊び」とか「余暇時間」ですむでしょう。でも夜中にやると、「中毒」になってしまいます。ゲームは、学校から帰ってから晩ご飯食べるまでの間に思い切り遊ぶのです。

晩ご飯食べたら、あとは勉強の時間です。勉強が終わっても、そこからまたゲームをしないでください。夜中にやると、「中毒」になってしまいます。

夜は、勉強する時間です。それを、ゲームをやりたい衝動を抑えきれずゲームをしてしまうのは良くないです。そうなってしまうと、「ゲームをして遊んでいる」のではなく、「ゲームに遊ばれている」のです。

一日中ゲームのことを考えて、ゲームが頭から離れない状態です。そのせいで勉強すべき時間まで圧迫されてはいけません。

今のゲームは中毒性があり、どんどんのめりこんで止められなくなるように出来ています。ゲームを悪く言うわけではありません。ゲームは悪くありません。ゲームをやりたい衝動をコントロール出来ないのが良くないのです。

ゲームをする時間を決めて、勉強する時間を確保して、「ゲームの時間」をきちんと自分でコントロールして遊んでください。

「でも、いつも夜8時くらいに友達と約束していっしょに通信ゲームしたいんですけど、、」という声が聞こえてきそうですね。そういうのはせめて土日にやりましょう。平日の夜中は勉強しましょう。 「平日は勉強しろって言われてるから、土日しか参加できないわ」とその友達に言って、「あっそ、じゃあもういいや。もういっしょにゲームしないわ」という人は、あなたにとって「大切な友達」ですか?

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

走破時計は・・・

今日も快調に跳ばしている。

少々、横っ腹は痛いが、

食べてからまだ間もないし、

お酒も軽く嗜んだから仕方がないか。

おっ、こんな所に綺麗な桜が。

遅咲きだな。まるで私のようだ。笑。
家族に明日、綺麗な満開な桜が咲いていた、と話そう。

いよいよ中盤だ。

向かい風が強いな。

そろそろスパートをかける態勢に入ろうか。

残りのターンは2回。

そういえば、馬は速いなあ。

今度は横から正面から風風。

春だなあ。

風なんて何のその。

吹き飛ばしてくれよう。

力まず力まず、フォームを維持しスパートへ。

脚が重い。

運動部の部活の生徒たちは、皆、こういうときは、何を考えているのかな。
勉強きつかったな、先生厳しかったな、今日は優しかったな、かな。
いや、きついから、そんなことは考えている余裕はないか。

車があっという間に追い抜く。
そういえば、昔、電車で釣りに良く行ったなー。
車があればな、何度も思ったな。
早朝、意外と今日は止めようかと思ったこともあったな。

しかしながら、意外と現地着いたら、やっぱり来てよかったな、と思うんだ。

だから、早朝、多少はやる気がなくても動いてみる。

餌も買ってるしな。笑。

さて、ラストラスト。

ラストスパート。

まだ寒さが残っているものの
春だなあ。
快調快調。

ラストスパートからの
ゴールイン!

さて、タイムは?

はあー。思っていたよりも
遅い。
やはり横っ腹が痛かったからか、前半抑えすぎたからか。

まあまあまあ、次回へ持ち越し。

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

個別指導塾、学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室、千歳北陽教室を担当しています沖村です。

久々のブログです。

2021年もまもなく半分ですね。
時間はあっという間に過ぎていきますね。
何度もブログに載せてきましたが、まさに光陰矢のごとし、ですね。
同年代の保護者様も多く、よく世間話もします。
ちょっとしたことでもお話をしてくださり、身近に感じられます。
勿論、メインは生徒さんのお話ではあるのですが。笑。

お互いに健康第一に
人生の一部の時間を共有できれば幸いです。

それでは、また。

人生旅の途中でー。
2021.05.18

恵庭・千歳の塾なら個別指導の学習空間

可能性を拡げよう!

皆さまGWは満喫できましたでしょうか?千歳北陽教室、千歳花園教室の奥田です!私はとあるゲーム機を買うために二日お店を回っていました笑
久々のショッピングで楽しかったです!

昨日生徒とも話しましたが、日々の勉強は今後で直接使えないものもあるかもしれません。覚えても意味ないじゃん。と。しかし、勉強で一番大切なことは学んだことよりもその過程だと私は思っております。
数学でいえば計算の途中式。この式から次にどのように変形するか、筋の通っている流れになっているか。この力は研究や相手に説明、説得する力そのものになります。
社会の歴史でいえばどのようなことが起こり、その過去の人たちはどのように動いたか。成功したか失敗したか。人類で積み上げてきた経験、データをみてどう考えるか。
これは身近でもあるのではないのでしょうか。友達が新しいスマホを買って使いやすいよ。前の機種の方がよかったよ。など。他人の経験を情報として使い、自分はどうするかを考える。考えることが可能性を拡げることに繋がるのです。そのための練習を”勉強”という道具を使って今は練習しているのだと思います。

今年最初のテストがもう少しでやってきます。テストは自分への挑戦!その過程で色んなことを考えてみて自分を拡げて下さい。そして日々の自分の努力を試すしてみてください!そうやって挑戦していき、自分の可能性をドンドン無限大まで拡げてください!
将来の自分を支えられるのは今の自分!未来の自分を守ってあげてください!

http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido01/ 千歳の塾なら個別指導の学習空間

この人を知ってください!

個別指導の学習塾、学習空間、新千歳エリア、恵庭教室・千歳花園教室を担当しております、辻森です。

 海外で活躍している日本人はたくさんいますよね。
特に、スポーツの分野で活躍している日本人も、近年増えてきているように感じています。しかも超一流という舞台で!

 メジャーリーグで二刀流を実践している大谷翔平選手はもちろん、先日、ゴルフーのメジャータイトルで最も有名とも言える「マスターズ」で優勝した松山英樹選手もすごいですね。

 しかし、今日知ってほしい選手は、聞いたことが無い人の方が多いかもしれません。その選手は・・・・・・

 渡邊 雄太(わたなべ ゆうた) 選手です。

アメリカのNBAで活躍している日本人です。
NBAで活躍していると言えば、八村塁選手が有名です。八村選手はアメリカの大学からドラフトでNBAに入団した、ある意味スター路線を歩んできた選手です。もちろん、これはこれで、とてつもないことではあります。

 しかし、渡邊選手は、アメリカの大学を卒業したのち、NBAには入団できず(選ばれず)、NBAの下部組織に該当するGリーグに出場しながらNBA入りを目指すことになりました。Gリーグの試合に出ながら、NBAの試合にも出れる(試合数は限定)という契約をする選手も多く、チームとしても、けが人が出た場合や、今後成長が期待できる選手の育成と確保として、とても理にかなった契約でした。2way契約というそうです。

 渡邊選手もその一人で、2018-19シーズンには、ついに日本人二人目のNBAの舞台に立ち、NBA選手の誕生!と沸き立ちました。これだけでももちろんすごいことですが、厳密にいえば、舞台には立ったものの、契約的には上記の2way契約であったため、本当の意味でNBA選手とまでは言えなかったのかもしれません。

  2020年11月26日にトロントラプターズのトレーニングキャンプに招待され、プレシーズンゲームでの活躍や姿勢や人柄も評価され、12月20日にラプターズとツーウェイ契約を結びました。渡邊選手は当初キャンプに参加した全20選手中、最も立場が下の無保証(ノンギャランティ)の契約だったそうです。そこからN少しずつ活躍を積み重ね、チームに慣れ、相手にも慣れてきたのか、渡邊選手の良さが目立つ試合も増えてきたように感じました。

そして、ついに!!! 4月19日にラプターズと正式契約を結びました。

その時の渡邊選手のコメントが、「努力しつづけてきた甲斐がありました。」

本当に、とてつもない努力をしつづけてきたのだろうなと思います。そして多くの苦労を乗り越えてきたのだと思います。今後の活躍を本当に応援したいと思います。

 
恵庭・千歳の塾なら個別指導の学習空間

新しい季節ですね

今日は教室で生徒とこんな話をしました。

その生徒は、1年前の4月、高校に入学したばかりのころ、こんなことを言っていました。「ぼく、クラス代表に立候補するんです」と。

正直、そういう役をするタイプには見えず、どちらかというと表に出ないタイプの子でした。

「ぼく、中学の時は引っ込み思案でしたけど、ていうか今もそうですけど、でも何か自分を変えようと思って、立候補することにしたんです」

その心意気や良し!と思い、大いに応援しました。実際は、クラス代表に立候補する人がたくさんいたので、書記になったそうですが。

塾で指導していて、生徒の成績が上がることは当然うれしいですが、こういった人間的な成長を見られるのはまた格別な喜びを感じます。この子は今、一歩踏み出してみたんだなー、と。

そして今年も春が来て、またその子に話しました。

「去年みたいに、なんでもいいからなにか新しいこと始めてみたら?勉強以外でも、趣味でも、友達関係でも。今までやったことないこととか、話したことない人と話してみるとか」と。

4月になりました。新しい季節です。何か始めるにはいい季節です。 この生徒のように、今までと違うこと、やったことないこと、話したことない人、興味なかったもの、などに触れてみると良いかもしれません。

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

北海道公立高校入試当日

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室、千歳北陽教室担当の沖村です。

いよいよ、入試当日を迎えましたね。大雪により、一日延期でしたね。

私たちの担当をしている生徒さんたちには、昨夜、今朝と激励のメッセージを送らせていただきました。

あとは、祈るのみです。しかし、不安は一切ありません。

それだけ皆と一緒に私たちも過ごしてきましたので。

皆、いってらっしゃい! ファイトです!

個別指導塾 学習空間 新千歳エリア

https://www.gakushu-kukan.com/hokkaido01/eniwa/

https://gakushu-kukan.com/hokkaido01/chitose/

https://gakushu-kukan.com/hokkaido01/chitosehanazono/

ムーンライトながら

札幌の個別指導塾の学習空間、北41条東教室・あいの里教室の尾造です!

少し前にこんなニュースをみました。

「ムーンライトながら」役割終え廃止

ご存じないでしょうか?「ムーンライトながら」というのは、東京から岐阜までをつなぐ夜行列車です。

この名前でピンとくる方は、そうです、「青春18きっぷ」を利用して旅をしたことがある方ですね。

そもそも「青春18きっぷ」とは、格安で1日在来線乗り放題の切符です(うろ覚えなので間違っていたらすみません)。昔私が利用したときはたしか2300円/日くらいでした。

ムーンライトながらに乗ると、東日本から一晩で一気に西日本まで到達することができます。

私が大学生のころ、とにかく時間だけはありあまっていました。というか、もてあましていました。さらに、「水曜どうでしょう」の大ファンだったことから、仲間と一緒によく旅をしていました。東京に住んでいる友人の家から、福岡に住んでいる友人の家まで、5人で電車の旅をしました。

夏だったので猛暑に苦しみ、夜行列車といっても座席だったのでろくに寝られず、常に移動しっぱなしで、東京を出発してから福岡の友人宅に着いたのは25時間後でした。地獄のようでした。ですが、2300円で東京から福岡まで移動できました。完全に若さの勢いでした。今はもう、出来ないでしょう。体力的に。

でもあの電車の旅は、鮮明に覚えています。強烈な思い出です。廃止になってしまうのは寂しいですが、おかげで当時の思い出がよみがえりました。

ムーンライトながらに乗ったのも、(たしか)あの1回だけでしたが、忘れず覚えているものですね。

みなさんもぜひ機会があれば日本の色んな場所を旅してほしいです。そして実際にその目で見たものが、今教科書の中で学んでいるものとつながってくるはずです。

個人的には、兵庫県明石市を通過した際にみた、東経135度、つまり日本の標準時子午線を示すモニュメントが特に印象に残っています。

「兵庫県明石市、東経135度…、教科書で習ったとおりだ…!本当だったんだ!」と。 当然教科書に書いてあることなので本当なのですが、実際に目で見ると、やはり感動を覚えました(^^

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

個性って何だ?

個別指導の学習塾、学習空間、新千歳エリア、恵庭教室・千歳花園教室を担当しております辻森です。

 久しぶりのブログになってしまいました。

 さて、題名の通り、今日は個性について話してみたいと思います。

 個性というと、どういうイメージ持っているでしょうか?
中学生や高校生くらいであれば、「おもしろい生徒」「運動神経抜群な生徒」「クラスの中心的な生徒」「絵が上手な生徒」などなど。

 確かに、そういうわかりやすい個性もありますよね!
でも、学校生活で表面化してくるものは、まだまだ個性の一部分でしかありません。そもそも、表面化してくることが個性とも限らないものなのです。

 物凄く地道に、でも確実に何かを実行できる人がいたとしましょう。

おそらく、若いうちは目立っていないかもしれません。組織の中で抜きん出た存在ではないかもしれません。では、この人は個性が無いのでしょうか?

 いいえ。もちろん、そんなわけはありません。地道に頑張れることも、立派な個性の一つです。むしろ、そういう個性は、大人になるにつれて、とても誇らしいものだと思います。

 例えば、とても面白い話ができる人がいて、人気者だとしましょう。わかりやすく「おもしろい」という個性を持っているわけです。
でも、この人が面白い人間であるためには、「この人のことを面白いと思ってくれる人」が必要です。
 俺の方が面白い、私の方が話が上手いという人ばかりでは、逆に誰も人気者にはなれないことが容易に想像できますね。

 つまり、一見個性の強い人がいても、その人の個性が生かされるためには、それを認めてくれる別の個性が必要になるということです。

 地味で目立たないようでも、個性はちゃんと「ある」わけです。

 今、どこかで個性や能力を発揮できている人は、おごらずに自分を支えてくれている「別の個性」「別の人間」の存在を考えてみましょう。きっと、さらなる進化ができるはずです。

 今、どこかで個性が無いと思いこんでいる人は、自分の個性に気づきましょう。話を聞くのが好き・まじめだけが取り柄・などなど、誰かの役に立てることも立派な個性です。

 物凄く素晴らしい演説も、聞く人がいてこそですよね!!
聞き手が誰もいなければ、それは独り言です(笑)

 もちろん、このブログも、読んでくれる人たちがいてこそ!です。ありがとうございます。

恵庭・千歳の塾なら個別指導の学習空間