パンはパンでも食べられないパン

個別指導塾の学習空間、札幌富丘・札幌太平教室の江波です!

突然ですが、フライパンを買いました!!

去年、8000円くらいの高級品を買いましたが1年持たずに料理がこびりつくようになってしまったため、500円のものを買いました!

フッ素加工されていても、だんだん効果が薄れてきてしまいますね!!!

なぜか!?
基本的にフッ素加工は加工がとても難しい合成樹脂なんです。そのうえとても柔らかく、硬さはHBの鉛筆程度なので、簡単に破れます。
そのためにダイヤモンドやマーブルをまぶして加工して強度を増しているフライパンもあります。
そもそも、フッ素樹脂加工でフライパンと作るとなると、熱伝導が悪いので、樹脂を薄くしないと調理に適さなくなります。厚いといくら熱してもいつまでも素材に火が通らない…ということが起るわけです。
でも、樹脂に穴があいているとしたら…??ちょっと考えてみましょう。
そうです。水は入るわ、油は入るわ、塩は入るわ………。樹脂のピンホールから入った金属イオン(食塩も含みます)が本体を腐食させ、これが、樹脂を押し広げるようにコーティングを破壊してしまうんです

なので、これからは、三か月に一度買い換えようと思います!!!!

結構、ガチなひとり暮らしのお話でした★

ほな、またノシ

札幌の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA