1111

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室の渡邉です(^o^)丿

先日、
書類に日付を記入する機会がありました。
そうです!
令和1年11月1日!
1並びの日だったんですね。
記入するまで気が付きませんでした。
その書類とは、
旭川市営住宅手続きの書類です。
我が家は既にありますので、
埼玉に50年程住んでいた
(私も18年+13年住みましたが)
両親の引っ越しの日でした。

高校卒業、大学入学と同時に
私は旭川で生活をしていました。
母親の実家が奈井江町でしたので、
小学生の頃、
夏休みに長期間来ていました。
「北海道に住みたい」
その心が芽生えていたようです。
大学を考える選択肢の一つに、
「北海道」が入っていました。
大学受験の日も
「この旭川で暮らしたいな」
そう感じていました。

旭川で8年を過ごし、
埼玉の母校に教師として戻りました。
子どもにも恵まれ、
出産期や夏休み等、
機会があれば旭川に来ていました。
そんな中、
「やっぱり旭川で暮らしたい」
それが家族の夢となっていました。
そう簡単ではありませんでしたが、
縁あって再び旭川へ!
そんな息子の様子、
孫の様子を見に、
毎年GW前後を使って
両親も旭川に来ていました。

ある日、
「これが最後だなぁ」
その親父の一言から
今回の移住計画が始まりました。
終活という言葉もあります。
元気なうちに、
自分で身のまわりの整理をして、
息子家族の近くで暮らそう。
そう決断をして動いていました。
物件探しから手続き、
説明会等はこちらで引き受けました。
埼玉では
多くの知り合いが連日訪れ、
お手伝いをしてくれたそうです。
「旭川に遊びに行くね!」
たくさんの仲間の訪旭を
楽しみにしています。

新居の鍵の受け渡し、
それが1111!
令和1年11月1日。
渡邉家の出発の日でした!

皆様の記念日はいつでしょうか?

on the road 2019.11.8

旭川の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA