冬の訪れ

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室の渡邉です(^o^)丿

自転車に乗ると顔に、
車に乗るとフロントガラスに、
教室にいると教室に、
いよいよ来ましたね!
冬!!
そう、
雪虫です!

大学時代スキー部でした。
スキーといっても、
ポールを立ててタイムを競う
競技スキーではなく、
技術・華麗さ・ダイナミックさ、
それらを点数で競う
基礎スキーです。
簡単に言うと、
スキー学校に通い、
インストラクターに教わり、
意欲的な人は検定を受ける、
そんな感じでしょうか?
北海道の学校では、
冬にスキー授業がありますよね。
生徒の間でよく○班だった、
って聞きます。
上には上がいるものです。
もっと上手になり、
級別テスト1級に合格すると、
基礎スキーの大会に出場できます。
そこまでたどり着いてみませんか!
私は純粋に
「もっとうまくなりたい!」
その一心で打ち込んでいました。

さて、雪虫。
厄介な虫ですよね。
「自転車こいでいたら口に入った…
だから車で送ってもらった。」
そんな生徒もいましたね。
顔にプチプチ当たり、
知らない間に上着につき、
教室に入り込んで飛び回る。
虫取りに追われている生徒も、
そして私も手伝いました。
そんな季節がやってきました!

雪虫とは、
翅が生えて飛べるアブラムシ、
正式名:トドノネオオワタムシ、
だそうです。
厄介者でもあり、
邪魔者扱いもされています。
でも、
雪の便りを届けてくれる妖精!
とも言えます。
スキーヤーだったあの頃、
雪虫を見ると宴会をしてました!
一種の雪乞い!でしたね。

紅葉も深まるこの季節、
ふと気が付けば雪も降り始めるでしょう。
その季節に味わえる瞬間を
楽しんでいきたいと思います!

on the road 2019.10.11

旭川の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA