冷凍めんの話

個別指導塾の学習空間 札幌富丘教室・北41条東教室の石原です!

前回は電子レンジの歴史についてお話させていただきました。

今回は冷凍食品についてお話しようと思います。

冷凍食品と言っても様々ありますので、その中から冷凍めんについて取り上げたいと思います。

冷凍めんには、「 冷凍茹でめん 」(茹でた後すぐに冷凍しためん) 「 冷凍生めん 」(生めんをすぐに冷凍しためん) 「 冷凍調理めん 」(茹でためん、蒸しためんを味付けして調理した後、すぐに冷凍しためん) 「 冷凍セットめん 」(すぐに冷凍しためんにスープや具をセットしたもの) といったカテゴリーがあります。
普段何気なく取っている冷凍めんにこんなカテゴリがあったんですね。

1955年には、単に生めんを冷凍する方式で市場に出て来ていました。1955年と言えば、カリフォルニア州にディズニーランドが開園した年ですね。

現在の主流である「冷凍茹でめん」 の登場は、日清製粉株式会社が考案した「冷凍めん製造法」がきっかけとなったそうです。これは幅広く公開され、その結果著しい技術進歩がなされました。

1978年には株式会社キンレイが、冷凍鍋焼きうどんをコンビニ向けとして発売しました。1978年と言えば、日中平和友好条約が調印された年ですね。前回のブログで少し話した、日中共同声明と併せて覚えておきましょう。

この冷凍鍋焼きうどんは、アルミ箔の鍋の中にめんだけではなく具材も載せて、火にかけるだけという簡便さに加えコンビニの成長にも乗り、ロングセラー商品になりました。私もよくお世話になっています。

冷凍めんは生めんとくらべて150倍以上売れているというデータもあるそうです。

昔は冷凍食品というと“手抜き料理”と思われ、美味しくないというイメージもありました。

しかし、今の冷凍技術と言うのは相当進歩していて、解凍したらちょうどいい具合のところで急速冷凍できるそうです。

皆さんも当たり前のようにある身近な技術を調べてみると、意外な発見があるかもしれませんよ。

気になる事があれば、教室に来た時に教えてください。一緒に考えてみましょう!

次回も引き続き冷凍食品について書いていこうと思います。お楽しみに!

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

・参考、引用
第1回 冷凍めんの歴史を紐解く | 飲食店の経営環境を変える ~冷凍食品によるイノベーション Vol.1冷凍めん編 | 特集 | 外食産業の活性化を支援するサイト
https://gaisyoku.biz/article/feature/reitoumen/400/

新年度スタート!

個別指導塾の学習空間、札幌太平教室、札幌前田教室の今村です。

各学校入学式も終わりいよいよ新しい学年での学校生活がスタートしましたね。

今年度は、中学校では教科書改訂があり、タブレットの導入などなどいろいろな変化がありますね。

そんな学習環境の変化にしっかりと対応できるように、しっかりと予習をして準備をした状態で授業を受けられるように日々の学習のペースを保っていきましょう!

学習空間でも学習環境の変化にしっかりと対応していけるようカリキュラムを適応させ皆様の学習をサポートしていきます!

一緒に頑張りましょう!

札幌の塾なら個別指導の学習空間

スタート

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室の渡邉です(^o^)丿

桜咲く4月
入園したばかりのぼくたち、わたしたちの
面倒を見て下さった
お兄さん、お姉さん、
ご卒園おめでとうございます

まだ覚えています。
一つ上の年長さんに向けて
卒園式で呼びかけをしました。
代表として壇上に立つので
声がかれるまで練習しました。
そのおかげで
40過ぎたおじさんになるまで(笑)
記憶に残ってます。
卒園式は3月ですが、
「桜咲く4月…」
4月をみるとこれが浮かんできます。

関東では年々桜の開花が早まりました。
母校の中庭に大きな桜の木があります。
高校生の頃は
入学式の頃に満開だったような気が?!
最近は葉桜になってしまってました。
桜咲く3月
春休み中の合宿で
昼休みに写真を撮ってました。
旭川では
桜咲く5月
桜咲くGW
もう少しあとで楽しみます。

今年もまた
新たな1ページのスタートです!
今年の4月はどんなスタートでしょう。
まだまだコロナとのお付き合いがあります。
昨年の経験を生かしていきましょう。
3月には甲子園がありましたね。
プロ野球も始まっています。
それらがモデルとなり、
様々な行事を検討していくはずです。
感染予防対策を当たり前とし、
できることを見つけていきたいと思います。

また今年度は教科書改訂です。
QRコードもつきましたよ!
特に英語ではリスニングが増やせます。
学校にもタブレット導入、
教室でもタブレットや
個人のスマホ等を使って学習します。
学習環境も変化していきますね。
新しい時代のスタートです!

on the road 2021.4.8

旭川の塾なら個別指導の学習空間

昨年度はお疲れ様でした!そして新年度もよろしくお願いします!

お久しぶりになります!千歳北陽教室、千歳花園教室担当の奥田です!ブログ更新が遅くなり申し訳ありません!忘れていたわけではありませんよ…?笑

以前のブログから色々ありました!定期試験の勉強に、ヘルニアで足が使い物にならず入院からの手術、受験のための講習、そして受験…合格発表!そして新年度突入!

この半年で波乱万丈!人生こんなに荒波とは…!三十路手前の洗礼でしょうか?若さが欲しいです笑

11月頭にヘルニアで一週間5mすら歩けないことが続き、冗談抜きでもう人生で歩くことができないと覚悟しましたが、今年に入ってすぐに手術でなんとか今は歩けるようになりました。(人生で初めての救急車と手術!救急隊員3人でも重たかったそうです。隊員の方々、重たくてごめんなさい)

様々な方にご心配とご迷惑をおかけしました。この場を借りてお詫び申し上げます。

しかし、帰ってきて生徒からの声が嬉しかったです。前と全く同じようには動けなかったですが皆が待っていてくれたこと、本当に嬉しかったです。そしていない間でも頑張って戦っていてくれていたこと。本当にありがとう。皆の姿を見れて本当に戻れて良かったと。

そして定期試験、受験と皆頑張るべきところで頑張ってくれて昨年度を無事に終えることが出来て良かったです。

また、生徒の皆には本当に申し訳なかったです。皆人生がかかっている時に、ここぞという場面で力になれず、気を使わせてしまったこと、申し訳なさと悔しさばかりです。なぜこのタイミングなんだ、と。生徒を支える立場なのに本当に支えられてばかりでした。このようなことのないように健康には本当にしっかり休むべきところで休み、体調管理をしたいと思います。

そんなこんなで気が付いたら新年度です。本当に時間があっという間でこんなに時の流れが速かったらいつの間にかボケてしまいそうです笑

今年こそは色々なことを存分に楽しんでもらいたいですね!昨年はなんだかんだコロナで部活の大会やイベントの中止などがありましたので、卒業した生徒や今いる生徒、そしてこれから生徒になる子も含め、皆その分を取り返す勢いで今年こそは皆堂々と様々な経験をして思い出を作っていけたらと。

そんな一年になってくれれば何よりです。

http://a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido01/ 千歳の塾なら個別指導の学習空間

新しい季節ですね

今日は教室で生徒とこんな話をしました。

その生徒は、1年前の4月、高校に入学したばかりのころ、こんなことを言っていました。「ぼく、クラス代表に立候補するんです」と。

正直、そういう役をするタイプには見えず、どちらかというと表に出ないタイプの子でした。

「ぼく、中学の時は引っ込み思案でしたけど、ていうか今もそうですけど、でも何か自分を変えようと思って、立候補することにしたんです」

その心意気や良し!と思い、大いに応援しました。実際は、クラス代表に立候補する人がたくさんいたので、書記になったそうですが。

塾で指導していて、生徒の成績が上がることは当然うれしいですが、こういった人間的な成長を見られるのはまた格別な喜びを感じます。この子は今、一歩踏み出してみたんだなー、と。

そして今年も春が来て、またその子に話しました。

「去年みたいに、なんでもいいからなにか新しいこと始めてみたら?勉強以外でも、趣味でも、友達関係でも。今までやったことないこととか、話したことない人と話してみるとか」と。

4月になりました。新しい季節です。何か始めるにはいい季節です。 この生徒のように、今までと違うこと、やったことないこと、話したことない人、興味なかったもの、などに触れてみると良いかもしれません。

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

全てが正解

どうも

個別指導塾の学習空間、新琴似・北24条東教室の清水です

皆さん入試の合格発表がでましたね。

どうだったでしょうか?

当たり前ですが、必ず合格した人とそうでない人が出てきます。
そこで私は3つここでお伝えしたいことがあります。

まずは

合格した方へ
合格おめでとうございます。
番号があった時は本当に安心と嬉しさがあったと思います。
それは、日々の努力をした分だけ出てくると思います。
そして忘れないほしいのが、後悔です。
合格しても必ず思うのが「中1からもっとがんばっていればよかった」です。
これをしっかり忘れないで、高校は新1年生からしっかりがんばって良いスタートを切って下さい!

不合格の方へ
番号が無かった時の悔しさはありましたか?
あったならそれを絶対に忘れないでほしいです。
一番ダメなのはなくても平然としていることです。
2次募集をかけてくれている所に行くか
すでに私立に受かっているからそこに行くかはしっかり
家族と相談して決めて下さい。
ただ、もう一度言いますが、悔しさは絶対忘れないでください。

合格した方・不合格した方

入学試験の問題には
解答は常に1つしかなく
その一つにたどりつけなければ不合格
これは本当に厳しい門です。

でも人生は違います。

人生には正解はいくつもあります。
自分が努力して合格した高校に行くのも正解
受かった学校に行かないのも正解
また来年受けるのも
高校生活を友達と遊び尽くしても
高校生活を趣味に没頭するのも
高校生活を恋愛に没頭するのも

これら全てにおいて正解です。

なので

自分たちの人生に臆病にならないようにして下さい。
そして絶対今回の受験の結果で自分の可能性を否定しないように

受かった人も不合格だった人も

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

春の準備

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室の渡邉です(^o^)丿

雪解けもすっかり進み
また春がやってきました。
雪は雪で
私に感動を与えてくれますが、
春は春で
違った感動を与えてくれます。
雪の降りはじめには
雪の上を小走りして帰りました。
雪解けが進むと
アスファルトもしっかり踏みしめ
やはり小走りして帰ってしまいます(笑)
最近はスノトレから
スニーカーに履き替えました!

外の部活動の生徒も
雪割りで忙しい時期ですね。
テレビをつければ甲子園!!
早くグラウンドで野球がしたい、
そんなわくわく感があります。
中にはすでに
外野の芝で練習している
準備の早い学校もありますよ!
今週末も父母会で
雪割り作業に行って参ります。

新聞を見ると人事発表がありますね。
知っている名前を探してます!
そろそろ年齢的にも
教頭や主幹教諭辺りに
名前が出始めています。
職員室の引っ越しや片付け、
そんな忙しい時期でしょう。
5年前は転職の春でした。
あっという間ですね~。
コロナとのお付き合いの春、
やれることを楽しんでいきましょう!

また今年の春は
教科書の改訂もあります。
QRコードを読み取ってリスニング!
それが当たり前になります。
スマホばかり…と嘆きながらも
スマホで学習させる時代、
YouTubeの動画学習、
Google先生が辞書代わり、
子どもたちに託す時代ですね。
教室ではすでに
新中1に使わせています。
新しい春を見つけていきましょう!!

旭川東光教室では
本日3/26(金)から春期講習です。
こちらも楽しんでいきましょう!!

on the road 2021.3.26

旭川の塾なら個別指導の学習空間

その勉強って役に立つの?

札幌第一エリアのようぽんです。

ときおり「こんなもの勉強して何か役に立つのか」という質問を受けます。

初めて座標について学んだころ、原点がたくさんあることが不思議でした。

テキストにある原点と自分が計算用紙に書いた原点。

中学に進んでからは、黒板にも隣の席のクラスメートのノートにも原点がある。

その疑問はいずれ平行移動、座標変換の話へとつながり、そしていつしか哲学的な視点につながり…友人の人間関係に関する相談があったときにも役立ちました。

今目の前にあることがどんなことにつながるのか。

そのころから興味を持ち始めたように思います。

数学の話が暗号につながっていたり、ローマ軍の進軍経路を探る(歴史)のにレタスの知識が役立ったり、スーパーの人の動きを調査するのに電子回路の知識が使えたり思わぬところでつながります。

科目だってそうです。

これからは科目横断的な出題が増えてくるでしょう。

考古学的な話には地学や地理、そして文献を読むのに古文も役立ちます。

古文は古い文献を読み解いて防災にも役立つそうですね。

どうつながるのか、それはわかりませんが、とにかくいろんなことにつながり、役に立ちます。

そうじゃなくて、「(自分の人生において)やる意味があるのか」ですか?

iPhoneを使っている人も多いでしょう。

アップルのスティーブ・ジョブズはかつてカリグラフィー(日本でいうと書字、書道のようなもの)を学んでいたそうですが、それがその後「ウィンドウズと違ってフォントが美しいMac」の開発につながったといいます(私はWindowsユーザです)。

そのジョブズのスタンフォードでのスピーチに次のような一節があります。

“You can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backward. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. ”

「未来で役に立つことだけを見抜くことなどできない。できるのは、過去に学んできたことをいまに生かすことだけだ。だから、今学んでいることが将来何かにつながると信じるしかないんだ。」

今学んでいることが将来役に立つかどうかなんてわかりません。

でも、未来に必要になるかもしれないそれを学ぶタイミングはいましかありません。

そして、アンテナをはって、過去に自分が学んだことを生かせるような生き方をするしかありません。

「こんな勉強して何の役に立つのか」

もうおわかりでしょうが、この問い自体がナンセンスです。

その問い自体、それこそ「何の役に立つのか」考えてみましょう。

※ジョブズのスピーチの全文が読めます。

ぜひ一度読んでみましょう。

特に高校生。

https://news.stanford.edu/news/2005/june15/jobs-061505.html

札幌:<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

節目

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室の渡邉です(^o^)丿

「3月は去る」
なんてよく言ったものです。
色々なものが終わり
色々なものが始まる
それに応じて
心づもりをしておきたい、
そう感じさせる季節ですよね。

3月11日
10年の時の早さを感じさせます。
あの日は埼玉にいました。
東北は津波で甚大な被害を、
関東は停電等の
ライフラインのストップ、
東日本の広い範囲での
余震そして余震、
恐怖を感じる緊急地震速報。
あの時ほど、
今命を落としたら
幸せだったと思えるのか?
そんなことも考えてしまいました。
また「どうしよう」という迷いより
「こうしよう」という決断、
その勇気の大切さも知りました。
あれから10年という節目に
改めてその時に学んだことを
整理する必要があると思います。

2021年3月11日
元日本ハムファイターズ
中村勝投手
とLINE電話で話しました!
2009年ドラフト1位
2019年戦力外通告
2020年オーストラリアへ
同年9月
ブリスベン・バンディッツと契約
この中での活躍が実り
今度はメキシコリーグ
マリアッチスに移籍となりました。
オーストラリアから帰国
母校での練習中に
元同僚のLINE電話で
近況を報告してくれました。
まだまだ夢を追いかけるそうです。
155km/h位で投げたらNPBかな(笑)
なんて冗談も言ってましたけどね。
この帰国を節目とし
メキシコへ旅立っていきます。
彼を応援しつつも、
自分自身も奮い立たせていきます。

3月12日
長女の中学校卒業式
昨年の次男の卒業式には
コロナの影響で参列できず。
今年は大幅に縮小でしたが
開催できたことに少しの光を感じます。
今後も不安ですが、
少しずつ動き始める世の中で
できることとできないことを
しっかりと見極めていきたい、
そう考えさせられる行事でした。
卒業は別れとも感じますが、
出発とも捉えられます。
子どもたちにはこれを節目とし
新たな一歩を進めて欲しいと思います。

3月のそれぞれの節目に
色々なことや思いを整理し
新しい春を迎えていきましょう!

on the road 2021.3.14

旭川の塾なら個別指導の学習空間

☆学習空間札幌第1エリア☆

◇●個別指導塾の学習空間、札幌富丘・新琴似北教室の花岡です●◇

2015年3月16日に学習空間札幌第1エリアの第1号教室として、札幌富丘教室が誕生してから早いもので丸6年が経ちました。

札幌に社長と一緒に物件を探しに来て、札幌市内を丸2日かけてぐるぐる走り回ったことを今でも鮮明に覚えています。

そして学習空間の立地条件に合う空き店舗をいろいろと探し回った中で出会ったのが、札幌富丘教室のある手稲区富丘の物件でした。

当時はお団子屋さんだったのですが、2月末で退去するということで客を装い店内を調査(?)したついでに何かを買って食べた気がします。

「学習空間ができたせいでお団子屋さんがなくなったー。好きなお店だったのに。」なんて、のちに生徒から言われましたが、

「いやいや、もう退去するって決まってたからここに教室を作ったんだよ!」なーんて会話したこともありました。

それからもう6年。はやいものです。

ちなみに今日はあの東日本大震災からもちょうど節目の10年なんですよね。

改めて、過ぎ行く月日のはやさを感じます。

さて、その日の「出会い」から始まった学習空間札幌第1エリアですが、生徒やご家庭、地域に支えられてここまでやってこれました。

日々のご愛顧に改めて感謝申し上げます。

今では札幌市内に3つ、新千歳と旭川にもエリアが誕生し、北海道内に5エリアで14教室を展開させていただいています。

教室の数だけ勉強でお困りの生徒に関わることができます。

学習空間の指導理念である「生徒を育てる」ことができる生徒の数が増えてゆくのは、私たち講師陣にとっても大きな喜びです。

この春7年目を迎える札幌第1エリアとしても他のエリアに負けないよう、これからも頑張っていきます。

おかげさまで多くのお問い合わせをいただき、今すぐ体験にご案内できない教室もございますが、勉強でお困りの方や受験に向けた学習方法を身につけたい方、落ち着いた学習環境をお探しの方はお気軽にお問い合わせください。

この春もまた新たな生徒たちとの出会いを楽しみにしています。

On the road 2021.3.11

札幌の塾なら個別指導の学習空間