問題文を読むには

札幌 新琴似教室の佐々木です。

新しい指導要領、教科書の使用が近づくにつれて今後ますます

「問題文から必要な情報を読み取るスキル」

の重要性が高くなってきています。

問題文を読むためには問題文を「見る」必要があります。

私たちは問題文を読むとき、ほんとうにその問題文を「見る」ことができているのでしょうか。

 

般若心経の冒頭に「照見」とあります。

これは観音様が「まず照らして、そして見た」ということを表しています。

見る前に、照らす必要があるのです。

私たちも暗闇で何か見ようとしたら、まず明かりで照らす必要があります。

実は問題文も同じで、「照らす」ことができないと「見る」ことができず、当然読み取ることはできません。

照らすために必要なことにどのようなものがあるのか。

そのうちの一つが「語彙力」です。

金田一秀穂先生が雑誌に「語彙はデジカメの画素数に例えることができる。より画素数が多いカメラのほうがよりキレイにハッキリと写せるように、語彙が多いほうがより美しく、正確に世界を言葉でとらえられる」という主旨のことを述べられていました。

語彙力があるということは単に「単語知識が多い」ということを意味するわけではありません。

実際の体験や読書、他人との交流を通して具体的なイメージが伴い、有機的に結合した言葉がたくさん自分の中にあることを意味します。

これからはこういった語彙力が入試の前提となっていくでしょう。

新琴似教室ではこの「問題文を見る」ためのメニューを(主に小学生で)導入しています。機会がありましたら、体験授業にいらしてください。

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

高2の秋

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室の渡邉です(^o^)丿

先週の日曜日
長男の高校野球部が
札幌遠征でした。
といえば!
誰かに会いたい、
LINEで呼びかけました。
早速
山梨の校外行事で
一緒にふろに入った仲の
高校2年生男子が反応しました。

野球部の練習試合の合間は
急いで昼食を済ませて準備します。
しかし、
あまりない機会なので
息子には内緒で、
他の保護者の方々にも内緒で、
こっそりと
懐かしい手稲方面へ。
高2の4人が集まってくれました!
他にもLINEをくれた子もいます。
まだ覚えてくれていて
ありがとう!!

旭川に来るきっかけは
長男の小学校卒業です。
中学校野球部からは
旅行に行く暇はありません。
埼玉で過ごすのか
旭川に移住するのか
その後者の選択をしました。

あれからもう4年半、
長男も、
当時中学生になりたての子も、
すっかり大人の高2です。
世間話もしましたが、
気になるのはやはり受験。
高2の秋こそ、
意識の差が出やすい季節です。
ランチしながらですが、
そんな話になってしまいました(笑)

高2の秋といえば修学旅行。
コロナで時期がずれましたが、
修学旅行が最後の息抜き、
そんな意識を持たせていました。
自分たちが主役になる部活動と
自分が主役になっている受験を
コントロールし始めるこの秋。
修学旅行は楽しもう!
と言いつつ、
飛行機やバスの中で
英単語や文法を学ぶ生徒もいました。
意識の差が
結果の差になる、
楽しみながらも
自分の夢に向かって
一歩ずつ歩む高校2年生。
ランチをした4人も、
そんな日々を送っていくことでしょう。

グラウンドへ戻ると
試合は4回表(笑)
ちょっと楽しみ過ぎました。
保護者の方々には
気が付かれていました(笑)
「羨ましい!」
そう言われれば
確かに、そうですね!
日々楽しませてもらっています!

on the road 2020.10.24

旭川の塾なら個別指導の学習空間

初めまして!

個別指導塾の学習空間、札幌前田教室の三上です!初めまして!

私は今年の春に学習空間札幌エリアに入社しました。

札幌エリア初の女性なので最初はものすごく緊張していましたが、入社して半年、今ではエリアの先生方みんな優しくて毎日楽しいです!

今回は私の簡単な自己紹介をしようと思います!

私は北海道の日高町出身です。親が漁師をしていますが、魚介類は苦手でほとんど食べません(笑)たこ焼きのタコですら抜いて食べるので、友達からよく「宝の持ち腐れ」と言われます(笑)

そんな私でも、親の仕事を手伝って小さいころから昆布干しをしたり、バイト代が欲しくて夜中にお父さんが獲ってきた魚を網から外したりしたものです!

この話はまた今度詳しく話しますね(笑)

こんな田舎出身の私ですがこれからよろしくお願いいたします!

ここまで読んでいただきありがとうございました。ではまた会いましょう!

札幌の塾なら個別指導の学習空間

過去と未来

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室の渡邉です(^o^)丿

秋晴れの今日、
長男の高校野球部では
3年生引退試合&セレモニーを
開催することができました。
例年は納会と称して
ジンギスカンもしていました。
しかしこの世の中なので
今年度は飲食を自粛し、
「野球」で締めくくりました。

人数が少なかった3年生、
コロナの影響の大きかった3年生、
1分1秒も無駄にしたくない3年生、
色々な表現ができるでしょう。
そんな3年生を交えて、
たった1日限り、
今年の夏までのメンバーで
最高の秋晴れの中で
皆様に温かく見守られる中で
1球1球に集中し
最後の高校野球を楽しんでいました!

私もちゃっかり3塁審(笑)
監督と部長と私で
最後の試合をジャッジしました。
もちろん
自分でプレーするのが一番ですが、
親となり
コーチとなり
野球を審判の目で楽しんできました。
今日も最高の試合でした!

セレモニーでは私も挨拶を。
過去を掘り返し過ぎても
なかなか未来には進んでいけません。
「過去は変えられない 未来は変えられる」
これから3年生は
完全に野球から離れ
受験生として戦っていきます。
その背中をそっと押してあげたい、
そんな気持ちがあり、
その言葉を語らせてもらいました。
この言葉から少しでもヒントを得て、
それぞれの未来に向かって欲しい!
そう願っています。

on the road 2020.10.11

旭川の塾なら個別指導の学習空間

寒くなってきました

学習空間、札幌太平教室・北24条東教室の本間です

もう秋になってきまして
北海道の秋というのは短いもので

すぐに雪が降って、
「あぁ、冬になっちまったな」となりますね
自分の地元が滝川という街で育ったので

寒くなるとジンギスカンが食べたくなります
松尾ジンギスカンの本店があるタレ付きのジンギスカン
発祥の地と言われているらしいです。

タレ付きジンギスカンを食べる時は騙されたと思って
餅を入れて食べてみてください
世界が変わります。

うどん派だった人が大体モチ派に変わります。おススメです

ちなみに自分はうどんとモチ両方派です

秋ももう少しですが、おいしいもの食べて冬に備えましょう

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

みずから関わること

学習空間プラス、札幌エリアの佐々木です。

この時期、受験が近づいてきたことを感じたり、先輩方の様子の変化を目の当たりにして、

「どうやったら点数取れるようになりますか」

「何をやったらいいですか」

というような質問を受けることがあります。

もう試験そのものが近いという状況ならしょうがないのですが、

受験学年以外の皆さんは受け身の姿勢にならないでください。

必ず「みずから自分の勉強の仕方を作っていく/改善していく」ようにしてください。

学校祭の出し物を決める話し合いで自分だけ蚊帳の外に置かれたら、その準備にやる気が出るでしょうか。

自分も意見を出して、楽しいからこそ多少問題が発生してもなんとか乗り越えようとするし、より良くしようとするのではないでしょうか。

勉強の仕方も同じです。

一人ひとり、最適な学習法は異なります。

それは必ずしも「最も無駄のない(効率の良い)勉強法」とは限りません。

お仕着せではなく、自分にあった、自分が納得できる学習法を模索してください。

学習空間にも学習空間プラスにも、そのヒントがたくさんあります。

どの先生も多様な学習法を識っています。

型にはめても長い目で見るとうまくいかないことも経験しています。

まずは学習の最初の一歩である「定義(用語)、原理の暗記」ものの学習から、自分のスタイルを創っていきましょう。

きっとあなたにとって大きな財産になることでしょう。

学プラ:<a href=”http://plus.gakushu-kukan.com/”>家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス</a>

たくさん旅をしてほしいです

札幌の個別指導塾の学習空間、北41条東教室・あいの里教室の尾造です!

私は過去にこのブログで書いた内容をすべて保存して持っているので、先日たまたま読み返していました。すると、中国で生活していたころの内容を書いていましたね。中国に留学中に受けたおっかない健康診断の話でした。「またいつか当時の話をブログにかきます」と言っていたので、また中国生活を思い出してみようと思います。

大学生時代に、1年間中国に語学留学していました。中国の遼寧省というところです。どこ?ってかんじですよね。大連や瀋陽といったまちがある、中国の東北地方です。

留学中、旅行をたくさんしました。すべて1人旅です。当時私は1人旅にはまっていました。「水曜どうでしょう」のファンでしたし、「関口知宏の中国鉄道大紀行」という、NHKでやっていた中国を列車で旅する番組のファンでもあったからです。

中国の国土面積は、日本の23倍あります。「旅行」といっても、その移動距離の長さは日本とはスケールが違います。移動は高速バスか、列車です。大連、瀋陽、ハルビン、北京、天津、西安、青島、などに行きました。

この中で一番近かったのが大連で、高速バスで3時間。

一番遠かったのが、たしかハルビンで、高速バスで17時間?くらいでした。

※西安は、北京から列車で一晩かかりました。それは1人旅でなく何かのツアーでした。

ハルビンに行った時の高速バスは寝台だったので、お菓子と飲み物と、そして数冊のマンガを持ってずっと寝ながら過ごしました。若さがないと出来ませんね。今出来るかといったら自信ないです。中国の方々にとっては、これくらいの距離の移動はごく普通だそうです。毎年里帰りなどしてますし。

ハルビンの「氷まつり」、西安の「兵馬俑」(歴史の資料集にのってるやつですね)、北京の天安門広場、などなど、見たことのないものだらけ、未知との遭遇の連続でした。

中学2年生の国語の教科書に「アイスプラネット」という作品がのっています。その中にあったセリフ、「若いうちに勉強をたくさんして、いっぱい本を読んで、いっぱいの『不思議アタマ』になって世界に出かけていくとおもしろいぞ。それを自分の目で確かめてほしいんだ」というセリフが好きです。

子ども達に広い世界を見て欲しいと望むのは大人達の共通の願いかもしれません。日本国内でも、なんなら北海道内でもかまわないので、たくさん旅をしてほしいです。そういう経験って、人生を豊かにすると思うのですよ。

なんだかとりとめのない話になりましたね!では、また!

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

ハンドパワーというやつかな

個別指導塾の学習空間、北海道新千歳エリア、恵庭教室、千歳北陽教室を担当している沖村です。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?10月になりましたね。まだ夏日が続くのか?!と比較的暑い日もありましたが、アッと言う間に風が冷たく感じられるようになりました。

お昼は、まだ暑さもあったり、日が強かったりしますが、すぐに夕方モードで冷たくなりますね。 今回は、文章の編集がうまくいっておらず、読み辛いかもしれません。

ごめんなさい。さて、

9月の最後は、体育祭を観に行きました。またお話しますね。

ネタとして。 ブログのストックがありすぎて、いつ使うか困っています。

また挙げますね。

今回は、題名の通り、手についてです。

私は、学習空間の自分たちが使う教室の机を毎日欠かさず拭いています。

当然のことなのですが、どのような時でも必ず行っています。

同じ新千歳エリアの辻森先生、奥田先生ともこちらは共有をしております。

そして、拭き方は、必ず、机の角を取り、丸く拭かないことです。

端から端までくまなく、完璧に拭きます。(しかし、私は完璧主義者ではありません笑) 丸く拭いている人がいるならば(たまに飲食店でみかけます・・・何か意図があるのか・・・)

なぜ???しか思いません。気にならないのかー、と。

今回は、このようなお話ではないので、それはさておき。笑。

学習空間の教室の机を拭き始めて、すぐに変えたことがあります。

良く行うのですが、それは、利き手以外で拭くことです。

昔から様々な球技に挑戦をしてきた私としては、利き手、利き足以外の方を使うことは、 難しくもバランスをとる意味でも、筋力の偏りや脳の偏りをなくすためにも必須と 考えてきました。

そのため、ただ机を拭くにしても、利き手である右手ではなく、 すぐに左手でも拭いていこうと決めて、行ってきました。

当然、今までは確か、利き手で机を拭いてきた人生でしたので、 利き手の方が上手にスムーズに拭けるわけです。

しかし、しかしですよ、革命は起きたのです。

左手に交代をしてから、何千回と左手は修行をしてきました。 来る日も来る日も。 最初の頃は、ぎこちなかったです。不自然でした。 上手に拭けませんでした。やはり、利き手ではない為、不器用か!と。 利き手である右手に何度も言われてきたようにも感じていました。笑。

それが、ある日、たまには利き手の右手で拭いてみよう。

あれ?あれれ?どうでしょう。 利き手である右手が、ぎこちないではありませんか。 比較的、上手に拭きますが、百戦錬磨の左手様には勝てません。

そうです。これが、修行の成果なのです。

『習慣の恐ろしさ、習慣のすばらしさ』なのです。 日々のトレーニングの成果です。

トレーニングしたつもりはないですが。笑。 気持ちが悪かったです。

いつの間にか、左手は、利き手である右手を超えていました。

左手で拭きに拭いてきた歴史。良く考えたら、何千回と拭いてきていました。

改めて、塵も積もれば山となる、 練習量、そうです、演習量のすごみを感じました。

そして、このような小さなことですが、感動をしてしまいました。

す、すげえええええ・・・

はい、お決まりの勉強につなげますよー。

そうです。習慣化と演習量なのですよ。 勉強も同じです。見えない力が働きます。

しかし、これまた、勉強と同じなのですが、

私の左手は、机を拭くときに『集中』をしていました。

そして、意識をして、1つ1つ拭いてきました。

拭きながら、何を考えるか?それは、その日に座った生徒さんのことです。

机をしっかりとじっくりと、しかし、早くささっと拭きながら、その生徒さんのことを 考えながら拭きます。

そうです。これがまた、左手が上手になった要因です。

意識です。意識をしながら集中して練習を行うことは、かなりの効果があるということです。

筋肉トレーニングや音楽の練習にも似ていると思います。

たかだか、机を拭くこと。 しかし、とても奥が深いと思う初秋です。

今日もまた、私は、教室の机を拭いています。

北海道恵庭千歳の塾なら個別指導の学習空間

キムチと納豆のはなし

個別指導塾の学習空間 札幌富丘教室 北41条東教室の石原です!

前回は簡単にできるみかんゼリーについてお話させていただきました。

今回はキムチと納豆の意外な親和性についてお話していきます。

キムチと言えば、ピリ辛が癖になる韓国の漬物ですね。

そして、納豆は健康に良いことは知っているけれど、においや食感で苦手な人も多い発酵食品ですね。

この2つが合わさると、どうなるのか。気になりますよね!

まずはキムチの栄養についてお話します。

キムチは辛み成分「カプサイシン」が含まれています。カプサイシンを摂取することで体内にアドレナリンが分泌され、脂肪分解を促します。

これによって、脂肪がエネルギーとして使われるため、脂肪を減らすことに役立ちます。

次に「乳酸菌」です。含まれている量はヨーグルトにも劣らないほどです。

乳酸菌は体に良い影響をもたらす善玉菌の増殖を助けて、腐敗物質を生み出す悪玉菌の減少に役立ちます。

最後にビタミンです。キムチは加熱せず作られるので野菜の栄養素を壊さずにそのまま食べることができます。

キムチにすることでビタミンなどの栄養素は何倍にも膨れ上がると言われています。

次に、納豆の栄養素についてお話します。

納豆特有の酵素のひとつ「ナットウキナーゼ」があります。納豆が作られる過程において、納豆菌から作り出されるものです。

血液の流れをスムーズにすることから、動脈硬化や血栓、脳梗塞や心筋梗塞の予防に効果があると言われています。血液の流れがよくなる事で、脳細胞自体の働きを活発にしてくれます。

納豆にはビタミンB2が豊富に含まれており、摂取した炭水化物やたんぱく質、脂質を分解し、エネルギーに変換するためのサポート役を担っています。

なかでも脂質の代謝に深く関わっており、ビタミンB2によって速やかにエネルギー変換をおこなうことで、炭水化物や脂質を脂肪として溜め込む前に使うことができます。

納豆は食物繊維も含まれています。水溶性と不溶性の食物繊維が、バランスよく含まれています。

それぞれにうれしい効果が期待できる「納豆」と「キムチ」。そんな2つを組み合わせると、乳酸菌と納豆菌を一緒に摂ることができます。

これによって、納豆菌が乳酸菌の増殖を助けることが明らかとなっており、それぞれのいいところをさらに強化することが期待できます。

私も試してみましたが、納豆の独特の風味もキムチで多少緩和されて、食べやすくなりました。今となっては、朝食のお供には欠かせなくなりました。

食事と休養をしっかり摂って、試験当日のその日まで私たちと一緒に頑張っていきましょう!

※食べ過ぎには気を付けましょうね。

次回は電子レンジの歴史についてお話しようと思います。お楽しみに!

引用・参考
「納豆キムチ」でダイエット!気になる効果とおすすめレシピ10選 – macaroni
https://macaro-ni.jp/11519

「納豆キムチ」の健康パワーとは? この組み合わせがおすすめな理由 – 【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピ
https://erecipe.woman.excite.co.jp/article/Mylohas_201903_186760diet_natto_kimchi/

» イソフラボン|栄養素の説明|栄養療法~薬だけに頼らない根本治療をめざす、心と身体に優しい治療法。|オーソモレキュラー栄養医学研究所
https://www.orthomolecular.jp/nutrition/isoflavone/

大豆イソフラボン|多く含む食品
http://www.minamitohoku.or.jp/kenkokanri/200607/mame.htm

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/hokkaido/”>札幌の塾なら個別指導の学習空間</a>

復活!?

個別指導塾の学習空間、旭川東光教室の渡邉です(^o^)丿

先日のブログ「マイチェック」で
身体の異変を報告いたしました。
その後実に順調に回復してました。
ただし、
走るとなるとまだ怖さがあり、
このシルバーウィークでも
走ることに躊躇してました。
感覚的には無理そうだ…
としか思えませんでした。

最終日の夕方、
旭川はすっかり秋の気配、
その外の様子にお散歩に行きました。
教室も近所なので立ち寄り、
新しくできたお店にも立ち寄り、
なるべく走らないように
セーブしながらお散歩しました。
若干の腰と膝の痛みがあり、
走るのには程遠く感じました。
でも不思議と30分くらいで
それらの痛みも感じません!
もしや「復活!?」

そうなら試してみたくなります。
違和感を感じたら即やめる、
それだけ決めて走り始めました。
「あら!?復活!?」
久々に走っているので
心拍数は気になりましたが
身体の痛みを感じません。
徐々にペースを上げ、
でもやり過ぎに注意し
1km程度で終わらせました。
これぞ「復活!?」

家に戻るとお風呂までまだ時間が。
ダウンのつもりで外へ。
ステップしたり、
股関節の可動域を広げたり、
ジョグを繰り返したり、
楽しくなってきました!
「どこまでできるだろう?」
試してみたくなります。
ダッシュ!!
野球の塁間くらいです。
子どもの頃からの距離感です。
調子に乗りました(笑)
なぜか本数を決めてました(笑)
10本!
子どもの頃からの数感覚です。

現在、
久しぶりの筋肉痛(笑)
「復活」のようです!

on the road 2020.9.24

旭川の塾なら個別指導の学習空間